« 三ヶ月ぶりの里帰り | トップページ | ラッキー君受難の日々 »

エライコッチャの巻

 公民館で指導を始めて20年くらいになるかと思うのですが、指導日をすっかり失念していました。 電話を頂いてすぐに駆けつけたので15分程度の遅れで開始することができたのが救いです。 家人の協力のおかげ。感謝。

 さて気を取り直して、本日生徒さんから頂いたシソを天婦羅に。 珍しいシソの穂も混じっていたので、エビフライやかき揚げ(三つ葉とさつま芋と玉ねぎ)と一緒に揚げました。 どうやら夫婦二人の所帯では、天婦羅は買うもののようですが、我が家はもちろん揚げた天婦羅も買うことがありますが、自宅で冷蔵庫にあるものを適当に揚げるのが好き。 そういえば、樟葉に住んでいた頃は、ご近所さんから「これを揚げて」と頼まれたことも一回や二回ではなかった。 終いには、魚の骨を持って来て、「骨せんべいにして」。 何でも挙げましたねえ。

 私の天婦羅は、衣が薄い。市販品はあまりにも天婦羅衣がぶ厚い。特にかき揚げのぶ厚さと硬さに逆感動。 ぶ厚いのは、かき揚げ器を使用しているので仕方がない。 かき揚げでも衣は薄くてパリパリが良い。 サツマイモの天婦羅は特に素揚げに近いくらいのが好き。 小麦粉と卵と水だけで衣を作るのですが、シャバシャバが良い。 そのせいか調理の済んだ鍋には、あげ玉がいっぱいできている。 いつも残しておいてうどんに入れれば天婦羅うどん?などと妄想。(実行したこと無し)

 スペイン語のPC用の辞書をネット購入してもらったのですが、開けない。 理由は、素材だけで運用するソフトが付いていないという。 運用ソフトは今持っている英語のPC辞書のを使えるのだと息子から教えてもらいました。 ところがそれを実行する時間が無い。二人とも仕事の納期が迫っているし、お彼岸で親戚からお参りに来てくれたり、娘一家が寄ってくれたりと先客万来。 しかしPCというのは難しい。 もし息子のアドバイスをあてにできないのなら、とうの昔にギブアップしていることでしょう。 

|

« 三ヶ月ぶりの里帰り | トップページ | ラッキー君受難の日々 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三ヶ月ぶりの里帰り | トップページ | ラッキー君受難の日々 »