« クマのキーカバー | トップページ | 寸でのところで »

干し野菜の次は乾物料理に挑戦

 安納芋を干した後は、大根を千切りにして干している途中。 一時間程度で日が暮れ始めたので室内に取り込んでおいたのですが、翌日は朝から雨。 残念。

 干し大根、つまり切干大根の調理は、ほとんどヒジキと同じ。 どちらも普通は水洗いしてから水に浸して戻してから調理するのですが、図書館で借りてきた本の『戻さずそのままフライパンで温めて5分間放置するだけ』というめんどくさがりの私にピッタリのレシピを発見。

 出しも取らないものが多く、フライパンで5分放置した切り干し大根あるいはヒジキそのまま、あるいはひたひたの水と油揚げとかニンジンとか好きな食材を千切りにして一緒に煮て、少々の醤油で味付けし、最後に削り節を5g一袋を振り掛ければ完成。 乾物料理が苦手な私でもできそうと、さっそく大根の切干を作りにかかった次第。 まだ数日は完成しないでしょうから、ヒジキを購入。 油揚げは冷凍庫にありますからいつでも作れます。

 ヒジキと同時に干しエビも購入したのですが、こちらは何に使うつもりだったのか? どの本のレシピに載っていたのかが問題です。

|

« クマのキーカバー | トップページ | 寸でのところで »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クマのキーカバー | トップページ | 寸でのところで »