« 三日目はソーセージロールに | トップページ | ピロシキの皮の準備OK »

やっときなこもちを発見

 先月からあちこちで「きなこもち」を探していたのですが、どうしても見つからず、本当のきなこ餅(餅にきなこをまぶしたもの風)を買ったり、チョコレートなのに別の味をつけてあるものなどでお茶を濁しておきました。 フィリピンでは「きなこもち」が手に入らないので、ペンちゃんに隠して惜しみつつ食べていたのを見つかって残念がっていた息子のために、買い探していたという次第。 ブームが去ったのでどことも置いてないんだろうと、諦めかけていたところ、偶然近くのカナートで発見。 思わず3袋買ってしまいました。 

 「きなこもち」というのは、キャラメル型の準チョコレート。 まさに日本の味。 息子が気に入ったのも当然。 来月初めに本と一緒に送ってあげましょう。もうしばらくお待ちください。
 ペンちゃんはチョコレートはあまり好きじゃなかったはずなんですけどね。 好物はピスタチオだったのです。 妊娠中はなんとワサビ味のお菓子とかフリカケの要望を息子を通してしりました。もともとはワサビは苦手と聞きました。ん? フィリピンの人は何かをねだるのを厚かましいことだと考えて、直接あれこれと送って欲しいとは言いません。でも一緒に住んでいないのではっきり言ってもらわないと分かりません。それで息子から間接的に知らせてもらい、少しづつ送っています。一ヶ月に一度の定期便。
  南米のカラカスに住んでいた頃は、日本産の物は陶器くらいしか手に入らず、米も中国米を食べ、本当に不自由な食生活でした。 インスタントラーメンすら中国人の怪しげな店で、賞味期限を半年以上も過ぎたものを買って、ありがたがって食べたくらい。 一旦湯を注いで油臭さを取ってから、もう一度湯を注ぐという工夫をして。 30年以上前の話しですから、今ではすっかり状況は変わっている? フィリピンでは最近は日本食は結構何でも手に入るみたいです。 海外で日本製を買ったり食べたりすると、日本の5倍くらいの値段だったような覚えがあります。
 
 もうすぐ日本では条約を結んだ国からの輸入品の税金が安くなったり撤廃されたりするので、いろいろな物が安く買えるようになるみたいです。
 明日の朝は、手作りパンを作るなら玉ねぎとマヨネーズを巻いたロールパンにしたかったのですが・・・生協から食パンが届きました。

|

« 三日目はソーセージロールに | トップページ | ピロシキの皮の準備OK »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三日目はソーセージロールに | トップページ | ピロシキの皮の準備OK »