« 初のハワイアンキルトの完成 | トップページ | アンパンマン卵 »

好きなことが多いほど幸せ

 何かを始めるには基本から始めるべきなのに、自由奔放な性格を貫き通し、好きなレベルから始めて勝手に応用してしまう、といういい加減さは年を重ねても直らないようです。

 今回のハワイアンキルトは、可愛いデザインに目を奪われ注文したというわけです。 到着したセットの中から、比較的最終組立、バインディングが易しそうなポーチから開始。 アップリケの仕方も組立方も一枚程度の紙に簡単に説明されているだけなので、簡単に出来そうな気になりました。 クッキングで作り方がたったの3ステップというのとなんだか似ています。全くの初心者には、何が難しいのかが分からないのです。怖いもの知らず?
 
 キルト用糸は購入したものの、布用ペンシルで下書きをしてからキルトするということも知らず、縫った線が歪んだり、幅が違ってやり直す有様。 ただアップリケをする際に躾けをかけておくというのは、説明書になくてもちゃんと気づきました。 私は糊づけが好きではないのです。
 
 年前のこと、コアラさんちの新年会(交換会)で、私よりは年上の女性がしきりに「時間が無い、時間が足りない」とおっしゃっていたことを思い出します。 その方は、いろいろな手芸に挑戦されているらしいのですが、ある日、ミシン屋さんの前を通りかかって、妄想の世界の中で作品をどんどん作り出す様子を目に浮かべ、とても高価なミシンを購入。 その後、自宅でダンボールに入れたままのミシンを眺めて、我に返って・・・
 
 私はどんどん縫っていますよ~。 でき不出来は別として。  
 
 家人は最近マージャンに凝り始め、白内障の手術が済んだばかりなのに、不自由な目で、プロ参加のTVマージャンをかぶりつきで研究し、いそいそとサークルにも参加。 好きなことが多いほど人生は楽しい! ヨーロッパの自転車レースもそろそろ始まるのでしょう?

|

« 初のハワイアンキルトの完成 | トップページ | アンパンマン卵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初のハワイアンキルトの完成 | トップページ | アンパンマン卵 »