« ちゃちゃっとティーシャツのサイズ直し | トップページ | ピンクのアロハシャツ »

ニットのTシャツに挑戦

 服飾関係の言葉に疎いので、なんと呼んでいいのか分からないのですが、ティーシャツみたいな襟無しの一番簡単なパターンで挑戦中。 昨日は綿のTシャツの寸法直し、そして本日は午後に家人のTシャツのリフォーム。 襟ぐりが馬鹿になってしまったので、取り外して別布を作りつけただけ。少し幅広にしておいたので、ちょっとお洒落。

 次に初の巻きカガリに挑戦してみました。 薄いニット生地の端布始末に適しているかがり方。 今回はニットのハギレを使っているのですが、レッスンのときに使ったニット生地より少しだけ厚めのような気がしていたら、やはり綺麗なヒダにはなりませんでした。 もっと薄地のニット(布帛でも)なら波打って綺麗にできます。透けているレベルの薄地?透ける素材のものは、豹柄のとチェックのがありますが、無地とかレースのは無い。 
 何はともあれ、普通の端カガリから巻きカガリにするには、針を一本抜き、糸調子を3本それぞれに変更し、何とか押さえというのを解除する、という3つのステップが必要なのです。 初めてなので、説明書の図を見ながら、こわごわ進めていきましたが、案外すんなりできました。 ちゃんと講習してもらったんですから当然。
 縫う段階では、巻きロックは思ったほど綺麗にできなかったのですが、後でアイロン仕上げでもう少し修正できるかも。楽しみ~。 襟と袖口と裾の巻きロックの後、肩を縫い合わせ、袖(一部分だけの袖)をつけたところで、真夜中12時過ぎとなりました。ご近所迷惑なので、作業はここで終了。
 そうそう、本日からキッズ英会話講座の教案作り開始! しっかり計画を立てて、子供たちに楽しんでもらって、さらに英語好きになってもらえるよう、頑張りましょう。 

|

« ちゃちゃっとティーシャツのサイズ直し | トップページ | ピンクのアロハシャツ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちゃちゃっとティーシャツのサイズ直し | トップページ | ピンクのアロハシャツ »