« ハリハリ鍋は厚揚げで | トップページ | 老後は常夏の物価の安い国で »

切らない着物リメイクで頭の体操

最近よく目を通しているのが、「いきいき」とか「毎日が発見」とか「ゆうゆう」。 中高年向け月刊誌です。 生徒さんから借りています。 それはちょっと頭の体操になる着物のリメイクのアイデアが少しづつ掲載されていたり、すぐ完成させられそうな手芸品の紹介があるからです。 空いた時間で、ちゃちゃっと1~2日程度で出来るとやってみようかと思えます。 

目からウロコがポロリと落ちるようなアイデアに出くわすと嬉しい! 今回は、片袖全部を使った手提げ袋を見つけて、ぜひ形に合う着物柄を探したいなと思いました。まだ自分の着物を切るのは辛い。 今準備しているリメイク用の着物や羽織で合うかな? と思案中。

なんとたったの1時間でできる手提げバッグ。 材料は、着物か羽織の片方の袖だけ。つまり取っ手無しで、腕に通して使うということ。 着物を切らずにほどくだけ。

 片方の袖底に、同じように丸みを持たせるために底の隅を縫うのが面白いのと、袖山の部分を真ん中から対象になるように折り畳み、半返し縫いで留めておくだけで完成。

そうそう、袖口から下の部分と反対側の片方も同じ長さになるように、縫っておくと、中に入れた物が落っこちない。Cocolog_oekaki_2013_02_06_11_19

|

« ハリハリ鍋は厚揚げで | トップページ | 老後は常夏の物価の安い国で »

パソコンお絵かき帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハリハリ鍋は厚揚げで | トップページ | 老後は常夏の物価の安い国で »