« もうすぐ1歳 | トップページ | 積雪にはご注意 »

猫をパソで描いてみたら

Cocolog_oekaki_2013_01_15_23_07 今月は、3枚目の大型手提げ袋に『ピンクの猫と褐色のネズミ』をステンシルしました。写真はうっかりと撮り忘れてしまったので、説明しておきます。

 猫の地色塗りがちょっとしんどくて、まずは全体をごく薄いピンクで塗ってから、少し濃い目のピンクを海綿でチョンチョンと叩きつけて塗り、乾かぬうちに太めの筆で平に均して自然に見えるようにしました。 これは時間がかかったので、トールペイント流に化粧パフにペイントをつけてパンパン叩く方が早い。 次回同じ作業をすることがあれば、あるいは家ですることがあればパンパンやっちゃいましょう。猫の毛の感じを出す作業でした。

 化粧パフよりも、扇形になった筆でたくさんの線を同時に描く作業をしたことがあるのですが、それも有効な方法。草を描く時に使用する筆かな。

 もう一つの今回のポイントは、猫もネズミも立体的に描く練習。胴体部分に少し濃い陰をつけたり、奥側になる足を濃く塗る。耳も中の部分を白くなるように残して濃く塗る。

 猫の目が結構難しく、白・緑・黒の三色で描いたのですが、思い切りがなく線が弱く、先生が最後に力強くビシッと線を入れてくださったおかげで、どうやら美猫になりました。 本当に目は大事。

 頑張ってブログのお絵かきツールで猫の顔を描いてみましたが、難しい。円と線だけで描き、囲み部分を塗りつぶすという作業は慣れてないので時間がかかりました。描けば描くほど、実際のステンシルの目とかけ離れてしまい残念。 アハハハな出来です。

|

« もうすぐ1歳 | トップページ | 積雪にはご注意 »

パソコンお絵かき帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もうすぐ1歳 | トップページ | 積雪にはご注意 »