« いよいよ徳島行きの準備開始 | トップページ | 好きなことが多いほど幸せ »

初のハワイアンキルトの完成

Nec_0501 Nec_0502 キルト作りは意外と疲れることが判明。 ビーズ手芸より目が疲れました。 初めてだからかもしれません。

 携帯写真を編集して縦から横に変更すると、サイズが小さくなって見にくいのですが、ポップアップでできれば大丈夫です。
 
見事に最初のアップリケ布を配置するときから大失敗。 袋布の上下を逆にして、切り抜いた5枚の布を乗せてしまったのです。 見本通りに配置しようとすると、布が狭くて並べられなくて適当に変更して縫いつけてしまいました。 失敗に気づいたのは、最終段階のキルトを済ませた時。 失敗はさらに続き、初めてのファスナーつけにも失敗。 ファスナーの金具の無い部分(ファスナーの始め部分)の始末がうまくいかず、数回やり直し。
 
キルトの幅がよく分からずに縫ったのですが、唯一実物大の見本があった脇布を縫い合わせると、後ろ側のキルト幅が狭すぎたと反省。 ま、失敗は成功の素と言いますから、二作目に期待しましょう。 
 
ハワイアンキルトの特徴は、布の南洋風明るい色柄。 そしてアップリケの角先の作り方がポイントかな。 細く尖っています。いくつかあるセットの中から、簡単そうなものから始めたのですが、次は何にしましょう。 上手になるためには、同じパターンでいくつか作るのが良いのですが、適した布がありません。 ポーチの表と裏用布、アップリケ5種類。 合計、7種類の布が少量づつ必要。 ほんの少々だけを購入することはできないので、セット買いのほうが経済的。

|

« いよいよ徳島行きの準備開始 | トップページ | 好きなことが多いほど幸せ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ徳島行きの準備開始 | トップページ | 好きなことが多いほど幸せ »