« さて何を作りましょう | トップページ | 新作は男物に挑戦 »

ミシンカバーからスタート

 機械は超がつくくらい苦手で、説明書を読む気がしない人なのですが、困ったときにはその部分だけを読むことくらい。 さて本日からロックミシの使用開始です。なんだかちょっと緊張しつつ試し縫いをした途端、糸が切れてしまった。 縫い始めに早すぎると糸が切れるのですが、ペダルを踏む力加減が分かりません。これは慣れです。車の運転練習のときにも、ブレーキとアクセルのペダルを踏む力加減は慣れないと分かりませんでした。それぞれの機械によるのでしょうが、もう5~6年前になるのですが、ニットソーイングを習ったときのことはすべて忘却の彼方。

 でも何とか自力で切れた糸をミシンに通すことができました。これはもう奇跡に近いくらいまれなこと。 ミシン屋さんが丁寧にこの糸が切れやすいので、と繰り返し教えてくれた通りにできました。 ンフフフ
 
最初の仕事は、このミシンのカバー。 一枚の布端を縫い合わせ、上に楕円形の布を縫い付けるだけ。 ところが上の布の方が大きくてダーツを入れながら縫う羽目になってしまいました。後で考えると、もう少し小さくカットすれば済んだことなにの。もっとも直線と楕円形の曲線をちょうどの寸法にカットするのも結構大変な作業でしょうから、結果的にこれでよしにしました。次回はもう少し考えましょう。もう一枚カバーを作りたいのです。
 
カットソーに慣れたところで、去年ダブルガーゼで作った袖なしブラウス?の寸法を少し縮めて見ることに。 まあ、縫い目のきれいなこと。去年さんざん洗濯したので、ジグザクミシンが結構見苦しくなっていたので、嬉しい~。さて来年はどうなっているかな。

|

« さて何を作りましょう | トップページ | 新作は男物に挑戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さて何を作りましょう | トップページ | 新作は男物に挑戦 »