« 素敵な物は残して | トップページ | 詰め放題は苦手 »

バジルの種

 落ち着かない日々なのですが、せめて小物で癒しを!とバジルの栽培キットを購入しておいたのですが、やっぱり説明書を読んで植えつけるという一手間が面倒。 そこで家人登場。 メガネを外して読んでくれました。 一晩水につけた種を植え付けると発芽率が高くなるらしい。 芽が出るまでは直射日光を避ける。 小鉢に土を入れる順番などもある。たっぷりの水やりのあと窓際へ。

 どうやら鉢の下から水が溢れたらしく台拭きがボトボトになっていました。上から水を入れるとしばらくすると下から出てくる。受け皿の許容量以上だった様子。 お疲れさまです。
 さて芽が出るのはいつなのでしょう。 おそらく数日で出てくるはずなのですが、ダメなときのために予備に半分量(3個)の種を残しておくようにとの指示が書かれています。 とっても小さな鉢なのですが、種の少なさにいまさらながらびっくりしていました。 ベランダでずっと植えられるのなら大きな鉢にたくさんの種を蒔けるのですがねえ。
 そうそう、木の芽をたくさん頂いたので今回は筍の木の芽和えをしようと少々の筍購入。 ついでにえんどう豆も手に入れたので、珍しく季節物が食卓に並びそう。 これからは旬のものを楽しむというゆとりを持った生活をしましょうか。 我が家の旬ものは唯一、スダチだけ。
初めての木の芽和え:
 茹で筍 100gに対して、木の芽40枚と白味噌大さじ2と酒・味醂・砂糖各小さじ1をよくすりつぶして混ぜ合わせてから筍を和える。 火を使わずに完成させる方法をネット検索してみました。 月曜日に作ってみましょう。

|

« 素敵な物は残して | トップページ | 詰め放題は苦手 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素敵な物は残して | トップページ | 詰め放題は苦手 »