« 豆アジで南蛮漬け | トップページ | 新しいPCは誰のものになるのかな? »

iPadとPCの違い

機会音痴は一生改善されることはないとは思うのですが、連れ合いや息子のおかげで少しずつ機械を使うことには慣れてきているかも。でもいまだにわたしがPCに触ると壊れそうで怖い。そして今回のように2台も壊れると私のせい?と思わないでもない。決して蹴飛ばしたりぶん投げたりはしていないが。
自分からは決して買うことがなかったはずのiPad。フィリピン土産として持ってきてくれたのですが、数年前に同じようにあちらから持ってきてきてくれたタブレットとは大違い。それは感圧式だったので、反応が遅くて使いにくさがちょっとストレスだったのです。このiPadは静電気を利用しているらしいのですが、すごく対応が早い。早い上に、携帯電話で文字を打つと選択肢が出てくるのと同じようにキーボードの上に表れる。よく使う言葉だと打っている途中から選択肢が出ている。
今打っているブログ更新画面はかなり字が小さく見えていたのですが、ふと試しに2本指で画面を広げて見ると、大きくなりました。マウスが無いので、画面上ですべての操作ができるのは便利なのか? それとも不便なのか?
コピーペースト方法は教えてもらったのですが、できる時とできないときがある。よく分かっていないから。指で画面を長押しすると、マウスの右クリックと同じようにせんたくしが現れ、コピーを選択し、貼り付けたいところで軽くポン(タップ)とすると貼り付け完了。
イー・モバイルを携帯すれば殆どどこでもインターネット接続可能。ショッピングセンターの中などはちょっと難しいみたい。どんな小さなものでもPCを持ち運ぶのはちょっと面倒ですからね。その点
iPadはあまり気を使わずに持ち運びができます。普通のバッグで大丈夫。さらにバッテリーは10時間の使用に対応。 でもやっぱりPCが無いと、iPadの充電にもメモリー に入れるのにも困ってしまう。もちろんそれ専用の器具はあるらしい。
iPadとPCのどちらかではなく、私には両方必要だと思うようになりました。
特にiPadの方は、公民館レッスン中に、聞き取り練習に使うだけではなく、辞書が短時間で引けるのも便利だし、ちょっとネット検索したい時でも気楽。
そうそう予備校の英訳添削時には、大きな答案用紙なので、小さなタンスデスクの上で邪魔にならないサイズで見やすいのが一番嬉しい。タンスデスクと反対側にあるPCをつけっぱなしにして、調べる時のはいちいち椅子を移動させたり、立ち上がったり...
タブレットを今回のiPadと同じように使えるようにと、キーボードを付けてくれたりしたのですが、デスクの上が狭くて。
新しいものは実際に使って見ないと、どんなに便利なのかは分からないものです。感謝。

|

« 豆アジで南蛮漬け | トップページ | 新しいPCは誰のものになるのかな? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豆アジで南蛮漬け | トップページ | 新しいPCは誰のものになるのかな? »