« 最後のひとつ | トップページ | 孫たちの好物メモ »

関西空港でお別れ

12日間の滞在を終えてフィリピンへ戻る息子一家です。 荷物がいっぱい。子供たちにもそれぞれリュックサックやら機内で枕代わりにする縫いぐるみを持たせて。 来るときもうれしそうでしたが、帰国時も嬉しそう。JR君は、外遊びではなく室内でゲームを自由にさせてもらうことが楽しみだったそうです。

 航空会社は経費節減のためか、機内食が質素になったり、飲み物が有料になったり。それに貸し出し用毛布も枕も無いとか。 そのために携帯枕(空気で膨らませるもの)とか縫いぐるみ持参する人が多いようです。
 さて後は、船便での大きな荷物を集荷してもらえるかどうかだけが問題として残っています。去年から重量オーバーでトラぶっております。 50キロを超えると集荷してもらえないので、再度連絡を取って超過料金を払ってお願いしました。 今年は何キロ? 我が家の体重計は人しか量れないのです。 つまりペンちゃんが持ちあげて量ればいいのですが、40キロそこそこの彼女には無理。
Nec_0548

|

« 最後のひとつ | トップページ | 孫たちの好物メモ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後のひとつ | トップページ | 孫たちの好物メモ »