« ロックミシンは万能じゃない | トップページ | ニットのTシャツに挑戦 »

ちゃちゃっとティーシャツのサイズ直し

 今まで諦めていたTシャツのサイズ直しにロックミシンでトライしてみました。以前ニットソーイングのレッスンを受けていた時には、Tシャツのサイズ直しも簡単にできると言われえていたので、やっと重い腰をあげたのです。

 何事にも方法はいろいあるので、これが正解というのは無いのかもしれませんが、とりあえず用が足りればOK。 変更したのは、身幅と袖丈と全体の丈。 一番手軽に出来る方法で。 袖下から脇縫いを一気にロックシンをかけ、袖と裾端の始末は屏風タタミにしてロックミシンをかけたので、直線ミシンの出番は無し。 ただ、袖も見ごろも筒状になっているので、幅が狭い袖のほうは特に縫い難かった。
 
 直線ミシンなら筒状のものもたいして難しくはない、と感じるのは、英語学習に悩む中学生と同じかも。 三単現のSをつけらるのをつい忘れる! スペイン語を学習している生徒さんからすると、スペイン語の現在形だけでも語尾変化が6通りもあることと比較すれば、英語の動詞の語尾にたかがSをつけるだけじゃん、という感じ。
 今回サイズ直しをしたのは、フィリピンから買ってきてくれた特大のティーシャツ。 ステンシル素材としてお願いしておいたのですが、ちょうど良いサイズがなかなか手に入らなかったみたいで、面倒をかけてしまって申し訳ない。 二人とも通常よりかなり大きいのが必要なのです。
 
 それでも小さくすることは可能だと分かったので、今後は出来る限り大きいサイズのをお願いしておきますね。 それにしてもTシャツって、脇に縫い目がないのですねえ。 縫い物をしなかった時は何を見ていたのでしょう。
 いつものことなのですが、このブログを記入する際に、ポインターがあちこち飛んで、短い書き物でも時間がかかって煩わしいからと、ノート型PCの一部分(名前が分かりませんが)に紙を貼って反応しないようにしているのですが、今朝はどういうわけか前の状態になって入力がし難い。 苦労していたのですが、一旦閉じて(再起動ではなく)から再度入力画面にすると解決していました。 何かの縛りが出来ていたのでしょう。 つい数日前には、アイパッドの画面がヘンテコリンになって普通の画面に戻せなくなり四苦八苦。 再起動をかけると良いよ、との息子のアドバイスで、見事復帰。 手に負えないときには、しばらく放置する、という方法と再起動させる、という方法があることを覚えておきましょう。ンフフフ

|

« ロックミシンは万能じゃない | トップページ | ニットのTシャツに挑戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロックミシンは万能じゃない | トップページ | ニットのTシャツに挑戦 »