« 本格的な春~! | トップページ | 娘もミシンデビュー »

道行コートからスカート

ご近所では早い桜は満開。 遅い木の蕾は膨らんでもいない。 差が大きいようです。種類が違うのでしょうか。 公民館への行き帰りには、この時期は至るところで花見ができますが、特に体育館横の池の側とか、最寄り駅手前の線路沿いでは本数が多いので、見事です。 日本が一番きれいな時期かもしれません。

 
 昨日から道行コートからスカートを作っています。二着同時進行。 本来は表地と裏地は別々に縫うのですが、時間と手間を省くために、裏地と一緒に縫ったりするので、特に絹の着物は手縫いでも針が通りにくく指が痛くなるのですが、ミシンもやはり悲鳴をあげています。 上糸調整がうまくできない上に、下糸をボビンケースに巻くのに失敗。 手では直せないので、別のボビンケースに再度巻きとったりと、いろいろ勉強になります。 失敗をするたびに、アハ体験ができます。面白い。
 アハ体験といえば、このブログ記入の文字入力は、アルファベットで日本語を打っているので、およそひらがな入力の倍以上指を動かしているのですが、そのキーボードの配列が不便だとは考えたことがなかった。 実はこれ、英文タイプライター用の配列だと知りました。 PCと違って、タイプライターはカタカタ、パタパタと文字を打つつけるものなので、左右交互に打てるような配列にしたとか。 だから変なところによく使うEがあったり、句読点が打ちにくい右端にあったり・・・もっと打ちやすいキーボード配列があるそうです。 でも今更別のものを覚える気にはなりません。

|

« 本格的な春~! | トップページ | 娘もミシンデビュー »

着物リフォーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本格的な春~! | トップページ | 娘もミシンデビュー »