« 洋裁の型紙パターンに挑戦? | トップページ | ガウディ風のトカゲを染めましょうか »

プチ断舎利?

 長年つかっているプラスティック容器がべたついてきたのですが、いくら洗っても取れない。 何かの成分が沁み出てきているのでしょうか。 だんだん気になってきたので、30数年来使用している物を処分することにしました。 同じ年に購入したものでも、素材が違うものはなんとも無い。 その年にはその容器の販売員をしたことがあるので、おそらく定価購入していれば、10万円分くらいはあるはず。 その後、ガラス容器やら電子レンジ対応の透明な容器やらを購入しているので、台所はプラスティック容器が溢れています。 仕事の切れ間にプチ断舎利?

 捨てたくは無いけれど、溢れる物をそのままに整理整頓は不可能。 捨てる物と捨てない物をしっかり分類していこう。 去年今年と姑と両親を亡くして、次は自分の番を想定しなくちゃね。 その次というのが問題。 明日なのか数十年後なのか? 順当に行けば両親を基準にして、それまでを目標に生き、その後は無限ということにしましょう。

 我が家には骨董品は一つもないけれど、日常品の古い物は壊れない限り使うので、30年物はざらにある。 一番古いのは、プラスティック?製のコップ立て。 樟葉に引っ越した時に、近くの市場で購入したものを今でも使用。

 洋服はサイズが合わないので古い物は使えない。もちろんサイズ直しやリフォームは挑戦することはありますが。着物は、ベネズエラに持参した物以外はほとんど使っていないので、縫った時のしつけ糸がかかったままのものが多い。 着物の耐用年数は長く、3世代くらいは使えるものらしいのですが、今年は自分でリフォームに取り掛かろうかと思っています。 派手な着物は何にしましょう。 洋服じゃなく、小物に使えるかな? 3月から開始。ルンルン 

 

 

 

 

|

« 洋裁の型紙パターンに挑戦? | トップページ | ガウディ風のトカゲを染めましょうか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洋裁の型紙パターンに挑戦? | トップページ | ガウディ風のトカゲを染めましょうか »