« 情報は金なり | トップページ | ラッキー君は工事監督? »

シルバーセンターさんに感謝

 さくさくとゴミの山を片付けて先が見えて来たかと思いきや、一難さってまた一難。 PCのオフィスが開けなくなった! と電話サポートを順番待ちすることになってしまいました。 30分くらい待った後やっと繋がった様子。エライコッチャ。

 我が家ではこういう場合は「マーフィーの法則だあ~」と笑い飛ばすのですが、日本的には泣きっ面に蜂。 アララ、繋がったのは担当外ということでさらに待つことになっています。
 「私待つは~ いつまでも待つは~」 二人でイラついても仕方がないので・・
 
やっと解決できるまでに2時間半。その大半は待ち時間。OSが完全にダメになっていたのですが、電話での案内通りに進めて何とか解決できました。感謝。
 
本日は、午後大阪ガスの機器点検(お婆ちゃんが何かの線と間違ってプラグを差し替えていて、誤作動連絡が行っていたのです)に係り員がこられました。ちなみにお婆ちゃん(姑)は入院しても点滴や酸素マスクを外す常習犯でした
同じ時刻にシルバーセンターから、ゴミ搬送経費の見積もりに2名。 優しく説明をして頂いたのでよく分かりました。
 
 シルバーセンターさんの今回のお仕事は、個人宅から処理場まで物品を運ぶということ。 箪笥類だけではなく、大抵のものは運んでもらえるのですが、リサイクル券が必要なものは有料。たとえば洗濯機だと別途2000円必要だそうです。冷蔵庫はまだ新しいのですが、我々の生活には小さ過ぎるので処分。
 
 経費計算式は、5名でトラックに積み込む時間(8時~4時を一日と換算)と物品1キロあたり10円。 へたをすると一日では済まない可能性もあるらしい。いかに物が多いことか。 基本的に全ての家具類を捨てないことには、我が家の使用中のを運び込むことは難しい。 ただ残せる限りは残してあげたいという気があって、四苦八苦。
 
 この後、午後数時間を台所の鍋釜類の片付けで過ごしました。家の外にも以前から出してあったものも不燃ごみ用袋に入れ替えたので、合計5袋の完成。一ヶ月に処理できる限度です。 もちろんシルバーセンターさんが来られたときに一緒に捨ててもらうことも可能ですが、それまで家が片付かないので、捨てられる範囲で何とかしたいと思っています。
 
 49日(満中陰)の法要には娘一家が来るし、息子一家もフィリピンから来るので、何とか泊まれるスペースを確保しておきたい。
 

|

« 情報は金なり | トップページ | ラッキー君は工事監督? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 情報は金なり | トップページ | ラッキー君は工事監督? »