« 犯人は猫でした | トップページ | ルッコラ栽培継続中 »

ニットのロングスカートの完成

 写真を撮っていないのですが、金曜日に雑巾6枚とニットのロングスカートを一枚作りました。 案外雑巾作りが難しいことを知りました。今まで作っていた雑巾は、古タオルの布端を切り取って、袋縫いにして四隅を縫ってから、適当に数本布本体をミシンで走っただけ。タオルを半分に折って作った雑巾でした。

 今回は、古バスタオルを12等分して、二枚づつ縫い合わせて小さな雑巾を作りました。 雑巾本体をミシンで走ってから、四隅を切りそろえて、端ミシンをかけるという方法で。 最初、同じ方向から縫って布が伸びないようにしてみたのですが、具合は良いのですが糸に無駄がでるので、少々の伸びや攣れに目をつぶって・・・雑巾も結構難しい。

 

 雑巾作りで疲れてしまって、ロングスカート作りは予定変更して簡単なデザインに。 ニットの四隅に端ミシンをかけてから、脇縫いから裾の二つ折り(三つ折りにするとぶ厚くなるので)とウエスとゴム入れ部分作り。  こちらの方が雑巾作りより簡単でした。 型紙不要で鋏を使う部分がなかったので。

 ニットの縫い方は、コアラ先生に教わったことを思い出しつつ、ミシン縫いの時には布送りの手に集中。 決して引っ張らず、ゆったり送って縫い進めると伸びずにうまく縫えました。 直線縫いで作業をしたのですが、もっと薄いニットならニット用の縫い方に変更する方がいいかもしれません。 いろいろな縫い方ができる賢いミシンなのですが、今のところほんの一部しか使っていません。直線縫いと端ミシンかけだけ? 前進も反し縫いもボタン一つなので、慣れるまでは不安でしたが、今はパニックにならなければ問題無し。

|

« 犯人は猫でした | トップページ | ルッコラ栽培継続中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 犯人は猫でした | トップページ | ルッコラ栽培継続中 »