« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

ホテルに来たみたい?

 先月、ヒロ君に4枚のアロハシャツを作ってあげたので、保育園にはとっかえひっかえ着て行くようです。 すると先生が「ヒロ君のお洋服を見ていると、ホテルに来たみたい」と言ったとか。 その前には道行くご近所さんからしきりに声をかけられて、「ハワイのお土産?」とか「ハワイに行ってきたの?」。 ヒロ君はご満悦だったそうです。

 あちらの京都では派手なアロハシャツを普段着にしている子はいないのかな。赤だったり黄色だったり、だったりで、 結構派手な花柄ですから。 家人も気に入ってくれています。でもどなたからもハワイみやげですかとは聞いてくれなかったようです。
 ところで8月は一年で一番忙しい時期になりそうです。 以前は6月でした。 なんと夏期講習の採点がまだ数回あって、その後には全国模試の打ち合わせと採点。 もちろんキッズ英会話講座は4回残っていますし、平均すると週に二回の英会話とスペイン語会話の指導も継続中。 
 
 あれ? スーパー添削の返信をしたかな? うっかりしているかもしれません。 これからメールを確認してみましょう。トホホホ
 
 大丈夫。ちゃんと返信してありました。 削除しないかぎりメールが残っているのでありがたい。 予定より一日早く娘一家が里帰りしてくるので、お掃除しなくちゃね。ああ、忙しい忙しい。と気分だけ。別に何もしませんからご安心ください。 いろいろしようとすると、せっかく治ったぎっくり腰が再発しかねません。 散らかっててごめんね~。 明日の講座の準備のほうを優先しま~す。

| | コメント (0)

車恐怖症の犬 

 暑そうで可愛そうなので、早くトリミングに連れて行こうと思いつつ日が過ぎ、水曜日にやっと終了。 耳の下に毛玉が出来ているのがずっと気になっていたのですが、爪同様私の手には負えません。 

 耳あか取りが駄目なのは、ヒロ君も同じ。耳をふさぐほどにたまってしまったとかで、娘とジイジの二人がかりで押さえつけ、バアバにきれいにとってもらったら、私たちが見ればびっくりするくらいの特大のが出てきたそうです。 耳に触られるのが苦手で、あまりに泣き叫ぶので蕁麻疹が出てくるほどの大騒ぎだったとの報告。 可愛そうですが、仕方がありませんね。
 猫耳の家人には関係のない話。 耳あかは取りすぎると耳の中を傷つけるので、たまるほうがましだと耳鼻科では言っていました。 たまりすぎると勝手にごろりと出てくるらしい。
 それはそうと、ラッキー君は車恐怖症になってしまい、乗せてしばらくすると泣き叫ぶ。いえ、ジタバタしたり吠えたりで犬を虐待か誘拐している図に見えないかと気をつかいます。そういえば、初代のラウラも車は苦手で、乗り物酔いをしたみたいでよだれがダラダラ。 二代目のマリちゃんは小さかったので、ケージで運搬のため安定感があったみたい。 三代目のアーちゃんも車は苦手でしたが、ラッキー君ほどではなかった。16キロもあると子供並みなので抱っこしているのも大変だから、足元に座らせているので、外が見えないのも恐怖なのでしょうか? 
 車で連れて行くところは、医者とトリミングだけなので、どちらも嫌なことをされるので車恐怖症になったのかもしれません。 数ヶ月に一度程度ですから我慢しましょう。 もし直せるのならありがたいのですが。 おやつで釣る?

| | コメント (0)

アンチエイジングには手芸が一番

 ミシン遊びの素材にするために購入したオフハウスのブラウス数点をどう使おうかといろいろ考えて、結局一枚の袖から下の部分を身頃に活用し、袖を解いてつけなおししてジャストサイズに。いつもよりさらに下手なイラストになり、長めのブラウスから普通丈のTシャツ(ブラウス)へ。

Cocolog_oekaki_2015_07_29_00_22

お洒落に出来れば良いのですがそうは参りません。これが裏つきのブラウスだったため、切り取って裁断しなおした身頃の肩の縫い合わせ方が分からず四苦八苦。 表二枚裏布二枚の合計四枚を縫い合わせるのですから。 いろいろと悩んだ末、やっぱり出来上がりに縫い代を折ってみて、そうなればいいのだからとひっくり返して反対側から縫うありさま。
 
 あれこれ思い悩むよりやってみれば何とかなるものです。良い勉強になりました。工夫しながら進んでいくのが手芸の面白いところ。頭と手の良い刺激になります。アンチエイジングに最適。 
 ところで、息子が炊飯器や電子レンジを買ったとか。 来月の電気代を見たら、ペンちゃんが目を回しそう。 そういう我が家も、連日車載温度計の39度が続いて二台もクーラーを使っているので、電話代の請求書を見るのが怖い! でもガス代は安いですよ~。 ンフフフ

| | コメント (0)

スマホがシャットダウン

 連日体温以上の暑さが続いていて、外出するときにはラッキー君のために扇風機をかけておきます。 我が家は二人がよく外出するので、扉だけでなく窓までしっかり施錠しないと空巣に狙われそうなのです。 頼りない番犬とは言え、おかげでこの一年間は何事も無し。

 ところで昨日更新予約しておいたはずのページが消失。 何でしょうね?
 今日は、家人の携帯電話(スマホ)が突然ダウンし、全く反応無し。バッテリーが切れたのかと、充電しようとしてもできない。 ふと思い立ってPCで症状を検索すると、過熱すると自動的にシャットダウンするということを知りました。 なんでも調べられるのですね。 すごい!
 娘はそんなことはちゃんと知っていました。さすが現代っこ。
 ところで最近こっているのが、ピクルス作り。 生協の酢漬けの元を使うととても簡単に美味しい酢漬けができるので、きゅうり・大根・ミニトマトを漬けて楽しんでいます。二人ともあまりすっぱいおかづは好まないのですが、夏には食欲増進に、箸休めに良いですね。 ミニトマトは皮が固いので、湯むきしてから漬けると食べやすい。 へたを取って、熱湯に通してから水にさらすとむきやすい。普通サイズのトマトは、皮に×印の切り込みを入れてから湯むきするのですが、ミニトマトはへたを取っておくだけでむき易くなります。

| | コメント (0)

花火を買わなくちゃ

37度って本当でしょうか。 車載温度計なのでどこまで信頼できるかは不明です。 体温より高い。 我が家は夜型なので、平熱は36度もないくらいの二人です。朝9時半に出かけるときにすでに32度超え。 そして昼頃には37度となっていました。フィリピンの息子のところも同じくらいなのでしょうか。

 土曜日は、ヒロ君の幼稚園の預かり保育所のお祭りだとか。花火もあると楽しみにしていました。 大阪は良い天気だったので、京都もそうだと良いのですが。 そんな花火好きなヒロ君が来月大阪に来るまでに花火を買っておかなくちゃね。フィリピンの孫たちが来るのは、あちらの夏休みの6月なので、花火をするということを思いつきませんでした。 日本では、花火といえば夏のイメージ。 
 
 ところで昨日せっかくオフハウスで、手芸用材料にしようとブラウスやらカーディガンを買ってきたのですが、良いアイデアが浮かびません。 手持ちの薄手生地と組み合わせて、何か作れると良いのですが。 とりあえず裏をひっくりかえして、どんな風に縫ってあるのかを研究中。丁寧な仕事をしてあります。フィリピン土産のカーディガンは、これ以上は手を抜けないくらいの縫い方で、ちゃんと上手に仕上がっているのが不思議。熟練の技なのでしょうか。
 
  庭仕事は蚊に刺されるし、暑いしで当分できません。 5月にペンちゃんがきれい草引きを
してくれたのですが、今では裏の花壇はすっかり草に占拠されているみたいで、元気なのはハーブだけ。そうそう、隣の庭からのこぼれ種から成長して、とうとう花まで咲かせているのはメキシコ原産の「七変化」。ランタナでした。 もとのお隣さんのは枯れてしまった様子。

| | コメント (0)

楽しくスタート

 5回連続キッズ英会話スタート。 4年生中心のメンバーですが、5年生と6年生も。 一名のみ欠席。次回は来てくれると良いね。 海外旅行について尋ねてみると、タイへ行った子とオーストラリアに行った子が。 さすが現代っ子達。 私の子供時代には、海外旅行は夢のまた夢でした。

 ところで彼らの一番興味のある英単語は、動物でも食べ物でもなく、教科名。 好きな科目は体育というのが一番多い。 社会と国語もいます。 そうそう総合科目とか道徳もあがっていました。 古い中学教科書には道徳は載っていませんでした。 時代ですね。 
 残念ながら、会場にはマジックを用意してくれていなかったので、取りに一階まで降りる時間がもったいなかったので、紙に書いて回してなんとかしのぎましたが、次回はちゃんと用意してもらうことにします。 泉南市では、公民館が用意したマジック以外は使用できないので、今回の田尻町の公民館にも持参しませんでした。 こんなこともあるのですねえ。 余分にメモ用紙を持っていて助かりました。今年で三年目のキッズ英会話ですが、会場を小さい部屋に変更してもらったので、少し勝手が違いますが、人数が少ないときは小さいほうが運営しやすいのです。 
 
 英語の歌は時間が余ったので、二曲。 「ロンドン橋」と「こげよマイケル」。 一回につき一曲のつもりだったので、次は早口ことばにしようかな。
 そして一生懸命英会話を教えて戻ったら、ハヤシライスの予定が、土用の丑の日ということで、なんと国産うなぎが待っていました。 持つべきものは優しい旦那さま! 感謝。
 
 ご褒美に、翻訳の仕事が届きました。良かったねえ~。 二人とも仕事大好き人間ですから。 私のほうは、土曜日は大人の英会話があるのですが、月曜日に夏期講習の答案が届くまではミシンと遊べます。 昨日オフハウスで買った服を使って何か作れれば良いなあ。

| | コメント (0)

今さらながら型紙に挑戦

 何でも必要に迫られないとできないものですが、洋裁の基本の型紙作りに取り組まないとあかんかな?の時期。 着物のリフォームは、型紙など無しで適当に作っては、体に合わせて何度か調節して作って問題なかったのですが、ミシンでジャーっと縫ってしまうと解くのが大変だし、ニットだと縫い目の穴が残ってしまうし、ロックミシンだと切りながら縫うので、どんどんサイズが小さくなってしまう・・・そういうことなので、仕方なく型紙を作って、なるべく計画的に縫い直しがないようにしたいのです。 何度も解いたので、直線ミシンもロックミシンも解き方に少しだけ慣れてきたかも。まだまだイライラさせられますが。

 以前そのうち要るかなと思って購入しておいた「誌上・パターン塾」という本を使ってお勉強をし始めました。 でも後で分かったのですが、この本は上部だけの型紙でした。ボトムの型紙のお勉強は別の本で。 早とちりで、パンツの型紙まで期待してしまったのでした。
 今一番必要なことは、自分の基本パターンを作ること。 付録の実物大型紙から自分サイズをハトロン紙に写し取れば良いだけ。本当は体のサイズをいろいろ測らなくちゃ。
 ところで私の読書パターンは、どんな本でも序章を読んだら、すぐに索引のページを見、それから読みたいページを開く。 説明書も、購入した時には読まず、知りたいことができた時に、その部分だけを読む。 型紙作りも必要と感じた袖のページからお勉強開始! それからやっと全体の基本パターンを写し始めようとしているところです。まだ実物大型紙を本から切り離していない。
 そういえば、通信教育で仏教大学に入学した時も、英語講師になるために単位不足を補うために、英語作文の単位のみ聴講を一年。 その後、講師に就職しててから、面白そうなので3回生から編入学。 いざ科目を選ぼうと案内書を探しても、自分の興味のある西アジアの歴史に関するものがまったく無い。 アジア史学科に入学したのですが、それは中国史を意味していたとは知りませんでした。
 20年以上前の話ですが、京大学派ではアジア史とは中国史を意味するらしく、西アジア史を学びたければ東大学派の大学へ行くべきだったのでした。ちなみに関西は全て京大学派でしたが、今でもそんなんでしょうか。思い込みの強い性格なので、アジア史というからにはアラビア半島やインドや東南アジア、そして中国や朝鮮半島も含めてのことかと・・・そのせいで、超苦手な仏教史、さらにニイハオしかしらないのに、中国の有名人の誰だかの中国語の日記を学習する羽目に。 丸暗記しかなく、よくぞ単位が取れたことです。 歴史は好きだったのですが、卒論の担当教授が西アジア史に関しては専門外の方になり、当然のことながら意欲がわかず卒論を書くことをギブアップ。

| | コメント (0)

三歳児からのクイズ

 先ほど30分くらいかけて、ブログを更新していたら勝手にPCがオフになり、次に自動的に再起動した。どうしたんでしょう。キーボード上のどのキーを押したらそんなことになるのでしょう? PC音痴には分かりません。

 ヒロ君の話を書いていたところでした。腹風邪はすっかり回復し、毎晩の電話で元気にクイズを出してくれていました。 もっともママさんに対してですが。グランパが答えても、ママじゃないと駄目~。 だんだんと憎まれぐちを・・可愛いのは3歳までらしいですから、これからはお釣りです。 でもまだまだ可愛いときのほうが多いですよ~。
 クイズ番組が好きだとかで、今夜のクイズは 「ど」は何だ? 答えは「泥」 ???
 それは問題ではなく、ヒントなんじゃないの。
 またPCがへんてこになりました。今度はブログに関してだけですが。書いている途中で勝手に更新されてしまったという次第。 勝手といってもおそらくどこかのキーに知らず知らずのうちに触っているのでしょうね。もうこれ以上のPC作業は止めておきます。また明日!

| | コメント (0)

今週のコストコのお買い得品は?

Dcim1853  私の挑戦ではなく、ヒロ君の初めての餃子包み。 ちょっと形は独創的になったとか。 そして着ているのは、パフ袖のパジャマ。 家人いわく、「男女兼用でございます」。 TVの見すぎですぞ。

 ところで、せっかく治りかかっていたぎっくり腰なのですが、日々新たに腰痛の種をこしらえているらしく、悪化の一路。 本日はコストコへ行ってきたので、店舗内をウロウロするだけで一時間くらいは歩いたでしょうか。横になっているだけでも痛~い。右に向いて寝たり、左に向いたり、真上も痛いし・・・
 
 それはさておき、今回のお買い得品は、生ブルーベリー。いつもは510g入りなのに、今回は680gに増量して、お値段は800円未満。 国内産の生なら三倍くらいしますねえ。 粒の大きいのを味見をさせてもらったら、甘みと酸味があって美味しかった~。 でも冷凍ブルーベリーもついてに買ったのですが、行くたびに値上げになっています。 生はすぐに食べてしまうので、毎朝食べるには冷凍も必要なのです。
 
 さらにしばらくぶりにコーン入りのテーブルパンが買えました。 尼崎では売っていたのですが、和泉市のコストコでは初めてかも。 初といえば、コストコ案内本で知った、サンフランシスコだかロサンゼルスだかの名物という、塩味のプレッチェルを購入。 以前から気にかかっていたのですが、超特大サイズの四角い透明の容器に入っているので、分量に圧倒されて買えなかったのですが、今週はおすそ分けしようと思います。
 
 どうやら暇になるとコストコまでドライブしたくなるらしい。さらにいろいろある試食がお目当てかも。 本日の成果やいかに?以前は尼崎まで高速道路を使って出かけていたので、近場にコストコが出来て良かった! 

| | コメント (0)

花をかかえて緊張

Dcim1848 花嫁の介添え人のように緊張するヒロ君。 パパさんが結婚式から頂いて帰った花を手に。

 かなり長い間、腹風邪で下痢に悩まされていたかわいそうなヒロ君でしたが、やっと昨日回復したとのメールが届き、一安心。良かった~。 ママさんにうつらなくてこれまた良かった~。
 私のほうは、しばらくぶりにぎっくり腰が出てしまい、一旦横になると起き上がるのが痛い。 もちろん横になっても、どちらにどの角度で足腰を置いたら痛まないかと四苦八苦。 でも以前と違って、3日目にしてかなり回復。 もう少し辛抱すれば回復するでしょう。 
 世間さまでは三連休ということなので、毎日が日曜日の我が家でも豪華な外食を、と思ったのですが、近場のおうどんやさんへ。 回る寿司も他のレストランもかなり混雑している様子だったのですが、やはりおうどんやさんでも待ち時間あり。 最近気づいたのですが、味が濃くなっている。 二人の共通意見です。 関東風か和歌山風になったかも。 でも美味しかった~。

| | コメント (0)

苦手な家事は

Nec_0640Nec_0641 昨日作り変えたものと新に作ったものと、二つのアニマル柄のティーシャツをアップしておきます。と、操作を間違って写真が変なところへ。 時間がないのでそのままに。それにしても写真というのは難しい。 可愛いアニマル柄が・・・

 昼食後すぐに公民館へ出かけるのですが、夜中に雨が降って早朝テニスが流れたそうで、お天気は大丈夫かな? 引越しをして以来、送り迎えを車でしてくれているので、特にこんなヘンテコリンな天候のときは大助かり。 昨日は大阪は、台風は去ったというのに、列車が運休したりして大変なことになっていたようですが、どこへも出かけることなく過ごしていたので、ニュースのみ。

 

 それにしてもさまざまな素材を溜めて込んでいると、ちょっと思いつくと活用できて嬉しい。 これがお庭とか家事に活用できればもっと良い主婦になれるのでしょうねえ。ぐうたら主婦ですから、役に立つことはあまり・・・ある英語の問題に、こんなのがありました。 庭に何を植えているかでその家の主人の考え方が分かる、という内容。 花木だけを植えている人と野菜や果実を植えている人とでは、経済的な状態や価値観(つまり文化的レベル)が分かるという。 でも花木と野菜・果実を両方植えている人もいるでしょう。 戦後の食糧難時代の日本では、庭に土があれば野菜を植える人のほうが多かったでしょうね。

 家事の中でも特に苦手なのが布団干し。重い布団を干すことが家事労働の象徴のように感じられるのかも。特にマンションのベランダ柵に布団がずらりと並んでいるのを見るのが辛い。 なんだかなあ、なのです。布団を使う習慣がない外国では洗濯物。 イタリア映画の下町風景では、窓から洗濯物がズラリと干してあり、隣のビルまでつながっていたり。 カラカスでは、隣のビルが無いので、ただ金属棒がニュ~っと伸びて、洗濯物の花が咲く。 

 太陽を浴びて気持ちよく乾いた布団や洗濯物は良いのですが・・・

| | コメント (0)

やっぱり機械音痴

 しばらくロックミシンと仲良く過ごしていたので、すっかり機械音痴は卒業かも、と自惚れかかっていたのですが、とんでもないと判明。 アニマル柄のTシャツを縫おうと、糸替えをし始めると、またもや大トラブルに。 下糸の一つがすぐに切れてしまうので、同じ糸通し作業を延々と・・・で、やっと動き出して気づいたのが、ちゃんと4本の糸が絡まってうまく始動し始めたのに、押さえ金から先に移動しないので、絡まって糸が切れているのだと。 それで押さえ金をあげて縫ってみるとちゃんと縫えました。 昨日に引き続き糸替え騒動に30分から一時間くらい損。 一旦うまく縫えるようになると、同じ糸で縫い続ける限りは安泰。 かくて、本日の糸遊びは、黒限定。 

 前に縫っておいたアニマル柄のTシャツは、着てしまうとランニング型なので涼しくて良い具合なのですが、着脱に難あり。 裾が狭かった? それで今度は、裾にスリットを入れてみました。 ハギレのアニマル柄なのですで、袖無しなら二枚作ってまだ余っています。もっとももう前後身頃までは取れません。 後ろと前を別布で作るなら活用できます。 ヒロ君には、襟・袖・ポケットを別布で作りました。
 機械音痴は当分治りそうにありません。 うまく動いてくれているのは、ほんの一時なのでしょう。それでも良いですよ~。
 キッズ英会話講座は来週から。 ちゃんとテキストは出来ています。 楽しみ~。

| | コメント (0)

ワンピースをスカートにリフォーム

Nec_0639 台風のせいだけではないのですが、外に出られないのでミシンと遊んで過ごすことにしました。 フィリピンからお土産に頂いたワンピースをリフォーム。 中にはもう10年くらいは使っているものもあるはず。 今年頂いたばかりおものも、色柄はとても好きなのですが、どうも体にしっくり馴染まないというのもあります。 でも頂いたものを処分する気にはなりません。 今までにもワンピースをスカートにリフォームしたことはあるのですが、手縫いだったせいでとにかく時間がかかったものでした。ミシンだと半日で3枚。 文明の利器、バンザ~イ。

 ふと思い立って、一枚だけ細いリボンみたいなレースを縫いつけてみました。両脇に一本づつにしようかとも思ったのですが、二本を並べてみました。 色は地味目ですが、柄が南洋風でとおても気に入っています。 今年は、長年箪笥の肥やしにしていたワンピースの寸法直しもできたし、ルンルンです。

 とはいえ、三枚とも色が全く違うので、ロックミシンの糸替えにはまたもや手間どり、縫っている間は短時間なのに・・・たぶん、糸替えをした最初の一針が強すぎて糸が切れてしまうのでしょう。 どうも足ふみスイッチ[ステップ)の踏みこみが強すぎるのでしょうが、軽く踏むのは難しい。 縫っている途中でそっと踏むことはできるのですが。そういえば、運転免許を取るための最初の練習で、アクセルの踏み込みが強すぎてびっくりしたことを覚えています。 ドライビングは不向きだと思うので免許更新はしていません。
 それにしても、台風は日本海に抜けたというのに、雨風がどんどん強くなっています。 明日の昼ごろまで雨は残るそうです。 どこにも被害がでないことを願っています。
Nec_0638

| | コメント (0)

機械音痴卒業か?

 近畿には土曜日の早朝に台風が最接近するという情報です。すでに四国では台風の影響が出ている様子。心配です。 昨日からすでに台風情報があったので、ヒロ君への小荷物が濡れぬようにビニールの袋に詰めて送りましたが、大丈夫かな。 ちゃんとした箱が無かったので、カルディーの手提げ袋(布製)に入れてから紙袋にも入れてコンビに持参したら、店員さんが雨にぬれることを心配してくれて、ビニール袋を出してくれました。 親切な店員さんに感謝。

 ヒロ君のアロハを完成させたので、ミシン作業はひとやすみ。 ところで縫い物中にロックミシンから変な金属音が聞こえて、なんだか変だと思っていたのですが、原因は針だと判明。  どうやら一本の針を取り外して巻きロックをかけた後、その針を戻した時に隣の針が緩んでしまったらしい。 そのせいでカキンという音がしていたのでしょう。知らぬうちに針先が折れてしまったので取り替えたら、少しして今度は見ているときにパキンと折れてしまいました。ちゃんと奥まで針が収まっていなかったのかな。
 説明書を見てみると、二本の針は同じ高さではなく、右側の針のほうが若干長くなっている様子なので、できる限り奥に差し込んでからネジ留めしておきました。 今度は大丈夫みたいです。 ところで直線ミシンとロックミシンは同じ針で良いのかな。 来月、ミシン屋さんが来たら尋ねてみましょう。
 
 それにしても、去年ミシンを購入するまでは、ミシンなど縁が無いものと手縫い一筋だったのが嘘みたい。 でも直線ミシンだけのときは、不調になると自力で解決することができなかったのですが、ロックミシンも使うようになると、結構糸かけが難しかったり、針の交換をしたり、布埃を常に取ったりと、ミシンの手入れをすることが多くなり愛着が涌き、分からないことは当然ながら説明書を読む。 機械音痴には大した変化です。
 まだ自力でしていないのは、油をたらしてやることだけ。私にとっては、これちょっとした勇気がいるのですよ~。 直線ミシンにもしたことがない。 PCのアルファベットキー以外に触ると壊れるのではないかと不安になるのと同様に。これを読んだ息子には大笑いされることでしょう。 ンフフフ

| | コメント (0)

腹風邪にご注意

Nec_0635 よそではもうすでにセミの声を聞かれた方もいるようですが、我が家では初めて。 まだ鶯の鳴き声のほうがよく聞こえるのです。 別に春にだけ鳴くわけではないでしょうからね。それにしても、まだ梅雨明けしていないというのに、赤とんぼを見かけるし、セミは鳴き始めるしで、梅雨明け間近?

 写真のアロハシャツは、ヒロ君の三着目。 洗い替えを送る約束をしたのでNec_0637 頑張って作りました。 ついでにもう一着。右の写真ですが、家人には不評。 左のほうが可愛いそうです。確かにそれはそうですねえ。 でも最近TVなどでは、袖とか襟とかが別柄になっているのをよく見かけます。 それでちょっと変えてみましたが、これが同じ布で柄違いなら問題無しなのでしょうが、布の厚さとか固さとかが違うので縫い難かった。
 今回は、採点明けで疲れているにも関わらず、エイヤッと二枚同時に裁断し、二日間で二着仕上げたので、失敗だらけ。 手順を間違えたり、襟と袖つけに問題あり。 ヒロ君が着難かったらごめんなさいね。 結局、自分だけ作るのを楽しんでしまった感じです。 まだ大人用一枚分の布が残っているのですが、そのうちに。 自分のアロハは一枚だけなのですが、家人には二枚、ヒロ君には4枚。 おかげでパンドラのポイントカードのスタンプはほとんどいっぱい。 
 
 暑い間は着物リフォームは横においておいて、夏服で遊びましょう。 箪笥の肥やしになっている夏服のリフォームをするのは結構楽しい作業です。 パンドラに買い物に寄るたびに、可愛いニット生地のハギレを物色。 少しづつ買いだめしておき、涼しくなったら何か作りましょう。
 
 宅急便でアロハシャツを送ったので、明日の夜には届く予定。 さて着てもらえるのでしょうか。ちょっと心配。 今幼稚園では風邪が流行っているらしく、ヒロ君は腹風邪のようです。38度6分も熱があるのに、結構元気な声で電話で話してくれましたし、昼間には母屋に一人で遊びに行き、あまりの熱の高さにバアバがびっくりして送り帰えしてきたとか。 寝てなくちゃ治りませんよ~。子供は倒れるまでは元気に遊ぶものですから、かえって心配です。 早く下痢を治して、送ったお菓子が食べられますように。

| | コメント (0)

夢の話

 めったにないことなのですが、夢でうなされて起こされた。いつもは逆の立場なのですが。すごく長い夢をかいつまんで言うと、息子一家が居る、ある夜のことらしい。孫の様子を見に行くように頼まれて、暗い廊下(実際の我が家ではない様子)を歩いていると、不審な動きに気づき、カーテンの後ろに隠れている者・動物?に手を出すと、なんと口の中に指が入り、歯で噛まれぬようにと、ぐいぐいと上に持ち上げつつ、「どろぼう! 誰か来て~」と叫んでいたら、家人に起された。 起された瞬間、右手を見ると、親指で人指し指をグーッと押していました。それで変な夢になった?

 寝る前に長時間息子とスカイプで話していたせいかも、と言われました。 めったに家族の出てくる夢は見ないのです。 そういえば、夢の中で泥棒を捕まえるのは、これが二度目。 一昔前、長いこと家人がうなされるのは、泥棒が侵入してくる夢のせいだと聞いていたので、ある夜、私の夢の中で泥棒を捕まえて、馬乗りになり、してやったりとの笑い声で目が覚めました。 それとは関係ないはずですが、最近、時々寝言で笑っているらしい。記憶無し。
 日曜日に届いた答案の採点は、一日半で終了。次は27日に届きますが、それまでにキッズ英会話講座が始まります。 夏はここ数年こんな調子で、忙しい日々が続き、体調は年々よくなっています。 暇もいいですが、忙しいのはもっと好き。 おかげさまで、腰痛はどこかへ吹き飛びました。 階段の上り下りと、毎日のマッサージクッションのおかげかも。(ブルーベリー・カスピ海ヨーグルト・バナナ・グルコサミン入りジュース・青汁も効いてる?) アンチエイジングに良いというものは、可能な範囲で実行中。

| | コメント (0)

何なの子が良い?

 今夜は花火をしてご機嫌のヒロ君でした。 大きい花火か小さい花火か尋ねたのに、気分に任せて数を数え始め、15くらいまで数えていたのですが、途中いくつか抜けてますよ~。 本当にまだ気分で数えているだけです。まだ少し咳が出ているようですが、食欲は衰えず。 ママにも少し分けてあげてよね。

 で、話はお隣さんの赤ちゃんの話になり、男の子なので、ご近所には女の子がいない、ということになったのですが、どうも「女の子」という言葉の発音が難しいらしい。 結局分けが分からなくなり、「何なの子?」という怪しげな言葉に変化してしまいました。
 子供の言葉練習時期には、トンネルがトンデルになったり、テレビがテビレ、卵がトマゴ、近所のお家は金魚のお家に大変身することも。娘の最高傑作は、先の「金魚のおうち」と、「灯りをつけましょ、どんぶりに!」でした。
 ヒロ君は妹が欲しい、と最初は言っていたらしいのですが、どうやら本日は気が変わって、弟が良い、そうです。 家族が増えるんなら、男のでも何なの子でも良いよね~。 今年は英国王室にあやかってなのか、芸能界でも赤ちゃんラッシュだそうです。 娘の出産は来年ですが、学年としては同じになります。
 
 朝から32度もあって、採点は頭を冷やさないとできないので、エアコンで室内をガンガンに冷やして何とか凌いでいます。 まだ梅雨あけじゃないのかな?
 
 

| | コメント (0)

ハギレいっぱい

 ヒロ君のアロハシャツ用生地を購入。 残り少なくなっていましたが、子供用くらいならまだ大丈夫でしょう。 先に作ったアロハシャツの黄色の色違いのようです。 さていつ縫えるかな? 明日届く答案次第です。

 どうやら急に暑くなったせいで、ヒロ君は夏風邪を引いてしまったらしく、咳をしていますが、食欲はいつも通りに全開の様子。 デザートのりんごは「ママにはあげない~」、と意地悪をするほど。 その仕返しにか、寝る前に鼻の奥にシューッとする薬を入れると、「痛い!辛い!」と大騒ぎ。でも夜中に鼻が詰まって寝言で泣くよりましでしょ。
 そうそう、ロックミシンの調子がなんだか変な気がします。ときどき金属音が・・・分厚い部分を縫った時なのでしょうか。 巻きロックをするために、針を一本抜き、一本針三本糸で縫うときの糸調子がきつすぎるのか、何度も糸が切れてしまいました。 それでふと気になって説明書を再読すると、あらら、すっかり見落としていたことがありました。「縫い目あらさダイヤル」を調節するのを忘れていました。 それでなんども糸が切れて、てんてこ舞い。説明書を「見えども見えず」。 針を一本抜くことと、かがり爪つまみの位置を変えることだけに集中。 トホホホ
 
 で、針一本3本糸の縫い方には、巻き縫いとピコ縫いと細ロック縫いというのがあるのですが、違いは? 図解説からは違いのポイントが分からないのですが、下糸(ルーパー糸)の糸調子が強いか弱いかだけの違いのようです。一度三種類の試し縫いをしてみましょう。
 

| | コメント (0)

アロハシャツの生地まだ残ってるかなあ?

Nec_0629Nec_0630 Nec_0632  昨日はほとんどパソコンに向かって教案作り。 煮詰まってきたらミシンと遊ぶ、という一日でした。 そのかいあって、教案はほぼ完成し、いくつも上着袖丈を短くすることができたし、Tシャツのリフォームも。 

 写真左はTシャツにアニマル柄をつけてみました。襟ぐりは解くのが面倒だったので、断念。 すべて布端を使ったので始末無し。 真ん中は、フィリピン製の袖なしとセットの長袖上着だったのを、半袖に。 右は、少し凝った半袖だったのを短め半袖にし、巻きロックをかけたら結構うまく波打ってくれたので、切り取った布でもう一着分の短め袖を作ってみました。布の厚さとか柔らかさによって巻きロックの良さが出ないものが多いと分かり、いい布を見つけたので活用。 次回またハギレを探してみましょう。
新に型紙を使って裁断して、という作業は集中力が必要なのでまとまった時間が取れるまでお預けにしておきましょう。 アロハシャツ一枚分はキープしてあります。
 ところが昨晩、ヒロ君があまりに赤いハイビスカスのアロハが気に入って、毎朝幼稚園に行く前に、 「まだ乾いてないの?」と催促すると聞き、「グランマにお願いして、もう一枚作ってもらってあげるよ~」、と約束。 バーゲンが先週日曜日までだったので、もし売り切れていたら、仕方がないのでキープしてあるのを使いましょうか。 黄色と二枚持って行ったのですが、赤のほうが良かったようです。でも女の子用にしてしまったのに・・・

| | コメント (0)

ハワイ土産じゃないけどアロハシャツ

 もう時間切れ寸前なのですが、長く使っていない夏服を眺めてみると、ほんの少しの手直しで今年の夏に役立ちなセットがいくつか判明。袖が長すぎて暑くるしそう、という食わず嫌いのような感じでずっと箪笥の肥やしになっています。 ロックミシンを使って、ちゃちゃっと短くしてしまいましょう。 夏休みの公民館での5回講座に使えます。一昨年は、インドネシアの染物(バドック)で作ったたっぷりギャザーのスカートにスパッツを履いて行ったら、高学年の生徒から How old are you? と尋ねられてしまいました。 若作りでしたか? ンフフフ

 去年は普通にフレアースカートのセット(スーツみたいな感じ)で行ったので、インパクト無し。それで今年は、フィリピン製のピンクのセットにスカートかパンツでお洒落に・・・そのためには、ピンクの上着の袖を短くしようかな、と。 アニマル柄とのセットにしてもインパクト強そうだけど、まさしく大阪のオバちゃんルック? 以前は、ヘアスタイルも後ろ髪の一部だけを伸ばして、後はショートだったので、かなりのやんちゃなスタイルでしたねえ。 結構生徒たちの目を引いたらしく、担当以外の生徒からも声をかけてもらいました。 狙い通り・・・
Nec_0625  
 昨日のヒロ君の写真です。やはりボタン付けが逆だとボタンがかけ難そうでした。ごめんね。 もう一枚の色違いのアロハシャツは男の子用に出来ていますから、そちらを着てください。 来年にはぴったりサイズになる予定。 これを着て、近所のお祭りに出かけ、ヨーヨー釣りを楽しんだとか。 来月は大阪へ来てね!
 どうやらあちらではアロハは目立つらしく、知り合いだけではなく道行くご近所さんからも「ハワイ?へ行ってきたの?」とか「ハワイ土産なの?」とか声かけしてもらったみたいで、嫌がるわけではなく自慢気のようで、作ったかいがありました。 翌日の花火見物にもこの写真の赤いアロハ(黄色は私とお揃い)のほうを着て行きたがったそうですが、汗をいっぱいかいたから、洗濯してからまた着ようね、と説得。
 本日は家人の寄り合いデー。 先週はヒロ君とお揃いの赤いアロハ(ブルー地ですけどね)を着ていったので、ピンクのを着て行きたいということで、急ぎアイロンかけ。二着作っておいて良かった。ンフフフ

| | コメント (0)

特大Tシャツが大変身

朝、8時に家を出て、帰宅は夜の7時。 ちょっとした小旅行でした。 最近作ったヒロ君のアロハシャツ2枚と娘へのステンシルしたばかりのティーシャツを届けに京都まで。 アロハシャツはかなり大きく来年でも十分着られそう。 娘からの注文で大きめサイズということですから予定通り。 ンフフフ 私は黄色のアロハ、家人はピンクのアロハでお出かけしてきました。 ヒロ君も結構気に入ってくれたようで、良かった!

 娘へのTシャツは、ステンシル素材として息子達にお願いして買ってもらったXXLサイズを私用にサイズ直しをしたものなのですが、妊娠中なのでゆったり着られるほうが良いかもと持参したのですが、喜んでもらえて良かった、良かった~。 ちょうど火曜日に「ココナツリーフ」をステンシルしたばかりなので、グッドタイミングで届けられました。 すぐ着てくれてそのまま寝るまで着たそうです。 全く忘れていたのですが、長袖プルトップにココナッツリーフは染めたことがありましたね。
 
 ところでこんなに喜んでもらえるなら、来年はもっとたくさんTシャツを買ってきてもらいましょうか。 もちろんXXL(特大サイズ)。 もしもっと大きなサイズが手に入るのなら・・・ 私より20センチ以上背の高い娘のなら、丈はそのままでOKかも。 袖幅と身幅を狭くするだけで十分。 ふと思ったのですが、Tシャツの裾に別布を縫いつけてチュニックにするのも可愛いかも。 Tシャツを自分で作るより、フィリピンで買ってきてもらって、リフォームするほうがずっとお手軽で経済的。 もちろんロックミシンがあるおかげ。 カットソー(切りながら縫う)ですから仕上がりがプロ並みにきれいに出来ます。
 
 まだ3枚くらい残っているので、いろいろリフォームをして楽しんでみましょう。まずは私用に寸法直しをしてから、襟と袖口に別布を縫いつけましょうか。あ、でも袖は短くするので切ってしまうから新に布を縫いつけるのは簡単だけれど、襟は解かないといけないのでしょうね。解くのはまだ苦手。 ま、何にしても真っ白のTシャツですから、つけたし布にアニマル柄なんて面白いかも。 来月のステンシル素材に!
 娘の家の二匹のカタツムリを見てほっこりして帰宅。 長時間の運転、お疲れ様でした。

| | コメント (0)

ステンシルはココナッツリーフ

Nec_0621 ココナッツリーフを染めました。割りに簡単に出来たので、前後に入れられました。残念ながら、コアラ先生は表側(前身頃)を二枚写真に撮ってしまいましたので、後ろ側は後日時間があればアップします。

 なんだか面白い構成になりました。 後から差し込んだピンクの模様が派手になってしまったので、緑のリーフの額縁を強調するために、四隅に三角を入れています。 これでピンクと同等?
 明日はヒロ君にアロハシャツを届けに行きますが、朝雨だとラッキー君の散歩に行くのが大変ですから、照る照る坊主を作っておくべきでした。
 

| | コメント (0)

ピンクのアロハシャツ

Nec_0613Nec_0614 アロハシャツ5枚を完成させて、少し気分を変えてニットソーイングの準備として、以前作った作品のリフォーム開始。 実は作ったもののあまり着ていないものが殆ど。 理由はいろいろ。 一番多い理由は、素材の関係で半袖でも夏には暑くて着られない。

 左の写真は、麻で作った家人用のTシャツ。 ジグザグミシンで刺繍をしてみました。右は同じくピンクのアロハ~。二枚目のアロハなので、今度は丸みのあるポケットを二つオマケしておきました。 きっとよくお似合いですよ。早く着てみてください。
 話を元に戻すと、暑くて着られない服をやっとリフォームすNec_0619 ることに。 袖をばっさりと落としてノースリーブに。 でも加減を知らないので、特大サイズの袖ぐりに変身してしまいましたので、重ね着用にTシャツを作らねば。 右の写真。 重ねてある水色のニットは、昨晩作った袖が半分のもの。
 
 ところで、昨晩から新しいことに挑戦しようと、ロックミシンの針を一本抜いて、1本針3本糸で巻きロックをし、新に二枚の作品を完成させたまでは良かったのですが、午後、写真のピンクのニットをリフォームするために、糸を黒から白に換えるときにトラブル発生。 これがなかなか解決せず、四苦八苦。 機械のことはまるで駄目なのに、誰にも頼れなくて試行錯誤。ああ、しんど~。一度糸換えに失敗すると、4本もあるので、あちらを立てればこちらが立たず、なんて状況に。 ミシンの下を観音開きに二箇所開いて、かけるべきところには全て糸をかけ、穴を通すところには通し・・・もっとシンプルにして欲しいものです。

| | コメント (0)

ニットのTシャツに挑戦

 服飾関係の言葉に疎いので、なんと呼んでいいのか分からないのですが、ティーシャツみたいな襟無しの一番簡単なパターンで挑戦中。 昨日は綿のTシャツの寸法直し、そして本日は午後に家人のTシャツのリフォーム。 襟ぐりが馬鹿になってしまったので、取り外して別布を作りつけただけ。少し幅広にしておいたので、ちょっとお洒落。

 次に初の巻きカガリに挑戦してみました。 薄いニット生地の端布始末に適しているかがり方。 今回はニットのハギレを使っているのですが、レッスンのときに使ったニット生地より少しだけ厚めのような気がしていたら、やはり綺麗なヒダにはなりませんでした。 もっと薄地のニット(布帛でも)なら波打って綺麗にできます。透けているレベルの薄地?透ける素材のものは、豹柄のとチェックのがありますが、無地とかレースのは無い。 
 何はともあれ、普通の端カガリから巻きカガリにするには、針を一本抜き、糸調子を3本それぞれに変更し、何とか押さえというのを解除する、という3つのステップが必要なのです。 初めてなので、説明書の図を見ながら、こわごわ進めていきましたが、案外すんなりできました。 ちゃんと講習してもらったんですから当然。
 縫う段階では、巻きロックは思ったほど綺麗にできなかったのですが、後でアイロン仕上げでもう少し修正できるかも。楽しみ~。 襟と袖口と裾の巻きロックの後、肩を縫い合わせ、袖(一部分だけの袖)をつけたところで、真夜中12時過ぎとなりました。ご近所迷惑なので、作業はここで終了。
 そうそう、本日からキッズ英会話講座の教案作り開始! しっかり計画を立てて、子供たちに楽しんでもらって、さらに英語好きになってもらえるよう、頑張りましょう。 

| | コメント (0)

ちゃちゃっとティーシャツのサイズ直し

 今まで諦めていたTシャツのサイズ直しにロックミシンでトライしてみました。以前ニットソーイングのレッスンを受けていた時には、Tシャツのサイズ直しも簡単にできると言われえていたので、やっと重い腰をあげたのです。

 何事にも方法はいろいあるので、これが正解というのは無いのかもしれませんが、とりあえず用が足りればOK。 変更したのは、身幅と袖丈と全体の丈。 一番手軽に出来る方法で。 袖下から脇縫いを一気にロックシンをかけ、袖と裾端の始末は屏風タタミにしてロックミシンをかけたので、直線ミシンの出番は無し。 ただ、袖も見ごろも筒状になっているので、幅が狭い袖のほうは特に縫い難かった。
 
 直線ミシンなら筒状のものもたいして難しくはない、と感じるのは、英語学習に悩む中学生と同じかも。 三単現のSをつけらるのをつい忘れる! スペイン語を学習している生徒さんからすると、スペイン語の現在形だけでも語尾変化が6通りもあることと比較すれば、英語の動詞の語尾にたかがSをつけるだけじゃん、という感じ。
 今回サイズ直しをしたのは、フィリピンから買ってきてくれた特大のティーシャツ。 ステンシル素材としてお願いしておいたのですが、ちょうど良いサイズがなかなか手に入らなかったみたいで、面倒をかけてしまって申し訳ない。 二人とも通常よりかなり大きいのが必要なのです。
 
 それでも小さくすることは可能だと分かったので、今後は出来る限り大きいサイズのをお願いしておきますね。 それにしてもTシャツって、脇に縫い目がないのですねえ。 縫い物をしなかった時は何を見ていたのでしょう。
 いつものことなのですが、このブログを記入する際に、ポインターがあちこち飛んで、短い書き物でも時間がかかって煩わしいからと、ノート型PCの一部分(名前が分かりませんが)に紙を貼って反応しないようにしているのですが、今朝はどういうわけか前の状態になって入力がし難い。 苦労していたのですが、一旦閉じて(再起動ではなく)から再度入力画面にすると解決していました。 何かの縛りが出来ていたのでしょう。 つい数日前には、アイパッドの画面がヘンテコリンになって普通の画面に戻せなくなり四苦八苦。 再起動をかけると良いよ、との息子のアドバイスで、見事復帰。 手に負えないときには、しばらく放置する、という方法と再起動させる、という方法があることを覚えておきましょう。ンフフフ

| | コメント (0)

ロックミシンは万能じゃない

 直線ミシンとロックミシンを手に入れて、これで何でも縫えると、勇んでロックミシンの基礎ブックを読んでみると、ロックミシンにはもう一種類別のタイプ、袖とか裾始末をする専用の機種がある。 確かにニットソーイングのレッスン時には、二通りのロックミシンと直線ミシンの3台のミシンを駆使。 

 購入した本の説明を読むと、付属品とか別売りの器具を使っていろいろできることがわかりました。ニットの裾縫いの補助とか、ビーズとゴムを縫い込みながら縫う器具とか。 でもそれがないと出来ない?じゃ、しないでおくかできる範囲で楽しみたいので、代用縫いで頑張ってみましょう。上記のカバーステッチミシンという袖口とか裾の始末をプロ並みにきれいにする機械の代わりには、布端をロックミシンでくるんでから直線ミシンをかけて留めるという二段階の作業で可能。 あるいは昨日書いたように屏風タタミにしてロックミシンをかける、という奥の手もある。
 昨日、4着目のアロハシャツが完成したので、またパンドラへ。 30%の特典を受けられるのは5日までなのです。 アロハは布と糸とボタンだけあれば作れるのが嬉しい。 以前はボタン穴を開けられず、敬遠していました。 次の挑戦は、チャック(ファスナー)つけ。 いずれまたの機会に。
 せっかく本屋さんで購入した本なのですが、上記のようなことで我が家のシンプルなロックミシンには不適。 図書館のロックミシンに関する本の方が、私には役に立ちそうなので、時間が出来たらまた借り出しましょう。 ニット生地のハギレをいろいろ手に入れてあるので、一番簡単そうなデザインを探して作ってみましょう。 まずは裏無し襟なし袖なしの無い無い尽くしのノースリーブから。
 ロックミシンは、直線ミシンと違って、切りながら絡めて縫っていくものなので、方向転換が難しい。常に直線を走りたがります。 直角に縫うときは、切り目を入れて伸ばして直線のように開いてだます。そうそう、縫い始めは押さえを上げても上げなくても大丈夫。 直線ミシンは押さえを下げないと動きません。 ロックは足でペダルを踏む、直線ミシンは手でボタンスイッチ。ときどき勘違いをして手や足が宙を舞う。
 

| | コメント (0)

毒毛虫の腫れは一週間

 おそらく先週の木曜日あたりに、花苗を植えつけたのでそのときに毛虫の毒毛にあたってしまったのだろうと推測されますので、ひどい腫れの症状はやっと収束した模様です。 良かった~。 私のほうはたいしたことはなかったのですが、家人がひどいことに。 今後、長袖長ズボン着用のこと。

 息子の経験では、自衛隊ではかなり徹底して防護して作業をするのに、数百人の隊員のうち数名は毛虫にやられるそうです。毛虫対策もですが、演習の際には、森と同化するために迷彩服の背中やヘルメットに葉のついた木の枝を挟み込むのですが、新隊員は知らないもので、手じかにある枝葉を使うととんでもないことになるとか。たくさんの人数が一斉に枝を取るため近場の枝はすぐなくなるはずなのに、なぜに残っているのかは考えず・・・熟練隊員たちはわざわざ近くにある木を避けて遠くの木を探すという。
 喘息や皮膚アレルギーがある息子は、訓練のときに履く皮製の長靴(チョウカ)に負けて足が赤くなったりするのに、漆の葉には無反応だったらしく良かった~。 
 カラカスの街路樹は、マンゴーでしたが、友人の一人が、マンゴーの木の下で立ち話をした後、瞼が腫れて困ったという話。 マンゴーは漆科なのです。 そういえば、あちらではそのマンゴーの緑の実を子供たちは、スリッパを投げて取って食べていました。 渋くないのかとずっと案じていたのですが、マンゴーには、熟すと黄色くなったり赤くなったり、緑のままのものもあるそうです。もちろん赤くなるのは、アップルマンゴーで高価だとか。日本ほどじゃないけれど。

| | コメント (0)

アロハシャツ4枚完成

Nec_0610 ロックミシンを使って最初は怖いもの知らずで、どんどん縫うだけだったので、ほとんど失敗もせずいい気なものでしたが、いくつも作っていくといろいろと問題が出てきます。 一つ一つ解決していくのも乙なものです。

 ジャジャ~ン。 本日四作目が完成致しました。 大人用二枚と子供用二枚。
 だいたい二日で完成させられます。 型紙取りと裁断に一日、縫うのに一日。 同じ型紙を使って同じパターンを作ると、急げば丸一日で作ることができるはずです。 肩を凝らせては何もならないので、ボチボチに。
 
 まだ外出に着ていないので、明日公民館デビューと致しましょう。 家人は、ブルーの方を金曜日デビューの予定。 ピンクのアロハシャツはまだ裁断も出来ていません。 こちらはヒロ君のはありません。
  ヒロ君用に2枚色違いで作ったのを、次回里帰りの8月までは先が長いので、そのうち送りましょうか? 半袖ですし、柄が季節ものなので早く着てもらいたいですねえ。
 
 12日からは予定が詰まっているので、次の次はいつ縫えるかはよく分からないのですが、そのうち台襟つきのカッターシャツみたいな感じの長袖を作ってあげたいなと思っています。
 
 そうそうロックミシンの本を買ったので、裾の始末によく使われる手法を試してみました。 図書館で借りた本には、一本針3本糸で縫うと書かれていたのですが、この本では2本針4本糸のままで縫う方法なので、針を一本外す手間が不要なので試してみたのです。 屏風タタミにするという言葉の意味がよく分からなくて、図解をよ~く観察しては考えて夜も寝られず・・・
 Cocolog_oekaki_2015_07_01_17_24_2
ちょっと図示してみようとトライしてみましたが、よく分かりませんね。 上のように裾を折ってロックミシンをかけてから、裾を折り返すとあら不思議、縫い目が見えない。 別布をくっつけたような感じになります。黒い部分が縫い目を表しています。

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »