« 手巻きのネタは何が良い? | トップページ | ミシンは限りなく進歩 »

浴衣のリフォーム?

 去年、浴衣のリフォームをしようと思いついたときには、すでに夏を過ぎていたので、季節物なので断念。 その後、機会あるごとに押入れから浴衣を探し出し、洗濯。 オフハウスで気に入った柄の浴衣も購入して洗濯し、準備万端。と思っていたら、ロックミシンを購入したのでいろいろと作ってみることになり、それはそれはえらいことに。

 浴衣は後で~、と思いつつブラウスやTシャツや普段着のワンピースのリフォームから始めて、その後はさらにニットのハギレでTシャツやブラウス作り。そうこうしているうちに、図書館で見つけたアロハシャツの作り方教本からアロハ作りへ。 6枚作ったところで、採点仕事が始まり、娘の里帰り・・・と続いています。 8月はやりたいことがいっぱいあって、嬉しい悲鳴。ちょこちょこ合間を見つけては、少しづつ遊びましょう。

 今、ロックミシンは巻きロックをしたばかりなので、針を一本抜いてあります。 合間を見つけて針を取り付けておかねば。 裾の始末だけでなく、襟とか袖も薄いニット生地なら三つ折にして始末しなくても、巻きロックをかけるだけで着られるので、ロックミシンはとても時間短縮になります。 ん、巻きロック仕様にしてあるということは、針だけではなく、糸のきつさ加減変更と布送り?押さえ?を開放してあるということなので、元に戻しておきましょう。 機能の表現方法がよく分かりませんけど。 
 
 夏期講習の採点は、枚数が少ないので、半分は英訳なのであっという間に終了。 そして残りは英語での自由作文。 、こんな表現はあるのか、あるいは認めて良いのかどうか、と悩みつつ「グーグルブックス」で確認しつつの採点。 ちょっと時間はかかりますが良い勉強になります。 公民館での会話指導同様、楽しみつつ勉強しつつの仕事で、本当に幸せなことです。 家人も好きな英語とスペイン語の翻訳なので、二人とも学生時代に学んだことを使って仕事が出来て、 よくを言えばきりがありませんが、通訳の仕事が欲しい~!

|

« 手巻きのネタは何が良い? | トップページ | ミシンは限りなく進歩 »

着物リフォーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手巻きのネタは何が良い? | トップページ | ミシンは限りなく進歩 »