« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

まだまだ寝顔は赤ちゃん

20130225_163209 1歳を越えてすっかり自我が芽生えて大声で訴えられるようになった様子です。 雪国なのによく動くのか身体が締まってきたし、しっかりした顔つきになってきていますが、寝顔はまだまだ赤ちゃんぽい。お話ができるようになるのはもうすぐかな?

 名前を呼ぶと「は~い」と返事ができるようになり、「ママは?」というと指差しをすることもできるとか。日進月歩。日一日と賢くなっていくのが楽しみ。 

 ところで新聞記事のアイデアから、干し大根を冷凍しておいたのですが、市販のキムチの素に調味料をちょっと足して、あまり辛くない我が家流キムチを作ろうと、塩漬け中。数時間つけたら水で洗って絞り、キムチの素に砂糖と生姜を加えて和えれば完成。今回は大根だけなので、生姜の千切りは止めてチューブにします。ネギと人参も無し。白菜キムチの時に。

 木曜日は生協配達日なのですが、今週は帰宅後すぐ食べられるお寿司もおかずも注文してなかったので、昼は、公民館帰りにラ・ムーでおかず(金平牛蒡と揚げ物)を少し購入。 他に何か不足しているものはないかと調味料の棚を物色していると、最近ずっと探していたワサビドレッシングを発見。 でも先週やっと生協で見つけて注文したはずと記憶していたので、値段だけチェック。 同じサイズで15%以上安い! 次回はここで買いましょう。

 どうしてこんなに安いのかと思うくらい安いスーパーや100均があちこちに。これがデフレ。でももうすぐ値上がりするかも。アベノミクスとやらで。さてさて、給料が上がる可能性の無い我々熟年(老年?)には辛い時期が到来? でもちょうど私達が結婚した頃は、金利7%などと言う嬉しい時代がありました。自分に預金がなくても将来に夢がありましたねえ。

| | コメント (0)

焼き鳥丼ともやしカレー和え

最近ちょっと既製の調味料を使いこなす方法を研究中。 本日は焼き鳥のタレで焼き鳥丼を作ってみましたが、大成功。これは何で味付けしたのと尋ねられたということはまずくはなかったのでしょう。まずいはず無し。 ただ、コストコで買った冷凍チキンを解凍する際に塩麹少々をまぶした後、身を出来る範囲で薄くそぎ切りにしました。それをフライパンで少量の油を入れて焼き、焦げ目が少しつけてから焼き鳥のタレをからめただけ。タレごとご飯にかけて焼き鳥丼。 研究もなにもありませんが。

 昨晩は、同じ塩麹漬けにしておいたチキン一枚を半分にそぎ、さらにそれを半分に切り目を入れ、間に大葉を挟んでフライに揚げました。つまり一枚の胸肉を二人分にしたということ。最近フライにする手順を一つ省き、小麦粉と卵と水を混ぜ合わせた液に鶏肉を浸してから、パン粉をまぶして揚げるという2ステップ方式に変えました。これはフライパイキングで覚えたもの。

 モヤシは少し日がたってしまったので、焼きソバにするチャンスもなく、仕方なく電子レンジでチンしてから水にさらし、白出しをかけてしばらく置いてから、食べるラー油をトッピングしたものを一日目に。次の日は、白出しをかけたものを冷蔵しておいたので、その上にクミンシードとガラムマサラで和えてみました。これはあまり好評でなく、カレーパウダーか調理用カレーミックスを使う方が良かったと反省。 次回挑戦してみましょう。

 市販の調味料はとっても美味しいので、そのまま使うだけでなくいろいろアレンジして活用する価値あり。 今月はすき焼の割り下を数回アレンジしてみました。いつも決まったものを作るより、変化させるのも頭の体操になりそう。

| | コメント (0)

干し大根と葉を調理

大根が苦手な家人に何とか食べてもらおうと、皮つきのまま斜めに一口大に切った大根を干し、カサが半分くらいになりました。土曜日昼から火曜日の朝までですから、丸3日間。同時に干した葉はカサカサになってしまいましたが、水で戻して小口切りに。

 大根と葉は別々に調理。 大根は水洗いしてから(マンションの2階なので)少し水煮してから、パプリカと人参と一緒に酢豚風に炒めてみました。すき焼の割り下に酢と酒を加えて、後で片栗粉を投入。酢っぱいものが苦手なので、酢は少なめに。後で、もっと入れてほしかったと言われてしまいました。 何しろ大根の煮物の味も香りもダメな人ですから、徹底的に誤魔化してほしかったらしい。それなら次回は玉ねぎを入れましょう。 二人分には量が多すぎるので、今回は入れなかったのです。

 葉は小口切りに刻み、ごま油で炒めてから、同じくすき焼の割り下+食べるラー油+酒+水を投入し、水分がなくなるまでじっくり煮ておきました。これが結構美味しい。ご飯の共になります。2本分の葉っぱがほんの少々になりました。

 コストコで買った割り下ですが、すき焼に使ったら我が家には濃過ぎる、と言われ、他の調理に使うことにしたという次第。すき焼は割り下を使わず、酒・砂糖・濃い口醤油で味をつけるのが好みです。

 干し大根は次にどうしましょう。数日前に書いた通り、予定ではキムチにしたいと思っていますが、辛くしすぎないように注意。 キムチは家人の好物ですが、前回白菜で漬けたときは、中国産の唐辛子パウダーを使用して辛すぎたので、韓国のキムチ用唐辛子パウダーを探しておきました。これで美味しい辛すぎないキムチ(カクテキ?)ができるはず。

韓国南部出身の方のレシピなので、キムチとしては甘いほうらしいです。もちろん辛さも程よい程度に辛い。主観的表現ですが。彼女にキムチのタレ作りを教わったときにはビック地。砂糖を使ったり、ニンニクと唐辛子パウダーだけでなくネギと生姜と醤油を揉み込んでタレを作り、それを塩漬けした白菜を充分絞ってから合えるのですから。そりゃもう、手が真っ赤に。

サーディン缶を使ってタレから作ればいいのですが、買い置きが無いので、とりあえずキムチの素に砂糖・醤油・唐辛子パウダーを追加して作ってみましょう。干し大根は水にしばらく漬けておいてから、数時間塩漬けにしてみます。多分、生より早いはず。

 干し野菜の良い所は、栄養分が増し旨みも凝縮され、煮る時間の短縮も言われています。白菜や大根だけでなく、ほとんど葉物や根菜類が干すと良いようです。人参やピーマンまで。数時間程度から数日間。とにかくカサが減るのはありがたい。つまり保存場所の問題だけでなく、たくさん食べられるわけですから。

 

| | コメント (0)

コストコ店内がきれいに改装されて

一ヶ月ぶりにコストコへ行くと、一部改装されてすっきりキレイに。でも今まで低い棚だったのが2メーター以上の冷凍冷蔵棚に変っていて、いかな背の高い旦那様でも姿を探せません。 不便? そのため、今までと陳列場所が若干変り、見やすくなった感じです。

 今回は夕食にメキシカンサラダラップ包みを購入。美味しいけれど激辛(私には)。月曜日だというのに人手が多いこと。 次からは、月曜以外の週日にしようと反省。おそらく中間日くらい、つまり水曜日くらいが空いてる? でなければ週末なら、店内は込んでも高速は空いているでしょうから。

 生ブルーベリーは前回同様少し安めでラッキー。 でもイオンで320g買った値段の方がまだ安かったのはビックリでした。 コストコで一番安く買えるのは、食品では何でしょう? 

おそらく、チーズ。肉類はもちろん安いですが、近所のスーパー(業務スーパーとか?)でも安いのは手に入ります。冷凍のゴーダチーズ(オランダ)がすごっく安価。ソーセージは幸運にもクーポン価格で200円もお安く・・・なんて有頂天になっているとレジで愕然としますよ。

 家人の好物の信州更級ソバ200g×5個のセットも。私はうどんとか素麺派なので、これは1人分なのです。いつものポテトサラダがなくて、なんだか人の名前がついたポテトサラダに変更になっていましたが、好物なので仕方なく購入。 スージーズポテサラダ600g。我々の口に合えば良いのですが。

 後はいつものノニ、通り牛肉ぶつ切り、おつまみイカセット、特大卵、ベーグル(12個入り)、サムゲタン(3人前)、それに今回は甘~くて美味しい蜂蜜入りパンケーキ(12個入り)と小魚クルミ煮も。到底一万円以内という目標は達成できませんでした。

 食品以外では台所洗剤のスペア1.5リットルを。ブラウニーのファブリーズは見つけられませんでしたから、次回また。店員さんは見当たりませんでした。

| | コメント (0)

今日、コストコ、行けるかな?

前にも書いたと思うのですが、岸和田にできるらしい。1ヶ月に一回程度は出かけているので、近いほうがありがたい。でもどの支店でも同じ品揃えとは限らないので、繁盛しなければ品数は少ないかもしれません。 ご近所誘い合わせて買い物に出かけましょうよ。入店するには年会費を払わないといけないのですが、会員証一枚で二人のゲストが入店でき、1人入会すれば家族会員としてもう一枚作れるので、たとえば私達夫婦二人が入店する時には、未会員の方達を4人まで一緒に入店させてあげられます。 支払い時にも会員証の確認が必要です。 まだまだ先の話ですが、岸和田の話は来年。 鬼が笑うかな。

 そうそう、うちのマンションのまん前にはセブンイレブンがあり重宝しているのですが、駅の反対側にもコンビニが開店。前はイレブンがあった場所。バレンタインデーに開店し、繁盛している様子。 そこのイレブン(カナート横へ移転)では、JR君のベビー相談で何回かお世話になりましたねえ。

 コンビニ全盛の世の中ですが、コンビニそのものにも栄枯盛衰があるみたいです。品揃えに問題はあるはずもないので、立地条件が悪いところもあるのでしょうか。

 さて、今日か明日くらいにはコストコに行きたいと思っています。家人の仕事の進み具合次第。

いつものブルーベリーとノニがなくなりそうだし、パンと肉(鶏肉も)も欲しい。近所のスーパーとは値段が違います。 卵などは大きさが・・・味音痴なのでそちらは? 店内滞在時間と往復で3時間以上かかるので、家人は大車輪でPCに向かっています。 今回のはややこしい仕事らしいのです。

 買い物に行く度に新しい物が見つかるので、今回は何に出会えるのか楽しみ。 食料品中心に買いまわるので、日常品はあまり見ていない。 最近は、コストコ情報誌で確認しています。食器とかオモチャや日常品もお徳なのです。

 半年位前に購入した詰め替え用のファブリーズと台所洗剤がなくなりそう。 なるべくまとめ買いして節約しましょう。湿布薬(サロンパスとかトクホンとか)もあるといいんだけれど、どうもないみたい。ラッキー君の骨型オヤツガムは大量に入っていたので当分買う必要無し。

 コストコ部屋と化している前の子供部屋ですが、在庫は

パンケーキミックス2・スープ(パウダーと缶詰)・豆缶・マッシュドポテトの素・味付け海苔・乾麺(うどんとスパゲッティー)・桃缶・レモン果汁・ベーキングソーダ・トイレ消臭剤・水・ポテトチップス(ドリトス)・蜂蜜・オリーブオイル・エマール詰め替え用2

 のようです。2となっているのは、勘違いして2度買いしたもの。トイレ紙などもまとめ買いすると経済的なのでしょうが、保存する場所に困ります。

| | コメント (0)

春みたいな陽気に

木曜日は寒くて風邪を引き戻したくらいでしたが、土曜日は暖かくて春みたいな日差しでした。 遅めの新年会をホテルバイキングで楽しんできました。年末からかなり胃腸の調子が不安だったのですが、本調子に戻りました。

Nec_0024目が「何か御用ですか?」と訴えているみたいな、ラッキー君。 どんな時も携帯カメラを向けるとカメラ目線。 お休み中、お邪魔しました。

 ちょっと大根を干したのを撮ったついで。ベランダの花も同時に。Nec_0029 こちらはジュリアン2種。 ピンクの方はまだまだ蕾がたくさんついているので、先に咲いた花がバラバラ、あっち向いてホイ状態に広がってしまいました。 赤は密集して咲き続けてお行儀がよろしい。Nec_0028 それから寒いのにローズマリーの花が幾つか咲いています。写真では大きさが伝わらないでしょうが、小さい鉢ですから、料理に使うとなくなりそうで・・・

 Nec_0031ベランダから戻るとお出迎えしてくれたのでもう一枚。

鼻でかのドアップ写真。これまた失礼。

鼻が大きく写っているだけでなく、胸毛も立派に見えますよ~。これキャバリア美男子の証? 

| | コメント (0)

大根と葉を干しました

Nec_0026 頂戴ものの大根を帰宅後すぐに葉と本体とを分けて干しました。葉は後で小口切りにして炒め物に加えたり、佃煮みたいにしたり、ふりかけ風にしたりと使い方はいろいろ。本体白い部分も干してから煮物や炒め煮、そしてもしサイズと形的に可能できればキムチにしてみたい。昼食準備の前に取り急ぎ斜め切りにして干しておきましたから。写真は食後落ち着いてから撮りました。

 頂いた方は漬物が嫌いだとか。おろし大根も面倒みたいに。煮物ばかりなのでしょうか。逆に我が家では煮物は私だけ。 家人は煮たときのにおいが苦手なのです。かといって、大根を唐揚げとかフライ、あるいは天婦羅にしても美味しくなさそうだし。炒めてから、とか揚げてから煮物にするとか工夫の仕方によっては? だと嬉しいのですが、今のところ一番喜んでくれるのは大根おろし。ちりめんじゃこを混ぜたり、蟹カマボコを入れたり、鍋物のタレにいれたり。そうそうおろしソバという手もありますねえ。 私はおろしうどん。

 我が家では退職した者と自宅で仕事をする者の生活。 年度が変ってもなんら変化は無いのですが、どうやら子供達はかなりの変化があるようです。娘は、もうすぐ婿殿の家族と一緒に住むことになり、お引っ越し。 まだ日程は聞いていません。 都会のサラリーマンと違って、農家の長男ですから、ご両親と同居して親孝行をしてください。娘は私と違って優しくて結構気を使う方なので、案外うまくいくかも。

 一方、フィリピンの息子はというと、あちらで2度目の転職を決心。日本では自衛隊を皮切りにいろいろと経験を積んだので、何でもできることでしょう。仕事そのものに関しては一切心配はしていませんが、人間関係とか日本人とフィリピン人のギャップとかその他もろもろの事情があるので・・・あまりストレスがたまらない職種であることを望みます。今後、今までより英語使用の機会が増えることが考えられるので、それがストレスになるかも。

 英語だけでなく、もし次の社長との意思疎通にスペイン語通訳が必要な場合は、PCを使った電話会議という手もあるので、ぜひ声かけを。

| | コメント (0)

モダン焼き

どうやらまた風邪を引きなおした様子。咳がとまりません。多分、昨日電車の遅れで寒い駅で20分以上も待たされたせい。これからは油断せずしっかり防寒して出かけます。

大層なことではないのですが、生協で大阪の有名お好み焼き店のモダン焼きを買ったので、せっかくなのでちゃんと作り方通りに作ってみました。 大概説明は読まないタイプなのに。 我が家のモダン焼きはいつの頃からか、焼きソバを別に作ってから、薄く小麦粉を溶いたものをホットプレートに丸く伸ばした上に、カツオ節を乗せ、その上に焼きソバ(豚とキャベツを炒めソースで味付けたもの)を乗せ、さいど小麦粉の溶いたものを乗せて焼くものです。

でもぼてじゅうのは違っています。多分大阪ではどのお店もこの焼き方なのかもしれません。私のモダン焼きは、おそらく徳島流なのではないかと想像します。 そういえば徳島で食べた美味しいお好み焼きの思い出では、豚玉ではなく卵無しでイカの入ったものでしたよ。

 時間はかかりますが、フタをして放っておけば出来上がる、手間がかからないこの大阪流モダン焼きで次回も作ってみます 。何しろ焼きソバは作っておかなくて良く、ただお好み焼きにソバ玉を乗せ、その上に再度お好み焼きを乗せて焼くという寸法。

 ただ、ホットプレートのフタを何度も使って蒸し焼きにするので時間がかかります。

① 小麦粉を出しで溶いた中にミジン切りキャベツと生姜を混ぜ込み、その8割をホットプレートでフタをして焼きます。端がカリッとしてきたら、ひっくり返して、豚肉を乗せてからまたフタをして蒸し焼き。

② もとにひっくり返してソバを乗せたら、その上にキャベツ入り小麦粉の残りを乗せ、ひっくり返してからフタをして蒸し焼きにし、充分火が通ったら完成。

 考えてみれば、焼きソバを作る時には塩・胡椒・ソース・味の素まで使って濃い味つけにして、さらにモダン焼きとして完成させてから、再度ソースやらマヨネーズ・ケチャップ・カツオ節・青海苔までかけるのは、ちょっと調味料過多。 ヘルシーなモダン焼きにしましょ。

| | コメント (0)

懐かしいアーモンドチョコの大人買い

Nec_0021ケーヨーD2にドッグフードを買いに行った時、レジ前に大量に並べられているこの瓶を発見。 アーモンドチョコ。 ハワイやグァム名物のマカデミアンナッツチョコが好物の私ですから、思わず手に取り・・・家人はチョコには目が無く、翻訳に疲れた時にはしっかり脳に栄養を与えてやっているらしい。 ピーナッツとチョコは必需品。 多分、私の口に入るのは、数えるほどでしょうが。

先週沖縄ではもう桜が咲いていたということだったので、さっそく調べてみました。 寒緋桜という種類だそうで、ソメイヨシノより明るいピンクで、散るときには花びらがヒラヒラと散るのでしゃなく、花ごと落ちるとか。かなりイメージが異なります。 それに沖縄では桜の木の下での宴会という習慣は無いそうです。サンシンを弾きながら、大勢で踊りを楽しんでいるのかと・・・

 子供の頃、徳島の眉山の茶店で、父と一緒に滝の焼餅を食べながら、花見を楽しんだことを思い出しました。そんなことから、里帰りすると実家にたどり着く前に、忘れないようにと買うお土産の一つが、滝の焼餅。もう一つはウイロ。スダチは季節があるので、9月に通信販売を利用。

| | コメント (0)

海外に送れる美味しいものって?

 出掛けに寒さ対策にショールを持って行こうと一瞬頭を過ぎったのに、ええい大丈夫と高を括ったら、思いがけず電車が遅れ、寒い駅で20分以上も震えながら待つ羽目に。 電車が遅れてもレッスン開始に間に合うように早めに乗ることにしているのですが、今回は1~2分ですが遅れてしまいました。申し訳ない。

 大阪で寒い寒いと書きましたが、先週沖縄に行かれた生徒さんからの情報ですが、沖縄では桜が咲いているとか。ソメイヨシノとは種類が違って、色がショッキングピンクだそうです。 お土産に紫芋入りのクッキーを皆さんで頂きました。 お芋さんに目がない私には嬉しい! もちろん徳島の鳴門金時も大好き。 写真を撮り忘れたのでせめて生協から本日届いた桜餅をアップしておきましょう。とっても小さいまんじゅうセットです。Nec_0020 せっかく「熊の学校」の皿に乗せたのに、肝心の熊が光ってしまいました。ウフフフ

Nec_0022_2 これも本日届いた生協のイカ。 もしも封筒に入ればフィリピンへ送りましょう。海外では結構珍しいはず。

Nec_0023 最近、別のスルメを息子に送ったのが始まりで、私達も食べてみて、あら美味しいと気づきました。私達二人は柔らかいスルメのファンですが、婿殿は固い方がいいらしい。さて息子はどちらが好みだったかな。 これは固い方でしょうか?

 一時、羊羹やむき栗を送ったものですが、同じ物は飽きるので、最近はスルメがいいらしい。子供達にはチョコパイとか魚肉ソーセージを送り続けていますが、飛行機で送るので、粉々になりそうなものとか重いものは禁物。 難しい。 何か良い物あるかなあ?

| | コメント (0)

腕白情報が届きました

Photo どんどん活動的になり、背も高くなりいろんなところに手が届くようになり、このありさま。左手は何かのボトルに伸ばし、高い所に避難させておいた籠を引き落としたのでしょう。頭が見えません。

その後届いたさらになるイタヅラ証拠写真。Pic20130220100034 ちょっと油断した隙にポッキリと折られたという眼鏡です。アラララ

ま、穏やかな娘の子育てなので微笑ましい。短期で気性の激しい私なら叱り飛ばしていたことでしょう。フフフ

 寒い京丹後では外歩きができないので、ストレスかな? 大阪でも雨と雪で散歩ができなかったのですが、二日目には強行散歩でずぶ濡れのラッキー君を洗う私もずぶ濡れに。ちっとも思うとおりに動いてくれないのは、4代目にして初体験。赤ちゃんの時から他の犬のは違っていましたから、この事態は当然のことなのでしょう。でもしばらくぶりにシャNec_0019 ンプーしたら毛が柔らかくて、キャバリアの特徴の胸毛も立派に見えます。

後ろのケージは寒さ避けと目隠し用のシーツで覆ってあります。私達が食べているときに欲しがらないように・・・ちゃんと彼の分は少量だけど犬用のおやつを与えてから、『お家!』と言って閉じ込めておきます。

そして夜9時以降は、『寝んね』と号令するとすんなりケージで寝ます。それまでは家人が仕事中はPC机の下かソファーの下で寝ています。他の犬のように、ソファーの上には上がりますが、そのまま寝てしまうことはない。

人が座っている膝に直接飛び上がると、『ダウン』と命令されて下ろされるので、少しは違和感があるのかも。そんなところは賢い犬です。食べ物を目にすると抑制が効かなくなるのと、玄関チャイムで突進して制御不能になる時は、お馬鹿犬丸出し。

それにしてもブログ更新ができて良かった。 いつも見てくれている人達に心配をかけてしまうところでした。 風邪引きはまだ少し引きずってはいますが、大したことも無く、元気にしてますからご安心ください。

| | コメント (0)

やっと更新できました

ココログにログインする際にniftyのIDとパスワードが必要になってしまったのですが、パスワードが分からないので困っています。なんだかんだとトライしているうちにできましたが、今もなおパスワードは分かりません。フィリピンにいる息子にメールで送っておいたらしいので、今探してもらっています。ずいぶん前なのでメールの山。

ただ、niftyIDというのとniftyユーザー名というのがあってややこしい。 後者の方はいままでにもブログ更新時には入力していたのでしっかり覚えているし、パスワードも大丈夫。でもniftyIDとそのパスワードは、家人のとは違うものを取得していたらしく、私のIDではNTT契約をしていないので、記録が無いし、メールでの確認もできない。郵送でなら可能らしい。有料。あるいはパスワードを変更することは可能。そんなことをしてこのブログに入れなくなったら余計にややこしくなる・・・

 二度目のトライで、更新できているのは、何でだか分かりません。

 手順を確認すると、まずはログインのための入力を2回して、拒否されて、管理画面に戻るを選択してから、管理画面から『アーちゃん』ブログに入る、を選択すると、この更新できる画面に到着しました。 

 一度目は管理画面から記事を書く を選択して、記事を書いてから更新しようとしたら拒否されました。

 そしてこのページを再度記入して更新するのも拒否されました。

 2度目で更新できましたが、さきほどはネット接続ができなくなり、再度開いてみると文字化けしていました。どういうことか全く不明。でもこうやって再更新ができているのでよし。

 登録情報やHPに関する大切なメールは印刷してクリアファイルに保存しておいたので助かりました。やっぱりPC上だけでなく紙での保存は必要ですね。

 

| | コメント (0)

ミンチレシピ考え中

生協で冷凍ミンチを注文したら、400g×2個が届きました。 コストコ並みとまでは言えませんが、かなり大量なのです。 でもパラパラになっているので、少しづつでも使えて使い勝手が良いのです。最近のヒットレシピは、肉豆腐。 ミンチとネギと豆腐に味付けはすき焼の割り下。 割り下も生協で購入。

 明日はまずハンバーグを作る予定。 でも娘お勧めのカロリーダウン仕様。豆腐を入れて作ることにします。 ヘルシーですが味的にはあまり変化はわかりません。 でもうっかりすると水分が多くなり過ぎるので注意が必要です。 豆腐の水切りなどしたことの無い私ですが、キッチンタオルでしばらく包んでおく程度。 前回美味しかったのは、豆腐に水分があるので牛乳を入れず、パン粉を大目に入れたからだと思います。

 若い頃時々高級な牛肉の代わりに、卵を入れたかどうかは記憶にないのですが、ミンチを平に伸ばして四角に切り目を入れて、すき焼にして食べると美味しいのです。またやってみましょうか。その時には、奈良の寮生活時代を思い出して、玉ねぎとじゃが芋も入れると一層懐かしさがアップするかも。 調理してくれる方が関東出身だったらしく、初めの頃は馴染めなかった。でも徳島とは違った味や材料の組み合わせを味合わせてもらえました。

 そのほかにミンチ料理といえば、我が家で定番のタコス。シーズニングを買ってあるので、ミンチさえあればいつでもできます。タコライスにもできます。レタスとトマトがあれば完璧。

 我が家のミンチは大抵合びきを指しますが、鶏のミンチをお好み焼きに入れた、カルミン焼き?も美味しいのですが、家人の好みではない。岸和田で祭りの時期に一度ご馳走してもらってから、家でも何回か焼いてみました。大阪風(ミジン切りキャベツとすりおろした山芋)に分厚くしないで、徳島流(太めの千切りキャベツ)にペッタンコのお好み焼きに鶏ミンチを入れたもの。 マヨネーズもケチャップも無しで、ソースだけ。

 採点仕事は枚数が少ないので、多分明日中には完成予定。無理をしない程度に早く済ませて休養します。 美味しくてカロリーの少ない物をいろいろ作って、健康生活しましょう。

| | コメント (0)

ブルーベリー大好き

昨晩下記のように記入しておいたのですが、今朝の体調は回復しています。大丈夫! 

本日午後はスペイン語なのですが、ご前中に答案用紙が届き枚数がわかって一安心。 納期まで十分時間があります。 予備校の採点講師の仕事は、当日にならないと枚数が分からないというのが難点。 予備校側も依頼業務はたいへんでしょうが、講師の方もいろいろと予定があるので、出来る範囲で前もって知らせて頂きたい。その点、夏期講習とか直前講習は校舎での受講者は変更が少ないので、事前依頼数が分かるので予定を立てやすい。 受講者対象の試験なので、ほぼ予定数。 受験生の皆さん、もうひと頑張り! 風邪などひかないよう栄養と休養をとりつつ励みましょう。

コストコより安いブルーベリーを発見。 重さを表示のないパックだったので、以前店員さんに確認したことがあるのですが、容器を含めた重さしか量れないので教えてくれなかったのかも。で、今回は自宅で量ってみました。322gでした。お値段は確かに安い。チリ産の小粒です。酸味がほどよくあって私好み。大きいのは家人好み。ラッキー君も毎日2粒以上食べています。角膜炎症と結膜炎は良くなったのですが・・・

 目に良いといわれているブルーベリー配合のサプリメントの錠剤を飲んでいたのですが、確かに良いようなのですが、私としては薬は飲み辛いので、生を食べ始めるともう元には戻れません。毎日食べることになりました。

 イオンのおかげで冷凍と合わせて1週間以上はもちます。ブルーベリーで風邪も治ればいいのに。 一旦治りかけたのに、また引き始めに戻ってどんどん悪化しているような気が・・・

 寒くなる前は、ブルーベリー・マンゴー・バナナ・ヨーグルトで、スムージーにして飲んでいたのですが、年末以来ヨーグルトに入れて食べることにしています。その方がヨーグルトはたくさん摂取できます。花粉症の季節が来る前に抵抗力をつけておきたいですから。

 なるべくサプリメントではなく食品で必要な栄養素を摂りたいと思っています。 毎日大さじ2杯のノニ(果汁入り)とコップ半分のギャバ(乳酸飲料)を飲んでいますが、サプリの一種なのでしょうか。栄養ジュース? そういえば、生徒さんの中に、マラソンが趣味の男性がいたのですが、健康食品に年間百万円以上も費やしていると聞いたことがあります。 毎週末の練習の後、ホノルルマラソンにも参加されたとか。

| | コメント (0)

ブルーベリーが残り少ない

20130215_091427 娘からの写メール。バレンタインデーの手作りチョコだとか。美味しそう。 あちらでは男性陣には高級チョコを、女性陣には手作りガトーショコラをご馳走したそうです。そりゃよかったねえ。こちらは何の日も変り無く、忙しく片やバチバチとPCキーボー打ちと片や赤ペン片手にせっせと採点の日々です。 仕事があるのは有り難い。(70歳まではお願いしま~す)

せっかく少しましになってきたかと思った風邪引きですが、夕食後に薬を飲まなかったらまたぶり返し・・・カプセルの薬は大きくて細長くて飲み込むと必ず喉につかえる。 出来る限り飲みたくlない。 でも明日のために寝る前にもう一度飲んでおこうかな。

 明日ご前中に、次の採点仕事が到着する予定。すでに前回の分は点数確認だけになっているので問題無し。 これで本当に24年度の採点仕事は終了です。 

 コストコにも買い物に行きたいのですが、家人も2月中は超多忙なので無理でしょうね。 肉は終了し、ブルーベリーも底をつきそう。 最近、生協で冷凍食品をあまり買わないようにしているので、隙間ができたのですがねえ。 でも大丈夫。 業務スーパーにも少しは安いブルーベリーがあるみたいですから。

| | コメント (0)

可愛いすぎて食べ難いチョコ

Nec_0015  娘から家人へのバレンタインチョコを見せてもらった?とメールが届き、うっかりしていたので、今確認してきました。 とっても可愛い動物達(熊と犬)と足型。 以前、熊型のチョコを私ももらったことがあったのですが、それと同じのを友人から家人へ。 美味しいチョコですが、一個が大きくて・・・ そして娘からの動物チョコは 「可愛すぎてかぶりつけないやんか」、と言っております。

 昨晩からネギスープにたっぷりのニンニクを入れたスープ、まさにニンニクスープというべきか。スペイン料理にある 「ソパ デ アッホ」 みたいなのを食べ、今朝はそのスープに卵を入れて食べました。 もちろん、昨晩は紅茶にすりおろし生姜を入れて飲み、おかげで喉の痛みは和らぎました。

 前に購入して行方知れずになっていたスプーン形のおろしを探し出し、これでお手軽にジンジャーティーが飲めます。さあ、頑張って仕事、仕事。

 娘から応援メールが届きました。家人には前もってバレンタインチョコも用意してくれていたし、気遣いありがとう。 親孝行です。

| | コメント (0)

風邪に効くのはネギ

昨日から採点仕事で頑張りすぎ、ちょっと風邪気味になってしまいました。 エライコッチャの巻。 昼ごはんの後に思いついて、風邪薬を飲みましたが、家人曰く、あまり強くない薬にしときや。はい。そうします。寝てしまったら仕事ができません。私はどんな薬でも大概よく効きます。暗示にかかりやすいタイプ。飲んだら効く~と思えば・・・

 さて急ぎネットで風邪に良いレシピを検索してみると、思った通りにネギが出ています。 カテロン、ビタミンC、K,カルシウム等が入っていて、風邪予防とのどの痛みを緩和するらしい。 

 多分そんなことだろうと、薬を飲んですぐ、鍋にニンニクと長ネギをゴマ油でちょっとだけ炒め、中華スープの素と水を入れて煮込んでおきました。冷凍庫にほんの少々残っていたベーコンも投入。他のレシピも見てみるとワカメも良いらしいので、食べる間際に入れることにします。黒くなったのより青いワカメが好き。

 でも仕事の合間に、ミルクジンジャーティーもよさそう。 本当は、小鍋に土生姜・砂糖・牛乳・ティーバッグを入れて煮出すのが一番美味しいのですが、時間がかかるので、簡単にティーバッグで入れた紅茶にすりおろし生姜と砂糖を入れるだけにしましょう。温まるし風邪が逃げて行きそう。

 ベネズエラでは風邪の時は、水分とレモンをたっぷり取りなさいと教えられました。暑い国ですからね。

| | コメント (0)

目に入れても痛くない?

Photo14キロ足らずのラッキー君よりは軽いのですが、それでも私には重くて抱けません。うっかり抱いたら後が怖い。

家人はご覧の通り軽々。 そりゃあ娘よりも婿殿よりも背が高くて頑丈ですから。 でもご用心。 4頭身になったヒロ君ですから、これからもどんどん成長しますよ。

 ヒロ君はお誕生も過ぎ、我が家に滞在中に、初めて大きな声が出ることを発見した様子で、意味なく大声を出し始めました。 怒っているのでもなく、大いに喜んでいるのでもなく、ただ声の大きさと周りの反応を探っている感じ。 無視しましょう!

 最初の躾けが肝心ですから、大声が出たってなんともない。 

 例えば、雷なんかなんちゃない。 と育てましょう。そういえば我が家では誰も雷は怖がりません。 亡くなったラウラ以外は。

 ところで昨日は楽しくステンシルでストールにイチゴを染め、縁飾りにスタンプをたくさん押させてもらい、さらにお土産?に、どこのお店を探しても見つからなかったブローチ用ピンを頂いたり、ほんのちょっとだけ欲しかった接着芯までも。 ほんまにほんまにコアラ先生に感謝。 向上心のない根気のない最悪の生徒ですのにね。 中学校の同級生というご縁がなければ、とうの昔に首になっています。 ヘヘへ

 と、生き抜きにブログ更新をしつつ採点仕事に精を出し、早々と半分終了。 土曜日に発送するまでちょっとだけ気ぜわしい。受験生も頑張って!

| | コメント (0)

イチゴのストールの完成です

Photo パソで計画していたイチゴのストールが完成です。でもストールの端全部にハンコを押すことができず、イチゴを染めた付近だけとなりました。 やっぱり時間がかかります。 1時半から4時までなのですが、イチゴと葉を2セット染め、ハンコを押したらもうお終い。道具の片付け(ステンシル型の絵具落としも含め)と次のデザインを選択するのにも時間がかかりますから。

 ハンコ押しも結構気を遣います。 一度ペイントを塗ったら一回だけしか押せませんから、ペッタン、ペッタンと勢いよく押せると良かったのですが、そうは行きません。

 次は桜をお願いしておきました。型はコアラ先生が抜いてくれますので、私は楽。でも自分で抜かないので、レッスン日にお初にお目にかかります。今度の桜は多分、大小、サイズいろいろの花をどう配置するのかを決めておきましょう。 見本では、一本の木に咲いているふうではなかったみたい。

 明日から採点仕事で10日ほど忙しくなります。暇より忙しい方が元気ができます。

頑張って再度パソで、完成した『イチゴ』の構図を再現してみました。 色使いは最上部のように赤・茶・緑の3種類とメディウム(伸びを加えて色も薄めにさせます)。あまりたくさんの色は使いません。混ぜると結構な種類の色調に変化できるし、その方が自然に見えるそうです。友禅染めは綺麗な色をはっきりくっきり使うのですが、それとは傾向が異なり面白い。

 そういえば、このストールのテーマは展示会用だったので、展示が済むまで使えません。アイロンをかけて大切に保管しておかなくちゃ。エライコッチャです。今年初の取り組みで、他の生徒さん達数名が同じ型を使って染める予定。 

 展示会等で同じ絵とか人形がいっぱいあってびっくりしたのですが・・・習い事ってこういうことなのですよねえ。習うは真似るから由来。

 母は他人様から教わるのが好きではないので、習字も俳画も独学。でも俳句だけは結社に入ってるんだけど、真似ではない。俳句は習い事ではなく芸術だから。

最近気に入っている「音読したい英語名言300選」から

 『独創性とは、聞いたことは覚えているが、それをどこで聞いたのかを忘れる高級な技術である 』 ローレンス・J・ピーター

 'Originality is the fine art of remembering what you hear but forgetting where you heard it. '

    Laurence J. Peter

Cocolog_oekaki_2013_02_13_09_50

| | コメント (0)

今月のテーマはイチゴ

Cocolog_oekaki_2013_02_12_08_58昨日、娘一家は高速道路がすいていたとかで、なんと3時間ほどで京都まで帰れたとか。我々なら途中休憩をするので、もう1時間くらい余分にかかります。こちらは一段落ですが、フィリピンの息子の転職の方が気にかかります。昨日退職願いを提出予定だったのです。手がすいたら連絡くださいよ~。

 さて第2火曜日はステンシルなのですが、久しぶりにストールに染めます。 以前、ハンカチとかもっと長いストールに薔薇を染めたことがありますが、思った以上に時間がかかるので時間配分に注意しなくちゃ。 といっても全体像がつかめないので、配分も何もあったもんじゃないのですけどね。 出たとこ勝負。 ケセラセラです。

 今回のストルールは以前のよりさらに薄いのでちょっと心配そうなコアラ先生。 大丈夫でしょうか? もしもの時のために、もう一枚別の素材を準備していくことにしておきましょう。ヘヘへ 失敗は無いときっぱり宣言のコアラレッスンですが、頭を悩ませるのは先生コアラ。いつもお世話になります。

 型はイチゴの実と葉だろうと思うのですが、ストールの縁をぐるりと何かを染めようと思います。 でも染めると時間がかかるので、ハンコでぺったんぺったんと押すのも面白いかも。時間短縮になるかもしれないし。楽しみ~。 家で紙製のハガキなどに染めるなら消しゴムハンコを作るところ。 我が家にあるのは布用ペイントは2色のみなので、ステンシルではなくトールペイント(紙とか板類)などは、ヒャッキンの水彩ペイント使用。またそのうち再開しましょう。

 パソで描いた構図は全く変ですが、丸と四角と直線にペン画なんて駆使してもこんな程度。笑ってください。イチゴが描けません。ちなみに、地色は白。パソの都合でこんな色に・・・ 吹き出しテキストを入れて再チャレンジしたものを上部に入れなおしました。

 

 

| | コメント (0)

パエリャの火加減は結構難しい

Nec_0004 本日月曜日は、娘達が京都に戻る日ですが、大阪は快晴。外は寒そうですが、とにかく明るい日差しでよかった。あちらはお天気の日があまりないそうですから。

昨晩の電気プレートで作るパエリャはかなりのオコゲができた事をのぞけば美味しくできました。何だか石焼ビビンバみたいだというと、娘が 「味は全くビビンバじゃないよ」との応え。 トマト味ですから、イタリヤ風石焼ビビンバということにしましょうか? ご飯は柔らかすぎず硬すぎずちょうどよく、お味はとっても良かったのですが、中火は何度なのかが分からず強火だったみたいです。 ガスコンロなら中火はこれくらい、というのが分かるのですが、電気プレートは温度ですから。次回は弱火の強めを狙いましょう。

 前回は炊飯器で作って、米の水切りが十分でなかったせいで、結果的に水が多くなってしまったので、今回はかなり神経質にトマト水煮缶と水と白ワイン(昨日は記入忘れ)の合計で、米3合に出し合計でカップ3.5くらいにしたので、水加減は完璧(のはず)。 問題は火加減でしたねえ。それが一番大事!

 本来のレシピでは、材料の分量によって、そして火力の強さによって煮込む時間が違うので、中火で水分がなくなるまで煮、一度米を味見して火が通っていれば(水分が足りなければこの時点で追加)、エビとかイカとかのトッピング(この方が豪華に見える)をしてから、フタをして弱火で5分。というのが理想。 

 要は炊飯と同じですが、オリーブオイルたっぷりで炒めてから煮るので、ずっと失敗は少なく簡単です。一般的に、パエリャに使う米は絶対に洗わない、と言われますが私は洗います。ただ、水分はザルに入れて取っておきましょう。その代わり出しを入れてからはあまりかき混ぜない。粘りが出てしまいます。

 明日は建国記念日でお休みなので、娘一家はゆっくりできます。 来月には婿殿のご両親の家に引っ越しが完了していることでしょう。

 息子の引っ越し予定は1年後らしい。 それとは別に、JR君は再びインターナショナルスクールに転校するとか。フィリピンは6月から新学年が始まるので、3年生からとなるのかな。英語で教育を受けておいた方が有利らしい。 息子一家には、日本語学校は論外みたい。残念ながら孫達二人は、挨拶程度(サバイバルレベル)の日本語しか話せません。

| | コメント (0)

電気プレートでパエリャ

娘一家が来ているので、昨晩は手巻き寿司。そして今夜はパエリャ。どちらも米料理ですが。 最近、炊飯器でパエリャを炊いてみたのですが、どうも水分が多すぎてべちゃついて残念だったので、今回は電気プレートで挑戦してみます。 お好み焼きなら4人前が同時に焼ける程度のサイズ。 そして以前スペイン人から教わったナスの入ったパエリャにします。 婿殿もナスが好きらしい。 

 ちなみに圧力鍋で作ったこともあります。その時は鍋が深すぎて少々柔らかいご飯に。本来はパサパサして固めのご飯になるはず。 やっぱり平らなフライパン風のパエリャ鍋でないと理想的なのはできないのでしょうか。では私はアルデンテは苦手で、柔らかめが好き。

 予定としては、まずはたっぷりのオリーブ油でニンニクを炒め、香りが出たらニンニクを取り出します。 その後、ミジン切りの玉ねぎを炒めます。 炒めている間に、出し作り。 鍋で水・ブイヨン・サフラン・殻つきアサリ・缶詰トマト・塩・胡椒に火を通しておきます。 今回は4人分なので3合の米を使うので、トマトの分を加えて出しが3カップ程度になるようにします。

 シーフードミックス(冷凍のまま)を玉ねぎと一緒に炒め、さらに輪きりナスも一緒に炒めます。 炒めた材料の隙間に米(スペインでは洗いませんが)を投入し、透明になるまで炒めてから、出し(ねんのため少し残しておく)を加えてフタをしてまずは中火で20分煮る。その後、弱火にして5分煮る。さらに5分蒸らして完成です。

途中、焦げていないか、水分が足りなくないかを数回確認し、不足して焦げ付きそうであれば出しを加える。

 公民館バザーの時に、賄いとしてパエリャを作った時には、大きな電気プレートだったので一度のたくさんできて楽しかったで、我が家でも人数が揃ったときにしたかったのです。パエリャ鍋は日本でも手に入れることは可能でしょうが、多分小さめでしょう。スペインのパエリャ鍋にはコンロがセットになっていて、祭りやパーティーのときに外で作って、大勢でワイワイ言いながら食べます。

 

| | コメント (0)

三頭身から四頭身に

Nec_0003 金曜日の夜から大阪に来ています。花の水遣りを見て、ベランダに出たがったので、寒いのにお散歩代わりに歩いています。 この後、しばらくして暖かいイオンりんくうへお出かけしました。人が多いのでインフルエンザをもらうのがちょっと心配ですが、靴をショッピングするらしい。

家人によると、三頭身だったのが、いまや四頭Nec_0002身に成長したようです。全体像を写すとよく分かります。

 ところでフィリピンに住む息子は、またもや目にトラブル発生。大きなくしゃみをした途端、ブチッと音が聞こえたとか。目の血管でも切れたのかも知れず、片目が見えなくなりすぐに目医者に走ると、到着して待っていると目医者から 「病気のために休診します」 と病院へ連絡が入ったそうです。日本と違って、病院に医師が常駐しているわけではなく、建物だけを借りて診察しているだけですから、文句は誰にも言えません。もちろん代診も無し。片道一時間半が無駄足に。

 でも幸いなことに、そうこうしているうちに目はだんだん改善し、見えるようになったので、一安心。 運転は、多分会社の運転手がしてくれているはずなので大丈夫だと思います。

 大あくびをしたら、顎が外れたという話は何度か聞いたことがあるけれど、目の血管の話を聞くのは初めて。 顎が外れると、もういちど大きく顎を開いて治されるとかで、とっても痛いらしいので、どちらにしてもあまり大きなアクビは注意しなくちゃ!

| | コメント (2)

キルトにもいろいろ

生徒さんから古布を頂いたので、いろいろとネットで作り方を調べてみました。 不器用な私にでも出来そうなものを発見。 それは小さなモチーフ(図形)を作りためて、予定数になればまとめるというやり方ができるもので、名前はクレイジーキルト。 ハワイアンキルトと違って図案がなくても適当に作れるようです。 作りたい大きさに土台を切り、その中央に別布を中表にして縫いとめ、表返し余分な布は切り取っておく。 次の布も同じように中表に縫って、ひっくり返し表側から縫い目が出ないように縫ってとめる。ぐるりと縫って、土台布いっぱいになったら一つ完成。

 型紙を作る方法もあるようですが、まずは無しで出たとこ勝負で、無計画に縫ってはひっくり返して表から縫いとめるを繰り返してみましょう。

| | コメント (0)

コサージュを見つけました

Photo Photo_2 Nec_0003 すっかり忘れていたのですが、数年前にコアラ先生に教えて頂いて作ったコサージュです。一番右のがそれで、自力で作ったのが左の二つかな? でも記憶がないので分かりません。

 それはともかく、一番左の生地は、ニット地でロングベストを仕立てていただいた残りのニット生地(レースみたいに綺麗)。 真ん中のは多分、駅前にあった趣味の店で購入した古布で作り、スワロフスキーを貼り付けたもの。

 真ん中のだけ留めピンがコサージュ(ブローチ)用ではなく、普通の安全ピンを縫い付けてあるし、右端と違って裏布が半分だけ。 おそらく布の都合で自分流で作ったはず。 右のは、全体の生地が2重になっていて作りがしっかりしています。

 花びらの布は二枚合わせて、中心側だけ縫い縮めて形づくり、中心の丸い布には綿を含ませ花びらに縫い留め、裏側にも丸い台布を縫いつけ、そこへコサージュピンを縫いつけてあります。 乾くと透明になる布用の糊を使用しています。

 今夜、娘一家が大阪に来る用事があって、ついで里帰り。 ヒロ君は誕生日を過ぎて、ずいぶん活動的になり、意味不明だけど何だかよく声を発しているそうです。ラッキー君とうまく交流できるのでしょうか?

 普段二人仕様にしてある居間を配置替え(食卓・ソファー・犬小屋)して5人用に。 ほとんど家人がしてくれたはずなのに、腰が・・・

| | コメント (0)

着物の余り布でネックレスとコサージュ等を

 忙しくなると、何かと気が多くなる天邪鬼なのですが、今回は着物地、つまり古布(こきれ)手芸にはまりそうな気配。 着物の大部分を使うリメイク(つまり洋裁)は時間がかかるので、最初は、借りている本の小さなアクセサリーを作りたいと思っていたのですが、生徒さんのお母様から「こきれ」を頂いたら、さらに欲が出てきました。可愛い紐付き小袋とパッチワークの見本までつけて頂いて、感謝。 これはぜひとも小袋から出発しなくちゃ。

 ① まずバイヤス紐(0.7センチ×8センチ)を作り、縫い目を真ん中にしてアイロンで押さえてから、縫い目側に手芸用ボンドを塗り、端からクルクル巻いてネックレス芯に等間隔に貼り付ける、という物。不器用な私にそんな細かい作業がうまく出来るかどうか不安。 ころころネックレス

 ② もう一つのコサージュの方が簡単にできそうです。これはバイヤス(2センチ×3.5センチ)に切ったものを袋に縫って、端を4箇所縫い留めて蕾を14個作り、大小7本の紐の両側に通し、逆三角形になるようにまとめ、真ん中を仮とじしてから、コサージュピンに取り付ける。 シャワーフラワー

帯から作れるものを発見。

 すでにPCカバー(切り端は中に折り込んだだけで縫っていない)とキーボードカバー(四隅をまつっただけ)とエレクトーンカバー(ただ長さを合わせて切っただけ)の3種を作りました。

 ③ まずはクッション。周りにブレードを縫い付けると豪華に。

     まだチャックをつけたことがないので、布地を重ねて簡単に作りましょう。

 ④ ランチョンマットとコースター(四隅にビーズをつけると素敵)

     出来上がれば防水スプレーをかけておきましょう。

 妄想の世界で遊んでいるうちに、娘の里帰りが明日となったので、泊まれるように部屋を片付けなくてはなりません。普段は物置と化してます。

| | コメント (0)

老後は常夏の物価の安い国で

長かった更年期の時代からずっと逆上せ症なので、うっかりと体質が変わって冷え性になっているのに気づいていませんでした。 上半身は逆上せ、下半身は冷えているというややこしい状態。 冷えは万病の素で、冷えると免疫力が落ちるそうです。 

 ところで学生時代過ごした天理という町は、天理教の本殿があるところで、毎月たくさんの信者さん達が参拝に行かれる所。当時アルバイトをしていた土産物店で、昔のお嬢さん達に大人気だったのが薄いスカーフ。 若かった私は、皆さんお洒落なんだなあと思ったものでしたが、今となっては冷え対策だったんだと納得。そういえば、中高年のトレードマークは、ベストとスカーフ。 フフフ

 去年まで真冬以外は、肌着は上下とも一枚、半袖Tシャツで過ごすのが習慣だったので、老後は息子のいるフィリピンで過ごすべき? でも暑すぎるのも苦手です。

 そういえば、数年前、生徒さんの1人がタイで老後を送る計画をされていたのですが、私はスペインか南米、特にベネズエラが良い。首都のカラカスなら海抜900メートルなので、年中初夏程度の気温。 冷暖房が不要だし、日本円で国民年金をもらえる身としては、物価がずいぶん安く感じるはず。 物価以外では、海外での老後生活の問題は治安と医療と生甲斐? タイで計画していた男性は、日本語ボランティアをする予定だったみたいです。 

| | コメント (0)

切らない着物リメイクで頭の体操

最近よく目を通しているのが、「いきいき」とか「毎日が発見」とか「ゆうゆう」。 中高年向け月刊誌です。 生徒さんから借りています。 それはちょっと頭の体操になる着物のリメイクのアイデアが少しづつ掲載されていたり、すぐ完成させられそうな手芸品の紹介があるからです。 空いた時間で、ちゃちゃっと1~2日程度で出来るとやってみようかと思えます。 

目からウロコがポロリと落ちるようなアイデアに出くわすと嬉しい! 今回は、片袖全部を使った手提げ袋を見つけて、ぜひ形に合う着物柄を探したいなと思いました。まだ自分の着物を切るのは辛い。 今準備しているリメイク用の着物や羽織で合うかな? と思案中。

なんとたったの1時間でできる手提げバッグ。 材料は、着物か羽織の片方の袖だけ。つまり取っ手無しで、腕に通して使うということ。 着物を切らずにほどくだけ。

 片方の袖底に、同じように丸みを持たせるために底の隅を縫うのが面白いのと、袖山の部分を真ん中から対象になるように折り畳み、半返し縫いで留めておくだけで完成。

そうそう、袖口から下の部分と反対側の片方も同じ長さになるように、縫っておくと、中に入れた物が落っこちない。Cocolog_oekaki_2013_02_06_11_19

| | コメント (0)

ハリハリ鍋は厚揚げで

新聞のレシピによると、「はりはり鍋」の材料は水菜と豚肉と油揚げとなっていたのですが、生まれも育ちも大阪人の家人によると、鯨の代用は豚より鶏肉(ほんとうは鴨が好きらしい)の方があくが出なくて良いし、薄揚げではなく厚揚げでないとアカン。 どうやらハリハリ(鍋)は大阪の料理で、大根の刻み漬け同様他の地方ではあまり食べないのかも。

 レシピによると鍋の味付けは、酒・醤油・みりん・水。 食べるときに、おろし生姜と唐辛子をかけると美味しかった。 我が家ではずっと何もトッピングしないで食べていたのですが、最近香辛料に少し凝っているので挑戦してみました。

 先日は、ローストチキンを柚子胡椒で食べて感動しましたから。 そういえば、鰻丼を食べるときに、山椒をかける人が多いですが、私は最近までそれが苦手でした。年を重ねてやっと美味しく感じられるように。 年を取るのもなかなか良いものです。

 ところで、徳島のスーパーには金時豆がたくさんあって他県人を驚かせるらしいし、一般的にはお赤飯にかけるのはゴマ塩なのに、徳島では砂糖。実家ではきな粉をかけて食べたものですし。 甘党が多いのかな? 数年前の資料ですが、糖尿病患者の割合が日本一だとか。 そしてさらに驚くことに、4位と5位が高知と香川。四国の3県がワースト5に入っているなんて・・・

 どうやら原因は食べすぎと運動不足らしいということで、徳島では阿波踊り体操なるものを発明し、DVDを発売したとか。 その情報は3年前の雑誌からなので、今でも販売継続しているかどうか確かめるのも面倒なので、本の図解を見て勉強します。 分からなければ、阿波踊りのテープを聴きながら踊って運動することにします。 確かに運動不足で糖尿病予備軍に違いない。

| | コメント (0)

デージーやジュリアンでベランダが明るく

20130201_200457 これはだんだんやんちゃになっているヒロ君です。これじゃあ、ラッキー君と全く同じですよ~。

 4日は立春でしたが、月曜日は近所の花屋さんの半額セール日なので、しばらくぶりに行ってきました。なにしろベランダが冬枯れで寂しいのです。 プランターや鉢の土を入れ替えれば植物はもっと長持ちするのは分かっているのですが、それはマンションではなかなかの仕事なので、適当にお茶を濁しつつベランダ・ガーニング。

Photo Photo_2 左は新しい苗。これから植え替え作業。

右はそれを見ているラッキー君ですが、ちょっと目がまぶしそうに細め気味なのは、角膜を傷めたのと結膜炎のせい。もうほとんど良くなっているそうです。 毎日点眼して3週間目。 もう一息。 ベランダは新しい苗ですっかり明るく模様替えができました。

Photo_3 Photo_4 Photo_5

 

| | コメント (0)

作ったことのないソボロあん

 今朝、EMSで本を送ってきました。先月は大袋のチョコパイを入れておいたのですが、今月はイカのおつまみをたっぷり。さて誰が喜んでくれるでしょうか。息子か孫達か、それともペンちゃんか? 皆が喜んでくれると嬉しいですね。

 ところで料理を作るのは大好きですが、自分が食べるのが苦手な料理は、どうも作りたくない。その一つが日本料理定番のアンかけ。出しで味付けして最後にトロミをつけて、煮物や焼き物や揚げ物にかける料理。 食わず嫌いです。今朝、TVでトロミの片栗粉を最初から入れて、素材を後から投入し、加熱するという手法が紹介されていました。これは片栗粉がダマにならないので失敗無しだそうです。 一度やってみれば食わず嫌いも解消されるかも。

 その番組では、二人の講師がトロミをつける料理をそれぞれ1種づつ紹介。 最初のは、鶏ソボロの作り方。鶏肉ミンチを茹でてから、一部の調味料(酒・みりん・出し)で味をつけ、煮立ってから塩と醤油を加え、火を止めてから水溶きカタクリ粉を投入してかき混ぜる。 かき混ぜて透明になったら完成。

 料理番組で有り難いのは、美味しそうなメニューを見せてもらえるだけでなく、基本テクニックを教えてもらえること。鶏肉調理の前に湯通ししておくとか、その際にミンチをよくほぐすために泡だて器を使うとか、思いつかない使用方法を見られるのですが、言葉で教えてもらってもすぐ忘れるけれど、見たことはすぐ理解できるし忘れ難い。

 生姜を入れたかどうか? う~ん?

 二つ目は、トマトのあんかけ。火をつける前のフライパンに調味料全て、つまりカタクリ粉もそのまま投入してよくかき混ぜ、火力調整は弱火からスタート。 くし型切りにしたトマトを加え、弱火の中火でトロミがつくまで、ゆっくりかき回し続ける。

 トマトは生で食べるか、缶詰トマトをスープに入れるか、鶏肉を焼く時に玉ねぎと一緒に入れる程度なのですが、あんかけはしたことがない。調理方法が面白かったので、頭の引き出しに入れておきましょう。

| | コメント (0)

ノンフライ・スコッチエッグと細巻き寿司

節分の日曜日、昼食に念願のスコッチエッグを昼食に、夜は定番の巻き寿司を作りました。まずは、ノンフライのスコッチエッグから。 ゆで卵にハンバーグ種を巻きつけて、小さじ1杯の油で焼くのですが、これが結構難しい。 ハンバーグの種には、ナツメグだけではなくケチャップとウスターソースと塩コショウで味つけをしておいたので、出来上がりに特別なソースは不要でした。ただ、2個分で3個を作ったのでハンバーグ種が薄くなったせいで余計に転がして焼くのが難しかったみたいです。

 1個だけ失敗してバラバラになってしまいましたが、2個は大成功。本来のスコッチエッグは、ゆで卵にハンバーグ種を巻きつけてから、粉・卵・パン粉をまぶして油で揚げるのですが、今回はフライパンにほんの少々の油を引いただけで、最初に焦げ目がつくまで触らずジッと我慢し、焦げ目がついたらスプーンで時々転がしながら火を通しました。種のミジン切り玉ねぎは電子レンジで加熱しておいたので、ミンチにさえ火が通れば大丈夫。

 豆まきの後の恵方巻きは、例年と違って細巻きにしました。 少し予定変更で、一本に胡瓜と蟹カマボコの両方を入れ、マヨネーズをかけておきました。これも大成功。私のだけ、さらにツナマヨネーズをたっぷり追加しておきましたので、とっても豪華な細巻き? いえ、中巻き。家人はツナ嫌い。結婚したばかりの頃、僕は好き嫌いはありません、とよくも言ったものです。 へ~ン!

| | コメント (0)

節分の丸かじり

 なじみの言葉とか行事の起源は何なのかを調べるのも面白い。節分行事にはイワシを食べたり、最近始まったみたいですが、巻き寿司を切らずに丸のまま吉方向(今年は南南東らしい)に向いてしゃべらずにかじる。全部食べ切る? それはちょっと・・・

 一説によると、イワシの頭を家の角にぶら下げておくと、悪臭のために悪い神が寄ってこないとか。そして巻き寿司の方は丸い寿司を切らない=円を切らない=縁を切らない、繋がりかもしれないとか。 何かをプレゼントするときに、5円を入れて、ご縁がありますように、と言いますねえ。

 言霊(ことだま)の国ですから、何か言葉に引っ掛けて遊んでいるような面白い風習が多い。 お正月に食べるおせち料理もその一つ。 昆布はよろこんぶ。言葉遊びだけではなく、エビを入れるのは腰が曲がるまで長生きできるように。 その食材自体に滋養があるとかではなく、まず言葉や様子を大切にする文化なのでしょうか。海外に居る息子は、節分には全く縁がないでしょうね。フィリピンのキリスト教文化にも関わりがないし・・・

 今年は日曜日で公民館へ出かける日。帰宅してからすぐに巻き寿司が出来るように、冷凍寿司飯を解凍。 細巻きにすれば食べやすいので、胡瓜1本と蟹カマボコ1本を巻くつもり。おかずは別に作ります。イワシはまだ準備していません。

| | コメント (0)

リリアン編みのマフラー完成

Photo 年を跨いでやっと完成させたマフラーです。私には不似合いな大人しい色調です。予定とは少し変更し、両端にボンボンをつけ、片方の端近くに通し穴を作って、もう片方を通せるようにしました。うっかりと同じ毛糸でせずに、色合いの近い糸で綴じたのがちょっと難点。今後は編み糸と同じ毛糸で始末をすることを覚えておきます。 ボンボンの作り方も下手。次はもっと上手にできるかな。

 リリアン編み自体は、せっせと編むだけなので簡単でしたが、綴じるのがちょっと面倒。鉤編みか棒針編みにすれば良かったかなと思ったりしたのですが、そうするとデザインを探す必要ある。それにリリアン編みなら立体的(棒状)なので暖かい。綴じるのに慣れさえすれば問題無し。 今度はもっと太いリリアン編み器を使って、何を作りましょう?

 なんとか一つ完成させたので、次はコピーさせてもらった本から、指編みに挑戦しようとしたのですが、どうも要領が分からず指で毛糸を引き出すのが難しい。指ではなく、鉤針ならすんなり毛糸を引き出したり絡めたりできます。太い鉤針で編めば、指編みとあまり変らないのではないかと思案中。指をつかったリリアン編みは良い方法だと思いますが、途中で止めておく時はどうしましょ。棒針かループ針に通しておく? 頭の体操になりそう。

Photo  遅くなりましたが、今週水曜日にコストコで買ったマフィンの写真をアップしておきます。クルミ入り。 

ついでにオフハウスの手提げ2種も。これから作るつもりの手提げ用に、取っ手だけが欲しかったのですが、皮調のものでいいのが見つけられなかったので、竹細工の取っ手に目をつけました。でもあまり可愛いので、当分このまま使用します。

Small_bag左のは10センチ四方もないくらいの小さい物。花瓶か何かを飾るインテリアにする予定。右は30センチ程度。日本ではこういう編地のは夏仕様ですから今頃持ち歩いていると寒々と感じられそう。 Bag

| | コメント (0)

食べ物も新しもん好き? 

いつだったか娘がコストコで購入した缶詰スープを、我が家に置いていったので、試食してみました。 以前よく購入していた南米の料理・チリコンカンをイメージしつつ食べてしまったので、味が薄くて物足りない? 

缶に英語で説明が書いてあったので、遅まきながら読んでみると、自然食品や有機栽培の野菜や穀物(大麦)で作り、乳製品は不使用で、紅花油とかひまわり油を使った手作り感のある薄味で美味しい栄養満点のスープだということです。

 赤ちゃんのヒロ君がアレルギーにならないように気を使って選んだことに気づきましたが、我が家では不要なので、次回の里帰りまで保管しておきましょう。

 小さな紙容器のカスタードクリーム(バニラビーンズ入り)というのも買ったもののまだ開封していない。初めて購入したので使ったことがない。ロールケーキを電子レンジ(流行のシリコン型を購入してあります)で作って、中に塗るつもりで準備したのかな。 去年からず~っと準備中。

 小瓶に入ったアンチョビソースは? アンチョビにガーリックやハーブを加えた美味しそうなソースなのですが、なんだか出番がなく数ヶ月・・・ピザ、ドレッシング、トーストにも良いとか。レシピとして、キャベツのパスタの作り方が載っていましたが、購入時には読んでませんでした。アンチョビの缶詰は、キムチを作る時に使うのですが、他のものには使ったことがない。

 もうひとつの手付かずの物に、食べるラー油。曰く、カリカリ実感! 話題のチョイ辛に次ぐ第2弾だそうです。ご飯に直接以外にも、納豆、素麺、寄せ鍋、炒飯、冷奴にかけても良いとか。はよ開けましょう。これは辛いもん好きの家人のため。

 初めても物を使うときはなんだかしり込みをしてしまいますが、せっかく買ったのだから一歩踏み出して食べてみなくちゃ。こんな風に我が家の冷凍庫や冷蔵庫だけでなく、調味料保存スペースもいつもいっぱい状態。 料理が好き! 食べるのが好き! いえ、収集癖がこんなところにも出ている! 

 

| | コメント (0)

ホットケーキミックスのレシピを収集中です

 昨日はマルゼンで暖かい室内着を買ったので、寒い自分の部屋で作業をするのが楽になりました。暖房をするとすぐに逆上せるので・・・

 本棚をテーマごとに整理してみると、結構目につくのが料理本、特にパンのレシピ本とホットケーキミックスのレシピ特集。 コストコで買うのはパンケーキミックスと書いてあるので日本のとは少し味が違うのかもしれませんが、私には分かりません。 

 ミックス粉で作れるものは、かなり多い。 つい先日、カレーまんを作りましたが、主にケーキやパン類ができます。 おやつ用も食事用もあるのですが、私が作りたいなと思うのは食事用が多いけれど、少ない分量でできそうなもの、例えばチューロとかバナナ・クレープなどはちゃんとノートにメモしておきました。

 チューロは、スペインではココアと一緒に朝食として食べられたり、日本でも大阪のUSJや尼崎のコストコでも手軽に食べられます。軽食コーナーだけでなく、冷凍食品としても販売されています。 ただ、自分で作る時は搾り出し袋の口金を星型にすることを忘れると爆発するらしいです。

 チューロの材料は、ミックス粉100g・とき卵1個分・揚げ油適量と、トッピングのシナモンシュガーだけ。作り方は、まず

① クッキングシートを10枚切っておく。(15×3cm)

② ボウルにミックス粉と溶き卵を入れてゴムベラでかき混ぜ、星型の口金つきの絞り袋でクッキングシートに搾り出し、油で揚げる。 油に入れる時は、シートごと天婦羅鍋肌にそって静かに投入し、途中、シートを取り出す。

③ 1~2分揚げて狐色になったら、油を切り、シナモンシュガーをまぶして出来上がり。

他に、フライパンでできる蒸しカップケーキも。 ミックス粉・卵・砂糖・牛乳・油を混ぜ、カップに入れ、フライパンに並べ、フライパンに水を1センチくらい入れ、強火で8分くらい蒸せばできるのです。

 フライパンや電子レンジを蒸し器として使うというのは、短時間でできてとっても便利。ただ、加熱する時間にご注意! 少な目を目標に・・・

 いよいよ今夜は、卵料理本のレシピから、ノンフライのスコッチエッグを作ってみます。でも実際は、揚げるわけではないけれど、フライパンに小さじ半分の油を入れて、焦げないようにスコッチエッグを転がしながら焼くのです。 さてうまく転がせるかな?

 

| | コメント (0)

徳島のういろは最高

徳島のデパートで、ウイロ羊羹はどこですか、と尋ねて怪訝な顔をされ、ありません、と返答されたことを思い出しました。 結局、ウイロはあるけれどウイロ羊羹は無い、ということでした。確かにウイロはウイロ、羊羹とは別物。ウイロの材料は米粉で、羊羹は小豆で二つとも蒸して作るのは同じ。夏に美味しい水羊羹はまた別の物。

 久しぶりに生協で注文したウイロを味わいました。滅多に無いので見つけた時に2個注文し、一個は冷凍保存。 あっさりもちもちした味わいだとは思っていましたが、米粉だったのですねえ。徳島のは、名古屋のウイロとは全く違った味わいです。 長年慣れ親しんでいるせいで、あちらのは残念ながら口に合いません。 もし同じなら、手軽に手に入るのでありがたいのですが。でも思い出しついでに、徳島のみやげ物店で売っているウイロと、実家の佐古町(今もあるのかな?)のお菓子屋さんで買ったウイロは、また別物のような気がします。 同じなのは、徳島駅前の小さなウイロ屋さん(お菓子屋さん?)のだけ。そこはずいぶん前に母が俳句の帰りに寄ると、ご前中で売り切れです、と言われて度々がっかりしたとか。 毎日多くは作れなかったのでしょう。懐かしい話です。

 子供の頃に、一度だけの記憶ですが、母が大きなガス釜でウイロを作ってくれたのが美味しかった、と言うと母は、そんなことあったかなあ?と忘れていました。当時は、大工の父のお弟子さんが何人も住み込みだったり、祖母も同居していたりで、10人以上の大家族でした。

 そのもっと前、幼稚園へ行くよりもっと前の時代。 我が家の庭にはコスモスが咲いていたり、トイレは外にあり寒くて怖かった。その後、ふと思い出すのは八百屋をしていて、家には『おくどさん』がありました。 風呂の記憶は五右衛門風呂から。その前は多分銭湯通いだったのでは・・・子供の頃の記憶はほとんど途切れ途切れで繋がらない。

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »