« 首から編むベストに夢中 | トップページ | もう少しでルンルン気分に »

寒いときにはジンジャーティー

 料理のカテゴリーに入るほどのものではないけれど、おろし生姜を冷凍してあるので、蜂蜜と熱湯だけでジャンジャーティーにしてみました。 でも最後の方になると、おろした生姜のカスが口に残るので、次回は漉してから飲むことにしましょう。

 熱湯だけで作るのより、紅茶に生姜を入れるほうがマイルド。 とにかく口に含んだ瞬間から、温まる~、というくらい口の中がピリピリ。 
 以前紹介したアフリカ流ジンジャーティーは、ミルクティーに生姜を入れるものでした。やっぱりあれが一番美味しいので、再度紹介しておきます。
 
 やかんにお湯を沸かし、その中にティーバッグ(もちろん紅茶葉がベター)と砂糖とざく切りにした生姜、さらに牛乳を入れ、沸騰する前に火から下ろせば完成。 とても甘くて美味しい紅茶です。
 
 ベネズエラでは、紅茶を飲んでいる人を見かけなかったのですが、コーヒーの産地だから?
カラカスのカフェでは、小さなデミグラスカップに熱いコーヒーを少々、その中にたっぷりの砂糖とミルクを入れて、短いストローを入れて出してくれるので、最初はビックリ。
 
 ストローがついていると、つい吸い込むことを連想。 火傷しそう、と。 いえいえ、かき混ぜるためだけについているのでした。
 
 日本じゃ最近、持ち運び用のためだけではなく、ファーストフード店ではホットコーヒー用のプラスティックカップに蓋をつけてくれます。 大の大人が赤ちゃんみたいに、哺乳瓶みたいにチューチュー吸っている光景には、最初はとっても違和感がありました。 でも動く車内とか歩きながらとか飲むのには確かに安全で便利。 
 
 でもコーヒーくらいゆったりと素敵なカップから飲みたいものですねえ。

|

« 首から編むベストに夢中 | トップページ | もう少しでルンルン気分に »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首から編むベストに夢中 | トップページ | もう少しでルンルン気分に »