« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

初のハワイアンキルトの完成

Nec_0501 Nec_0502 キルト作りは意外と疲れることが判明。 ビーズ手芸より目が疲れました。 初めてだからかもしれません。

 携帯写真を編集して縦から横に変更すると、サイズが小さくなって見にくいのですが、ポップアップでできれば大丈夫です。
 
見事に最初のアップリケ布を配置するときから大失敗。 袋布の上下を逆にして、切り抜いた5枚の布を乗せてしまったのです。 見本通りに配置しようとすると、布が狭くて並べられなくて適当に変更して縫いつけてしまいました。 失敗に気づいたのは、最終段階のキルトを済ませた時。 失敗はさらに続き、初めてのファスナーつけにも失敗。 ファスナーの金具の無い部分(ファスナーの始め部分)の始末がうまくいかず、数回やり直し。
 
キルトの幅がよく分からずに縫ったのですが、唯一実物大の見本があった脇布を縫い合わせると、後ろ側のキルト幅が狭すぎたと反省。 ま、失敗は成功の素と言いますから、二作目に期待しましょう。 
 
ハワイアンキルトの特徴は、布の南洋風明るい色柄。 そしてアップリケの角先の作り方がポイントかな。 細く尖っています。いくつかあるセットの中から、簡単そうなものから始めたのですが、次は何にしましょう。 上手になるためには、同じパターンでいくつか作るのが良いのですが、適した布がありません。 ポーチの表と裏用布、アップリケ5種類。 合計、7種類の布が少量づつ必要。 ほんの少々だけを購入することはできないので、セット買いのほうが経済的。

| | コメント (0)

いよいよ徳島行きの準備開始

 徳島での法事へ行くための計画を立てていたのですが、親子夫婦それぞれが思っていることが違っていたとはびっくり、びっくり。 とにかく法事に参加できれば良いし、何かの事情で無理ならそれはそれで仕方無し、と思っているのでお気軽に! 父の一周忌ですが、生きている者達のほうが大切ですから、決して無理をしないように。

 結局、フィリピンから息子一家が大阪経由で徳島へ、娘一家は京都から直接徳島で前泊。私達は当日早朝に明石大橋経由で走ります。来年もまた同じようなスケジュールとなりますが、皆が出席できるかどうかは不明。 来年のことを言うと鬼に笑われますね。
 
 ゴールデンウィークに娘達が来るかもしれないとか。いつでも大歓迎ですよ~。 こちらは毎日が日曜祭日ですからね。 ンフフフ
 
 そうそう、本日初の動画メールが届きました。 家人のアイホンでは見られましたが、私のPCではまだ見られません。 何とかを何とかしないと見えません。なんのこっちゃ? ヒロ君の初の授業参観での様子を見せてもらいました。 私達の頃は幼稚園から大人数でしたが、いまどきは小規模保育で実に楽しそう。

| | コメント (0)

三ヶ月ぶりのガレージセールへ

昨日アップした藤は、今朝はもうばっさりと刈られていました。 そういえば砂川の藤祭りの藤も月末には全て刈られて、恐らく観覧者たちに配られることでしょう。 まだまだキレイだったのに残念。 何か藤には秘密が?

 ところで月1にあるガレージセールに行って来ました。 一度行って以来ずっと雨続きだったので、やっと二度目。 ハギレを二種類とパッチワークと植木の本を購入しました。 ハギレはクリスマス柄は小さいのですが、もう一枚は薄手のワンピースにできそうなくらいの分量。 さて何にしましょう。 
 
そこのガレージセールは、衣類と雑貨が母娘担当で、本担当はお父さん。 それぞれ別に値引き交渉可能のようで、たくさん購入すればさらに安くしてくれました。 前回購入したのと同じシリーズの本だったので、あるだけ全部という大人買い。12冊。 ンフフフ  さらに植木の本がすごくぶ厚く重い本だったので、家人が車の運転を再開できていたので大助かり。
 
自前以外にも委託販売している品もあり、結構いろいろあります。 季節外の在庫もありそうなので、家は倉庫になっているのかな? でも考えてみれば、私の本と手芸材料を合わせればかなりの分量ですから、人事ではない。 そろそろ片付けないと息子一家と娘達が同時に来ることになるので、大変です! ボチボチに。 

| | コメント (0)

藤満開

23日から砂川の藤祭りが始まりましたが、我が家の近所でもこの通り満開です。 若干早めに咲き始め、今は盛りを過ぎた様子ですが、まだまだ綺麗ですねえ。 この季節になるといつも思い出すのが、徳島のどこだかは分からないのですが、お寺の近くのみやげ物屋で見つけた藤餅。 以前にも書いたのですが、その時一度だけしか見たことがない。でも、先日久しぶりに食べたブドウ饅頭に似た味だったように思います。 形は全く違うのですが。

 ところで、白内障の手術が完了した家人なのですが、眼科医のアドバイスを守れず早々にメガネを作り変えようとしたのですが、残念ながらメガネ屋さんに行った翌日が定休日ということで、二日後でないと出来ないということで、まだ数日メガネ無しの不自由な生活となりました。もう少しの辛抱、辛抱。 頑張って!
Nec_0498

| | コメント (0)

幼稚園児で~す

Dcim1714  幼稚園バッグをいくつも作ってもらったヒロ君です。 一番大きいのがこれかな。 縫い物などしたことがない娘の苦心の作。 頑張りましたねえ。 私も娘が赤ちゃんの頃は、南米生活で素材もミシンもなかったので、手縫いでワイシャツからリフォームしてブラウスを作り、スモッキングもしてあげたものでした。 時間だけはたっぷりありましたから。 

 海外での生活は情報不足なので、なんだか時間の流れがゆったりと感じられました。 もちろんテレビ欄などは、日本流に分単位ではなく、適当。 何時頃にある程度でしたっけ?

 帯から作った手提げバッグ、せっかく完成させたのですが、実際使ってみると最初に作ったのより布が薄く、やはり芯を入れなくちゃ、と解いてしまいました。 キルト綿を入れてみました。 どんどん帯地が傷んでくるので、ぼろ隠しに袋口にヨーヨーキルトを飾って誤魔化してみましょうか。 真っ白の布が良いかな。

| | コメント (0)

紫陽花帯でバッグ

Nec_0493  大好きな紫陽花柄の帯をリホーム。 一度も結んだことがなく、若い頃はタンスから出して眺めて楽しんでいたくらい。 やっと手提げバッグに仕立て直すことができました。 初めて帯からバッグを作るときは、できるだけ表地を傷めぬよう、裏返す作業をしなくても良い我流で裏袋の底を縫い残して、そこから表地をひっくり返したのですが、二作目では少し欲が出て、美しい仕上がりにしたくて、脇縫いを返し口の分を縫い残し、そこから表地をひっくり反したのですが、これが失敗の素。

 バッグに幅をつけるために、脇縫いを開いて三角縫いをするのですが、ぶ厚い布ということと縫い代(ミミを使用)が多いことで、袋底の縫い線と脇線を垂直にすることに手間取り、縫い直し数回。 その度に様子見のために、あれこれひっくり返すありさま。 だんだんと金粉らしきものが散って・・・使用していなくても、年月がたっているので金糸が劣化しているのか、金粉だったのか。Nec_0495
 
 失敗して初めて上手になるとは思うのですが、初回に運よく適当にうまく行ってしまったので、二度目で痛い目に。三度目は当分ないかも。 というのは、買い置きの取っ手が終了したからです。 それにパンドラには別のタイプの取っ手は見当らなかったので、布地を変えても、取っ手が同じでは面白くない。 違う大きさとデザインにしたいものです。 実用優先です。
 
 同じサイズに裁断した帯地なのですが、上の紫陽花柄の方が大きくなったのは? 計測がいい加減だったというだけでしょうね。 若干デザインは違います。 写真では分からないのですが、下のは脇縫い無しで、一枚の布をセンターで縫い合わせたもの。上のは普通に二枚の布を脇縫いしたもの。 そして目だって違うのは、袋口。 上は裏地を少し控えて綴じ合わせ、下のは裏地が一センチくらい見えるようにしてあります。それがアクセントと袋口をしっかりさせることになっています。
 
 これで何とか袋物を作る基本が分かりました。まだ取っ手を手作りしたことは無い。そうそう、袋の内側に二つ共、ポケットを作っておいたのですが、上のは細長いポケットにし、二箇所にミシンを掛けて、3つに分けておきました。使い勝手が良いように。できれば今からでも、センタに留め具をつけたい。 紐とくるみボタンで。大きな柄なので、帯一本から1つの手提げバッグしか作れない。残念。
 
  頂いた本とかブックオフのとかから、着物類のリホームのアイデアはいっぱい。 ミシンを使ってできる単純な形のものを作りましょう。ハワイヤンキルトの後で。

| | コメント (0)

ミシンの再講習を受けました

 ミシンの講習券を頂いていたおかげで、無料で不調の原因が分かった上に、最初の講習ではよく分からなかったことを再確認させてもらえました。 

 縫い目が変だった原因は、下糸のつけ方間違い。 去年までは無自覚にちゃんと出来ていたことが、今年になってなんだか適当につけ始めて、だんだんといい加減になり、最近では全く役をなさないつけかたをしていたのです。 いくら上糸調節をしてもうまくいかないはずでした。 良いミシンなので、上糸調節は自動でしてくれるのです。特別な場合だけメモリを変えるだけ。 もうメモをみないとその特別な場合を忘れました。ギャザーを寄せるとき?
 
 明日復習しましょう。
 再度の講習は、ボタンホールとかファスナーつけとかキルト縫いの時の棒の使い方の復習。 どこに差し込むのかが分からず・・・これで説明書を読めば、全く意味不明ということはなくなったはず。 それにしても一年足らずの間に、布ぼこリの溜まったこと! 講師もびっくりするやらよく使ってくれてと喜んでくれるやら。 ボビンを外して掃除して、ミシン油を差してくれて、ミシンの軽くなったこと~。
 
 これで無料講習は終了なのですが、また基本を忘れてニッチもサッチも行かないときは、有料講習をしてくれるとか。せっかく優秀なミシンを買ってもすぐ使わなくなる人が多いみたいなのですが、私は使いますよ! 少なくとも着物のリホームと日常着作りは、時間を作り出して楽しむつもりです。 ずぼら流、直線縫いと手抜きをもっとうに。
 
 

| | コメント (0)

白内障の手術完了です

 先週は右目、今週は左目と引き続き手術を受け、めでたく両目終了です。 うっかり全ての白内障は両目罹るものだと思っていましたが、そうとは限らないのですね。 先週右目を種々術後、劇的視力回復に感動し、左目手術を待ちかねていた家人ですから、おめでとう。 これで世の中が明るく見えますね。 

 私は年齢とともに疲れ目とか涙目とかいろいろ不愉快な症状はありますが、まだちゃんと見えているものだと思い込んでいます。 ンフフフ
 不思議なことが1つ。 眼科で手術をされた患者さんのお支払金額が大きく異なること。 ゼロ円から15万円までさまざま。 数千円の人もいました。必ずしも同じ手術とは限らないのでしょうし、健康保険の違いなのかもしれません。もちろん、歯科治療も同じような治療でも、材質が違ったり、保険適用か私費なのかによって違いますが。
 ところで去年購入したミシンに一年間無料講習券がついていたので、明日講師が来てくれることになっています。 ぶ厚いデニムも薄い布も自動的に判断して縫えると喜んでいたのですが、去年までは調子が良かったのですが、薄地のブラウスを縫った時に、あまりにも上糸調子が変だと気づきました。 オートからいろいろ変更してみたけれど、ゼロが一番ましだったので、数枚縫ったのですが、ゼロはダメです、といわれてしまいました。 さて調子が悪い理由はなんなのでしょうか。 はたまた直るのでしょうか。 ワクワクしています。
 

| | コメント (2)

カスピ海ヨーグルトやっと成功

 今年は何度も失敗しているカスピ海ヨーグルトなのですが、やっと気温が20度を超えたので、自然に発酵できました。 ここ一週間ほどストーブの前に置いたり、出かける時は保冷ボックスを保温用に転用し、湯たんぽを入れて発酵させたりしていました。 ヨーグルトを作るのも発酵と呼ぶのでしょうか。

 娘が新しいべカリーを購入して、発酵装置を使ってヨーグルトを作ったら失敗したようです。 カスピ海ヨーグルトの最初は、出来上がるまで時間がかかるそうなので、24時間くらいは諦めない方が良い。
 説明書によると、あまり種菌を多く入れすぎるのもよくないとのこと。 500ccに大さじ3杯くらいが良いようです。 冷蔵庫の棚の都合で、300cc程度の容器で作っているのですが、もっと多く入れていました。 これからは減らしましょう。
 明日は左目の手術日。 また一日中雨模様。 雨男なのでしょうか? 車を運転できないので、タクシーで行くのですが、雨だと予約ができないのです。  

| | コメント (0)

おまけゲット

 先月から狙っていた機関車トーマスのおまけをやっと手に入れることができました。 ちょっと運転に不安があったのですが、当人が大丈夫というので日根ジャス(今はイオンですが)まで運転してもらい、昼食にお目当ての昼食セットを二つ注文。 近頃はおまけを選択できるので、二つ別々の列車を注文。 期間によっておまけが違うのですが、欲しい当人がいないのでとりあえずトーマスのキャラなら何でもOK。 本日はトーマスキャラとキティーちゃん、それぞれ2種類の中から選択できました。 ちなみにヒロ君はキティちゃんも好きだと聞いています。

 そうそう、ヒロ君の女友達の名前は、ユイポン。 従姉妹がヒナちゃん。
 
 列車ならなんでも好きなわけではなく、子守ようにTV番組を録画しておいても、喜んで見るのは  新幹線だけ。東京都内を走る一万系などは集中して見ない。 でも実物は何でも良いのでしょうか、空港で見る南海電車のラピートとか、近所で見るJRの快速や黒潮にも興味深々で、列車の先頭を見て、怒っている電車だとか、怒っていない電車、はたまた丸い電車とか四角いのとか区別。 私達はやっと怒っているかどうかだけ分かるようになりました。
 一番困るのは、踏み切り停車をしているときに列車が通ると、両側に家並みがあったり前に数台の車が停車していると、真正面なのでチャイルドシートからは全く列車が見られないこと。泣き喚くわけでも怒鳴るわけでもなく、「見られなくて哀しい」と小さくつぶやく姿が・・・
 ダイエットしているときに、周りの人達が美味しそうな物を食べているのを見せられているような哀しさかも。

| | コメント (0)

女心と春の空?

 4月から幼稚園に通い始めたヒロ君には悩みが1つ。 同じ幼稚園に通っている可愛い女の子といつもは仲が良くて、楽しく遊んでいるのですが、時々「ヒロ君とは遊ばん」と拒絶されることも。 どうやら女の子同士で遊びたいときがあるようです。 すでに男女で遊びに違いがあるみたい。 何度聞いてもお友達の名前が覚えられないのですが・・・

 なんだか疲労感が蓄積しているらしく、新しいことに挑戦する気力が湧いてこないので、すでに慣れている作業だけに集中。 ここ10日ほど、着物や羽織や道行コートを解いては洗ってアイロンかけ。 頭を使わないのでしんどくない。 ハワイアン・キルトのセットが届いているのだけれど、初めて挑戦するのでちょっと面倒。という気分なのです。
 キルトと云ってもいろいろあって、ヨーヨーキルトは簡単なので、大小作ってカーテンの裾につけたり、ブローチにしたり、ブラウスのシミ隠しにしたりと重宝。 クレージーキルトというのもあって、一定のデザインを予め決めておかず、布を順に並べていって無計画に縫っていくだけ。 これが案外難しい。 きれいな色合いとかデザインにしたいのに、思うように終わってくれないという悩み。また、四角の布や三角の布を縫い合わせて、針山や干支の羊を作りました。でもハワイアン・キルトは本で見ただけ。楽しみは楽しみなのですが。 もう少し気分的に落ち着いてからかな。
 来週、家人が左目を手術するので、まだしばらくは車で出かけられないので、なるべく家の在庫食料を使おうと努力中。 そのせいで冷凍庫にゆとりができて、何がどこにあるのかが見やすくなりました。 一番驚いているのが、調味料の棚が空いたこと。 どうして?

| | コメント (0)

老眼ミステリー

 隣の駅まで出かけるために自動券売機の前に立ったのですが、節電のために画面は消え、硬貨投入口も閉じていたのですが、すぐに人を感知して反応。 出た画面に切符のマークらしきものが見えたので、それをタッチして硬貨投入。すると金額をタッチする前に切符と御釣りが出てきました。 どうして私の行き先が分かったのかな? と思いつつもすっかりそのことは忘れて、次の駅に到着。 自動改札を出ようとすると、アラームがなり、乗り越し料金を払うように指示されました。ん?と思いつつ自動清算機に切符を挿入すると、120円と出ました。 なんで一駅乗っただけなのに、二回も120円を払わないとあかんの? と思いつつ駅員呼び出しボタンを押しました。

 駅員さんの説明で、やっと入場券を買ってしまったことに気づきました。 でも隣の駅から乗ったことはどうやって証明したら? と心配しつつも、若い優しい駅員さんが 「乗車料金として支払って頂いたことにします」と言ってくれたので、無事出られました。
 入場券には、どこの駅で買ったものなのかを記録してあるのでしょうか。 初めて買ったので分かりません。 それにしても人件費削減の世の中なので、駅員さんがいないところも増えているので、もしこの場合駅員さんがいなかったら、私は訳も分からず腹を立てながら一駅240円を支払わされていたことでしょう。金額は大したことではないのですが、なんだかちょっと怖いような。
 
老眼鏡は近くは見えるのですが、遠くは見えないし、歩くときには足元が見えないので怖い。それで遠近両用メガネも持ってはいるのですが、メガネをかけることにいまだに慣れないので、かけると疲れるので近くのものを特に見ようとするとき以外はかけない。 これが不自由、不便の素。 いえ、失敗の素。
 
そうそう、今から思えば、仏教大学でのスクーリングの時に遠近両用メガネを作っておけば良かった。 黒板の字は裸眼で読み、ノートに記入するときには老眼鏡を必要とするので、掛けたりはずしたりと忙しかった。 メガネをずらして上目使いに見るテクニックも知らず・・・まだ老眼に対しては初心者でしたから。

| | コメント (0)

なんだか疲れた~

 昨日のステンシルではtたくさん汚れをつけてしまい、コアラ先生にはご迷惑をかけてしまいました。  失敗を隠すだけではなく、成功に導かないと意味がない、と素晴らしい作品に仕上げてくださいました。 さすが「ステンシルには失敗がない」。

 二ヶ月連続で染めたベイズリー柄は、最近大流行らしく、ネット検索をかけると全く違ったデザインになっている携帯カバーを発見したり、古くは勾玉というのもベイズリー柄の一種だとか。 図案からは思いも付かない、模様の中にさらに模様を描くという手法にもびっくりです。 面白~い。
 
 着物や羽織を何枚か解いたり洗ったりした後に、襟つきベストを縫ったので、さすがに疲れました。  数日間は歯が浮いた感じに悩まされましたが、トータルで一週間くらいは歯医者の待合室で休憩させてもらえたので、すっかり回復。 また月曜日から4日ほど待合室待機なので、何か座ってできることを考えておかなくちゃ。 編み物が一番向いているのでしょうが、今のところ気が向いていない。 が、一番かも。

| | コメント (0)

今月もベーズリー

 Nec_0492 今月のステンシルも前月同様ベーズリー柄で、男性用を染めました。 これで二人お揃いとなりました。 先月の私のは撮り忘れ。 カーディガン。

 水色部分は、後ろにステンシルする時に色移りさせてしまったのを隠すためにコアラ先生が苦労してくださったところです。 感謝。
 失敗は成功の素といいますが、これも大成功?Nec_0491
 
 帰宅すると庭の片隅の球根から次々と花を咲かせてくれていましたが、ムスカリとチューリップ以外の名前は不明。緋扇かなにかのような気がしますが、分かりません。
 探してみると、以前アルバムに入れたご近所の花。 モントブレチアというアヤメ科の花。 和名は『姫ヒオウギ水仙』。 良かった~。 もうすぐ咲きます。

| | コメント (0)

手術付き添い

 白内障の手術をすると片目に眼帯をするため、メガネがかけられないので、近視で乱視の人は一人で歩くのは危険。 片目づつ手術をするので、残りの目は見えるものとうっかり勘違いしていました。当人も。 でも眼帯は翌日には外してくれるそうです。 術後3日は消毒と経過観察に通院が必要だそうです。 頑張って~。と書いても家人は読めませんけどね。

 ああ、でも手術は短時間(30分以内)なのですが、術前の点眼に時間がかかるので、終了までに2時間半くらい待ちました。術後は結構早く解放された様子。 1時過ぎに家を出発して、帰宅は5時半。 待ちくたびれました。 帰宅後、帯(大好きな紫陽花柄)から手提げバッグを作ろうと、解いたところで、ドッと疲れが出てきて、裁断は中止。肩こりの薬を飲んで、今宵は早めに寝ましょう。
 
 そうそう、今日初めてお弁当通園だったヒロ君。 ご飯持参で、おかずを幼稚園で頂くのだそうで、反対だと思っていました。 食欲爆発中のせいか、お代わりをして先生を驚かせたとか。 食欲のムラがあるのですが、大体のときは大食い。好きなおかずのときは、大人並みに食べます。 蟹とかエビとかステーキとか。最近、野菜は嫌いと拒否するように。 今晩は、いつもより遅く電話がかかってきたのですが、電話に出るなり 「おやすみなさい」の挨拶。 明日も幼稚園ですものね。早く寝なくちゃ。 

| | コメント (0)

花いっぱい

Nec_0483 Nec_0484  選挙の帰り道で、花とおしゃべりおばちゃまに出会いました。 パーマ屋さん。 昔、一度だけパーマをかけてもらったことがありました。 素晴らしい花ですねと声をかけたのが切っ掛けで、日曜日で暇だとかで、家人と一緒に、家の中に招き入れてもらい、昔話に花が咲き、ペットの10ヶ月のマルチーズに触らせてもらった上、台湾土産だという飴玉や菊の苗まで頂いてしまいました。感謝。

 

 さて、いよいよ明日は家人の白内障の手術日。 ほんの短時間での手術らしいのですが、片目づつされるので、トータルで二週間は安静?が必要なようです。 運転は無理なのですが、さてマージャンはできるのでしょうか。 最近凝っているのです。 無理はしなでくださいよ~。 

 ヒロ君の幼稚園では、明日、月曜日からお弁当が始まります。 ご飯は園が準備してくれるそうです。とっても楽しみにしているみたい。

| | コメント (0)

着物からベストへ

Nec_0486 Nec_0487 短めのベストの完成です。 襟が面白いでしょ。 先日は、長めのベストなのかチュニックなのかは分かりませんが、とりあえず羽織一枚で、裏地と表の袖を使って作りました。  これから暖かくなるので、長ければ薄地で。 できれば短めのベストを作りたかったのです。左の写真の白っぽいベストは見本にお借りしたもの。 それを参考に作りました。

Nec_0488 この写真右は、先日作ったロングベスト。 左が上と同じ短めベストです。    
 
 リフォームした着物は、飾りしつけが取れていたので、記憶はないけれど、少なくても一度は手を通したであろう私の着物。 今回は洗わずにアイロン仕上げだけ。 40年ほどタンスの肥やしだったのですが。 
 頂いた順に、義母と母の残した着物をリフォームしてから、私の着物に取り掛かろうと計画していたのですが、ふと気づいて取り出してみると、私のは結婚時に作ったものなので、赤い派手なものがほとんど。 もちろん色無地とか黄八丈とか大島もあるにはあるのですが、すべてシツケがかかったまま。 解くのには勇気が要ります。
 

| | コメント (0)

 三歳児語録

Nec_0482  まずは昨日の印鑑入れをアップ。 バラの柄ですが、シックな色なので男性用としても十分マッチしています。 持っていた印鑑サイズに合わせるとピッタリ。

 
 そして昨晩仕入れた三歳児語録、その①。 幼稚園生活4日目のヒロ君、「なんてきれいなママなんだろ、好き好き!」と言ってからギュッとハグ。 ママさんも負けずと、「何て可愛いヒロ君だんだろ、好き好き!」とギュッ。 またヒロ君が、「なんて・・・」 延々と続くらしい。
 三歳児語録、その②。 自分に関わりの無い話が続くと、「興味な~い!」とぶんむくれ。 どこで覚えてきたんでしょ、とママさん。 幼稚園?
 その③。 夕食にお腹いっぱいエビの天婦羅を食べた後、食卓に一個残っているデザートのおはぎを見て、「食べた~い。」 食べ過ぎになるかも、と思案しているママさんに向ってヒロ君は、「お腹の中のエビの天婦羅が、おはぎちゃんが早くお腹の中に来てくれないかなあ、って言ってる。」
 そんなことを言われたら、エビ天を寂しがらせては可愛そうなので、ちゃんと食べさせてあげたそうです。 お腹は壊さなかったみたい。 幼稚園で十分運動が足りているのか、ここのところ二人分くらい食べているとか。 良かったね。
 
 そのヒロ君は結構照れ屋で、ママに愛想を振りまいているので、バアバ(パパさんのお母さん)にも同じように、「なんてキレイなバアバなんだろ、好き好き!」と言ってあげてと入れ知恵すると、好き好きのハグはしたけれど、台詞は無し。  それに、幼稚園一の美人先生が担任になったので、先生のお顔を直視できないとか。 男だねえ。

| | コメント (0)

素敵な印鑑入れを購入

Nec_0480  冬に逆戻りして、京都では雪が降るかも、などと心配していましたが、本日は午後は良いお天気になったそうです。大阪でも良いお天気だったので、大阪市内の区役所まで走ってきました。 今年はこれで何度目でしょうか。 役所の書類は、郵送でも受け取れるのですが、時間がかかるのが難点。 急ぎの場合が多いのです。

 いままで区役所へ行くのは決まって月曜日だったので、身障者の作業所の販売コーナーがあったのですが、木曜日は無い。と思ったら、ありました。 でもすごく短時間で、帰りにはもう終了していました。2時半頃。 コピーの待ち時間に買っておいたのは正解でした。ちょうど欲しかった印鑑入れを見つけたのです。 外付けの超可愛いサイズの印肉まで付いて、たったの400円。 
 
写真が撮れてないのですが、明日時間があれば・・・

| | コメント (0)

幼稚園にも家庭訪問が

 初めて知ったのですが、幼稚園でも家庭訪問があるのですね。 小学校だけかと思っていました。 ん? 中学校は? 記憶にない。中学校は保護者面談とか進学時期には三者面談というのがありますが。

 どうやらヒロ君は先生受けが宜しいようです。自分のことだけでなく、お友達のお手伝いまでしてあげるしっかりした、優しい幼児だという評価を頂いたとか。 ママさん譲りなのでしょうか。 小学時代から先生に頼られるようなしっかりした少女でしたから。 そこのところは、母である私とは大違い。
 
我が家の二人は新年度が始まっても大した変化はないのですが、世間さまではいろいろあるみたい。 変化といえば、公民館のサークルメンバーの入れ替わりがありました。 卒業された方あり、新メンバーあり。 新人が来られると、私の指導内容と方法が少し変わります。相手次第ですものね。 新鮮な気持ちにさせられます。 ルンルン

| | コメント (0)

入園式のヒロ君

123名全員の名前を読み上げてくれる入園式だったそうですから、結構時間がかかったことDcim1703 でしょう。 その結果がこの写真。退屈しちゃいましたね。

Dcim1712  翌日は元気に幼稚園生活を始めたとのことで、ひと安心。
 優しい先生に見守られて、楽しく過ごせそう。良かったね。
 私の幼稚園生活は散々だったみたいですから。 予防注射が怖くて逃げ帰ったり、参観日にお友達を泣かせてしまったり、遊具から落ちて鼻血をだしたり・・・とにかくお転婆さんだったようです。
 唯一の良い思いでは、お弁当をストーブで温めてくれたことかな。ヒロ君はしばらく短縮保育で、お弁当無しなので、お弁当が食べた~い、と言っているとか。
 月曜日にコストコへ行ったのですが、珍しく冷凍ブルーベリーがありませんでした。生は最安値の3倍なので、手が出ません。 代用品として、乾燥のを購入してきましたが、気に入らないのか、業務スーパーへ冷凍を探しに行く予定。 イオンのカルディにも冷凍はありますよ~。それはそうと、カスピ海ヨーグルトは我が家では普通の状態では作るのが難しいようです。 一日中日当たりの良い場所が無い。 仕方が無いので、保温できる方法を模索してみましょう。 小さい容器で作るなら、温泉卵を作る容器に入れられそう。

| | コメント (0)

桜の花びらジュータン

Nec_0479  毎日出かける度に、あちこちで満開の桜を満喫しているのですが、本日は雨のためか花びら絨毯になっています。 写真は長滝駅前。 コストコから戻る途中、信号待ちの間に窓を開けて撮りました。 携帯カメラは手振れもせずオートなので、機械音痴にはありがたい。

 今年は京都の東寺の見事な枝垂れ桜を数回TVで放映していました。 京都の桜がひときわ見事なのは、桜守さんたちの日々努力のおかげだとのことです。 結構桜は病気になったりするらしく、時々根元からばっさり切り倒されてびっくりさせられます。
 同じくTV番組で知ったのですが、「桜を切る馬鹿、梅を切らぬ馬鹿」という言葉があるらしい。 確かに梅は剪定をしてありますが、桜は・・・
 大阪では今週はまだ造幣局の通り抜けがあるくらいですから、桜は楽しめそう。 子供達が小さい頃に行きましたね。 300種類くらいの桜があるのでしたっけ?
 我が家がやっと冬物を片付けたかと思うと、寒さがぶり返すようです。ついでにここ数年着ていないものを袋詰めに。 庭の球根からニョッキと伸びてくる芽に勇気づけられて、どんどん整理しますよ~。

| | コメント (0)

二人の花見

Dcim1683 京都も桜満開。 立派な桜の大木です。 ヒロ君は、反抗期満開みたいで、Dcim1688 写真に撮られるのが嫌になったようで、後ろ姿なら良いとか。 もう一枚は、プラレールを撮ってとの注文。 何でしょう?

 ンフフフな時期ですね。次に会えるのは、ゴールデンウィーク明けくらいかな。母と息子の二人の花見で、話題の自撮り棒は持っていないので、二人の写真は撮れていない。

 昨日半日かけて縫い上げたロングベストをお披露目してきました。 羽織の裏地を前身ごろに使ったので、薄くて柔らかく着心地満点。 少し長めなので、裾を織り込んで少し短くしても良いかもしれません。 襟ぐりが広くなりすぎたので、襟をもっと幅広にしてもし。 そんなに手直しするより、次の素材を探して改善して縫うほうが良い?

 今作りたいものがいっぱい。 これからだんだんと暖かくなるので、着物を解かずに裏布をつけたままでリホームすることはできない。 冬服になるので。 裏地を外して単衣として作り変えれば、袖を短くしたり、袖なしにすれば真夏以外は着ることが可能。 去年時間切れで挑戦できなかった、浴衣のリホームの季節到来。 作り方はコピーしてあります。

 

| | コメント (0)

羽織からロングベスト

Nec_0476  羽織の袖からロングベストを作ってみました。 型紙無しで自由に作るので、ぼんやり描いていたベストより長目で、襟ぐりもかなり広いものが出来上がりました。 長い物は短くすることはいつでも可能です。

 羽織の袖裏をベストの前身頃に、袖表を後ろ身頃にしてみました。 袖口布を襟にしたので、全く無駄なし。
 
 直線縫いがほとんど。 ところが何をどう勘違いしたものか、袖口まで縫い付けてしまい、ここで1つ目の失敗。 二つ目の失敗は、襟つけ。 最後に表に手縫いでくけるようにしなくてはいけないのに、逆にしていました。襟つけで失敗し、ほどくこと二回。 結構時間がかかったのですが、ミシンのおかげで一日で仕上がりました。同じベストをもう一度縫うと、失敗なくできそう。
 
 
 
 そのうちデニムの夏用エプロンを作るつもりなので、厚地用のミシン糸も購入してあります。これでミシン糸は、普通布用と薄地用絹糸とぶ厚い物用の三種類が揃いました。 ハワイアNec_0477 ンキルトをするための、キルト糸も準備。
 
 5月末から採点仕事が入るので、それまではいろいろと楽しめそう。そうそう、上のロングベストが完成しなければ、着ようと思っていたのは右の写真の短めベスト。 背景とハンガーが邪魔をして、よく分からない写真になってしまいましたが、留袖からのリホーム。 前身頃が派手派手なので、後ろ身頃は黒。

| | コメント (0)

ヨーヨーキルトでアップリケ

 ブラウスの寸法直しを三枚続けてした後、道行コートからスカートを作り、調子に乗って今度は、汚れが落ちなくなってしまった(シミ?)ブラウスの再生に挑戦。 まだアップリケには自信がないので、ヨーヨーキルトを作って縫い付けることにしました。ハワイアンキルトの準備?

 小さなヨーヨーキルトはあまり作ったことがなく、どのくらいの型紙の円からどのくらいのキルトが出来るのかが分からず適当に始めたのですが、小さくすると結構難しく四苦八苦。 布を切るための型紙は作ったものの、仕上がりサイズの型紙を作っていなかったので、布を縫って絞るときには、型無し。 これが難しかった原因。 結局16個作ったのですが、皆形が違う。
Nec_0475  形をごまかすために、円形の真ん中に白ビーズを縫い付けてみましたが、これが素敵な効果に。 で、汚れた部分だけでは取ってつけたようになるので、反対側の身頃にも少し縫い付けておきました。
 
 結局、ヨーヨーキルト作りとビーズ手芸(ペンちゃんから貰ったフィリピン製ビーズ)とステンシルのデザイン力(コアラ先生には笑われそう)を駆使して出来上がったのが写真のブラウスで~す。ンフフフ
  さて、明日は日曜日に着て行けるように、羽織からベストを作ってみましょう。 解いておいたので、明朝洗ってすぐにアイロンかけをしてから裁断と縫製。 できるかな? もし出来なければ、以前作っておいた、留袖から作ったベストを着て行きましょう。 長く飾っておいたのですが、まだ着たことがない。 寒さがぶり返すと行っていたので、さてどんなコーディネートができるかな。

| | コメント (0)

娘もミシンデビュー

Dcim1680  孫のヒロ君が幼稚園に通うようになるので、袋物を数種類用意しないといけないので、大好きな新幹線柄の布地と紐などを大阪で買って帰ったのですが、ミシンを使ったことがなかったので、えらく苦労したようです。 母も去年、再デビューしたばかりです。ンフフフ

 ちょっと面白い表情の写真。 一目見たときから婿殿の父君にそっくりと思っていましたが、この感じは母君に似ているかも。 娘の血は一滴も見当たりません。 でも友人からは、口から下が似ていると慰めてくれているらしい。口から下って? 首?
 その代わりと言ってはなんですが、息子の娘(ナオちゃん)は、子供の頃の彼女にそっくりなのです。
 この表情は、三歳児の反抗期の証拠かもしれません。 オホホホ 将来が楽しみ。
 明日からフィリピンではホーリー・ウィーク(南米ではセマナ・サンタ)なので、お休みだそうです。 4月5日は復活祭ですから、その前後一週間に当るのでしょう。 キリスト教徒の国ではね。 日本では何に当るのでしょうか? 宗教的ではないけれど、ゴールデンウィーク?

| | コメント (0)

道行コートからスカート

ご近所では早い桜は満開。 遅い木の蕾は膨らんでもいない。 差が大きいようです。種類が違うのでしょうか。 公民館への行き帰りには、この時期は至るところで花見ができますが、特に体育館横の池の側とか、最寄り駅手前の線路沿いでは本数が多いので、見事です。 日本が一番きれいな時期かもしれません。

 
 昨日から道行コートからスカートを作っています。二着同時進行。 本来は表地と裏地は別々に縫うのですが、時間と手間を省くために、裏地と一緒に縫ったりするので、特に絹の着物は手縫いでも針が通りにくく指が痛くなるのですが、ミシンもやはり悲鳴をあげています。 上糸調整がうまくできない上に、下糸をボビンケースに巻くのに失敗。 手では直せないので、別のボビンケースに再度巻きとったりと、いろいろ勉強になります。 失敗をするたびに、アハ体験ができます。面白い。
 アハ体験といえば、このブログ記入の文字入力は、アルファベットで日本語を打っているので、およそひらがな入力の倍以上指を動かしているのですが、そのキーボードの配列が不便だとは考えたことがなかった。 実はこれ、英文タイプライター用の配列だと知りました。 PCと違って、タイプライターはカタカタ、パタパタと文字を打つつけるものなので、左右交互に打てるような配列にしたとか。 だから変なところによく使うEがあったり、句読点が打ちにくい右端にあったり・・・もっと打ちやすいキーボード配列があるそうです。 でも今更別のものを覚える気にはなりません。

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »