« 素敵な印鑑入れを購入 | トップページ | 着物からベストへ »

 三歳児語録

Nec_0482  まずは昨日の印鑑入れをアップ。 バラの柄ですが、シックな色なので男性用としても十分マッチしています。 持っていた印鑑サイズに合わせるとピッタリ。

 
 そして昨晩仕入れた三歳児語録、その①。 幼稚園生活4日目のヒロ君、「なんてきれいなママなんだろ、好き好き!」と言ってからギュッとハグ。 ママさんも負けずと、「何て可愛いヒロ君だんだろ、好き好き!」とギュッ。 またヒロ君が、「なんて・・・」 延々と続くらしい。
 三歳児語録、その②。 自分に関わりの無い話が続くと、「興味な~い!」とぶんむくれ。 どこで覚えてきたんでしょ、とママさん。 幼稚園?
 その③。 夕食にお腹いっぱいエビの天婦羅を食べた後、食卓に一個残っているデザートのおはぎを見て、「食べた~い。」 食べ過ぎになるかも、と思案しているママさんに向ってヒロ君は、「お腹の中のエビの天婦羅が、おはぎちゃんが早くお腹の中に来てくれないかなあ、って言ってる。」
 そんなことを言われたら、エビ天を寂しがらせては可愛そうなので、ちゃんと食べさせてあげたそうです。 お腹は壊さなかったみたい。 幼稚園で十分運動が足りているのか、ここのところ二人分くらい食べているとか。 良かったね。
 
 そのヒロ君は結構照れ屋で、ママに愛想を振りまいているので、バアバ(パパさんのお母さん)にも同じように、「なんてキレイなバアバなんだろ、好き好き!」と言ってあげてと入れ知恵すると、好き好きのハグはしたけれど、台詞は無し。  それに、幼稚園一の美人先生が担任になったので、先生のお顔を直視できないとか。 男だねえ。

|

« 素敵な印鑑入れを購入 | トップページ | 着物からベストへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素敵な印鑑入れを購入 | トップページ | 着物からベストへ »