« 名古屋まで | トップページ | リフォーム開始 »

ひ孫たちが賑やかに供養中

四十九日の法要での微笑ましい様子を見てください。これは仏間の義母のお骨を納めている祭壇の前でひ孫4人が遊んでいる図。 一番小さいヒロ君は、ちゃんとチンを叩いて手を合わせて、なむなむ。 良く出来ました。 亡き義母もきっと喜んでくれていることでしょう。

 本日(四十九日から3日目)、この祭壇を引き取りに葬儀屋さんが来てくれました。 遺品供養のパッキングはまだできていないので、引越しが済んで落ち着いてから、義母が使用していたものを供養してもらいましょう。 
 優しいペンちゃんが義母の使っていた食器類を引き取ってくれると言っているのですが、なんと大きな衣装ケースに2個分(むき出しで入れただけ)。 さすがにため息をついております。 フィリピンに送るのは無理~! 半分以上は諦めてください。遺品は食器だけではありませんからね。 4月とはいえ暑い国から到着したばかりなので寒いので、義母の残した毛皮のマフラーをして過ごしています。オーバー?
Dcim0670_2
Dcim0675

|

« 名古屋まで | トップページ | リフォーム開始 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名古屋まで | トップページ | リフォーム開始 »