« やっとこさ | トップページ | 調理用のバナナのレシピ »

危険なガム

 犬というものは物をよく噛んで食べるということができない生き物のようです。 普段から特に好物はほとんど丸呑み。 味わって食べるほうが良いのにと思うのは、小さな親切大きなお世話なのでしょう。

 今日初めてラッキー君がガムを丸呑みして目に涙をためて苦しんでいるのを見ました。 あ大きな骨の形をしたガムで、とても硬くて食べるのには時間がかかるので、最近はあまりみません。よほど空腹だったのか、食べ残していた端っこの丸い部分を面倒だから呑んでしまった? 
 首の辺りを触ると丸い硬い物が詰まっているのが分かりましたが、指を突っ込んで吐かせるなんて技は犬にはできません。背中を叩いてやったり、お腹をさすってやったり・・・頭を少し上に上げさせて首を伸ばして強めに撫でてやったのが功を奏したようで、数分で固まりがなくなりました。 しばらく死にそうな苦しい息使いでしたが、そのうち落ち着いてくれてホッとしました。
 固いガムは危険なので、留守番をさせるときには決して与えられません。 時々様子を見てやらねば。 これからは骨型ガムの端っこの丸い部分を食べ残している時は捨ててやりましょう。
 Cocolog_oekaki_2015_11_08_23_25

|

« やっとこさ | トップページ | 調理用のバナナのレシピ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっとこさ | トップページ | 調理用のバナナのレシピ »