« 今月のテーマはイチゴ | トップページ | 目に入れても痛くない? »

イチゴのストールの完成です

Photo パソで計画していたイチゴのストールが完成です。でもストールの端全部にハンコを押すことができず、イチゴを染めた付近だけとなりました。 やっぱり時間がかかります。 1時半から4時までなのですが、イチゴと葉を2セット染め、ハンコを押したらもうお終い。道具の片付け(ステンシル型の絵具落としも含め)と次のデザインを選択するのにも時間がかかりますから。

 ハンコ押しも結構気を遣います。 一度ペイントを塗ったら一回だけしか押せませんから、ペッタン、ペッタンと勢いよく押せると良かったのですが、そうは行きません。

 次は桜をお願いしておきました。型はコアラ先生が抜いてくれますので、私は楽。でも自分で抜かないので、レッスン日にお初にお目にかかります。今度の桜は多分、大小、サイズいろいろの花をどう配置するのかを決めておきましょう。 見本では、一本の木に咲いているふうではなかったみたい。

 明日から採点仕事で10日ほど忙しくなります。暇より忙しい方が元気ができます。

頑張って再度パソで、完成した『イチゴ』の構図を再現してみました。 色使いは最上部のように赤・茶・緑の3種類とメディウム(伸びを加えて色も薄めにさせます)。あまりたくさんの色は使いません。混ぜると結構な種類の色調に変化できるし、その方が自然に見えるそうです。友禅染めは綺麗な色をはっきりくっきり使うのですが、それとは傾向が異なり面白い。

 そういえば、このストールのテーマは展示会用だったので、展示が済むまで使えません。アイロンをかけて大切に保管しておかなくちゃ。エライコッチャです。今年初の取り組みで、他の生徒さん達数名が同じ型を使って染める予定。 

 展示会等で同じ絵とか人形がいっぱいあってびっくりしたのですが・・・習い事ってこういうことなのですよねえ。習うは真似るから由来。

 母は他人様から教わるのが好きではないので、習字も俳画も独学。でも俳句だけは結社に入ってるんだけど、真似ではない。俳句は習い事ではなく芸術だから。

最近気に入っている「音読したい英語名言300選」から

 『独創性とは、聞いたことは覚えているが、それをどこで聞いたのかを忘れる高級な技術である 』 ローレンス・J・ピーター

 'Originality is the fine art of remembering what you hear but forgetting where you heard it. '

    Laurence J. Peter

Cocolog_oekaki_2013_02_13_09_50

|

« 今月のテーマはイチゴ | トップページ | 目に入れても痛くない? »

パソコンお絵かき帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月のテーマはイチゴ | トップページ | 目に入れても痛くない? »