« タジン鍋を楽しもう | トップページ | 元旦のご馳走は豚の丸焼き »

電子レンジでアップルパイ

 ごく小さい頃は大好きだったリンゴなのですが、小学校くらいから生リンゴが苦手になったらしい。でも今では煮リンゴ、あるいはリンゴジュースのようなもの、つまり食感がダメだがリンゴ味は好き。 そこで自分で作るのはちょっと辛いので、数年に一度くらいは電子レンジで芯をくり貫き、砂糖とシナモンを詰めて煮リンゴを作ります。そのために他の用途には使うことがない芯くり貫きとシナモンを置いてあります。 

 本当はアップルパイが一番好きなので、思い切って作ってみようと、冷凍パイシートを買ってあります。もちろん同時にリンゴも一度は買ってみたのですが、なかなか思い切って作れず、とうとうリンゴをダメにしてしまったのが11月末頃。 たまに生協でアップルケーキを買いますが一個が大きい。 甘すぎるとたくさん食べられない。以前ならお饅頭なら3個は食べないと・・・

 土曜日に、またリンゴを買ってきました。今度こそ作ります。一大決心をしないとできない作業。 リンゴの芯をくり貫くだけとはいえ、私には大仕事。 決して皮を剥いたり刻んだりはできない。想像するだけで鳥肌が・・・

 でもアップルパイを作ること自体は、実に簡単。 鍋でリンゴを煮る代わりに、電子レンジでチンするだけ。 くり貫いた芯の部分の穴に砂糖とシナモンを詰めて様子を見ながら加熱。 ボールに移してから皮を外してよく混ぜるだけ。 煮詰める必要がない。 冷凍パイシートを常温に10分ほど出しておいて、一枚を二つに切り、片方を底にして穴を開けてパン粉をふりかけ、もう片方には真ん中部分にだけ筋を入れ、煮リンゴを詰めて、180度のオーブンで15分程度焼けば良い。 パイ皿は使わない。

 作りやすいリンゴ一個分からは、冷凍パイシートのサイズだと2個分できるのですが、できれば半分は冷凍しておいて、数日後にパン作りに使用してみましょう。

 今回はオーブンではなく、オーブントースターで挑戦してみようと思っています。具のリンゴには火が通っているので、皮さえ焼ければ良いわけ。 焦げすぎぬよう途中でアルミホイルを乗せて焼きます。 半製品のパンの仕上げ焼きをする時にも同じことをしていますから大丈夫。

 世界一のご長寿男性(115歳)の住む寒~い京丹後で初めて過ごす冬に、さっそく風邪を引いたり治ったりしつつ娘は子育て開始。 頑張ってる~。

|

« タジン鍋を楽しもう | トップページ | 元旦のご馳走は豚の丸焼き »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タジン鍋を楽しもう | トップページ | 元旦のご馳走は豚の丸焼き »