« アロハ、アロハ | トップページ | 男性用アロハ完成 »

アロハシャツにもいろいろ

 子供用のアロハシャツを縫ってから大人用を作ろうという計画を実行中。 ところが大人用と子供用ではデザインが違う。 小さくて縫いにくいからか、ヨークをつけていない。 確かに大人用でもヨーク布二枚で身頃をはさんで縫うのは難しい。 襟側から身頃を出しておいて縫うという図解では意味不明な縫い方をします。 大人と子供とで違うというだけではなく、大人用でもいろいろあるようです。 襟の形もいろいろですが、襟に表側から端縫いをするかしないか、端縫いは布地と色を変えて刺繍みたいな感じでするものも。 袖つけの時も仕上げに端縫い。 この縫い目があるとないとでイメージが結構変わります。

 ヒロ君のアロハは、出来る限り縫った端に表から飾り縫いをするタイプだったので、シャキッとした感じがします。 大人用に選んだ縫い方では、あまり飾り縫いは無いので、ふっくらしたイメージ。
型紙を写し取るときに手抜きだったのか、あいまいだったのか、はたまた裁断の時がいい加減だったのか、とにかく仕上がり寸法があちこちで合わない。 襟の長さ、袖の長さ、身頃の長さ・・・え、すべてじゃん。 一番大事なところなのに。 ヒロ君のは型紙を自分で作ったので、襟の長さ測定を誤ったのではないかとか袖の大きさも・・・それでも何とか形になりました。 とても良い勉強になりました。 教えてもらっている時には、全く頭を使っていなかったかも。ま、それも楽しくて素敵な時間でした。
自分で型紙を作り、なんとか一枚でも縫い上げると、型紙と印つけの大切さが十分分かりました。次回は型紙の数字を正確に割り出すことと裁断時の印つけを全てのパーツにしっかりとつけることを忘れずに。

|

« アロハ、アロハ | トップページ | 男性用アロハ完成 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アロハ、アロハ | トップページ | 男性用アロハ完成 »