« お手伝い大好きな孫 | トップページ | 夏は大阪の水は »

嬉しい悲鳴

 まな板に乗り兼ねるほど大きくて、普通の包丁の刃が届かないくらいのスイカを冷蔵庫に入れるのはひと苦労でした。 もちろん丸のままなんて、全ての棚を取り外さないと入りません。 4つに切り分けても、一段取り外してやっと入る状態なので、パーシャルルームに何でもかんでも押し込んでおきました。 婿殿の実家は昔は蚕を飼っていたという農家ですから、大きな冷蔵庫が別にあるようなのですが、一般的な我が家には冷蔵庫は普通サイズが一つだけ。 二人用にしては大きいほうでしょうが、そんなに大きくなくても丸のままのスイカは入りません。

 子供の頃に、一度だけですが、兄弟三人に中サイズのスイカを一つづつ買ってくれたことがあって、ダイナミックに二つに切って、スプーンを使って豪快に食べたのが楽しい思い出です。 その数十年後、我が家の子供たちがクリスマスに徳島に遊びに行ったときには、ホールケーキを一人一個づつ買ってくれたと聞きました。 弟のところには女の子が3人いるので、父は孫たちのために、合計5個も買ってきたのでしょうか。豪快かつ面白い人でした。

|

« お手伝い大好きな孫 | トップページ | 夏は大阪の水は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お手伝い大好きな孫 | トップページ | 夏は大阪の水は »