« 白出しで和風の焼きソバ | トップページ | 元気の素は本? »

着物リサイクルを再開

着物のリサイクルを思案中。ここ数年来、熟年(老年?)向けの雑誌では、着物のリサイクルがいろいろと紹介されています。 でも心をこめて自分で仕立てた着物にハサミを入れるのは辛いので、一度お役目を終えた、フリーマーケットやハウスオフで手に入れた着物や羽織や帯を使います。 すぐさま作ったのは、帯を必要な長さに切っただけの細長いだけの①テーブルセンター(エレクトーンに掛けて使っています)。切った端を内側に折って使っているので、糸も針も不使用。 帯をほどいて残った表地だけを使って、②PC掛けと③キーボードカバー(ハンカチサイズ)を作った時には、四方をミツ折くけしただけで完成。

 道行コートの袖を取っただけで、室内用の首まで暖かい④ベストも作りました。次がなかなか進みません。でも構想はあります。縦縞の黄色着物の胴を半分に切って、下半分を⑤巻きスカートにしようと夢みています。 断ち切ってからドライクリーニング用洗剤で洗ってみます。 今は、ウエスト部分をゴムにすべきか、紐をつけるべきか迷っています。 紐にするなら紐を作らないといけないし、着心地はゴムの方が楽。 南の島では若い人達までもゴム好きですが、私は年を重ねるにつれゴムが楽~。 

⑥番目に狙っているのが、ベスト。 バッグの次に好きなものが、ベスト。 なので結構持っていますが、好みの型が体系に従って変わって、もっと長く大きく・・・レースのロングベストは3枚(白・黒・多色)あるのですが、普通丈の手ごろなのが無い。 好きな型をもとに型紙を作れば簡単かと。でも手縫いなので、ひと針ひと針。

 着物リサイクルの大先輩の作品をよく目にしているのですが、裏つきマフラーや手提げも素敵です。素敵な作品は、やっぱり素材が大事。 色柄の組合わせを考えるにはきれいなたくさんの着物やあまり布が必要です。少しだけのありあわせのものでは出来栄えの良い物は望めません。そう思って収集しているのですが、保存場所に困ります。古布あるいは古布風の布を扱っているお店を奈良駅の近くで見つけたのですが、我が家の近所にはありません。

 縫い物はしばらくぶりなので、手始めに毎晩雑巾を好きに縫い始めたばかりです。絹針しか使ってなかったのですが、裁縫箱にはちゃんと木綿針も木綿糸もありました。押入れにはミシンもあるのですが、とうてい出す気にはなりません。

 そうそう、着物のリサイクルに、布草履とか裂き織りも良いですね。でも不器用なので両足同じにはできそうにないし、織物は時間がかりそうなので根気が続かないだろうし、と悩んで、必要なものを短期間で作れるものにします。 のめりこみ型なので自分に言い聞かせています。 『何事も無理をせず、肩が凝らない程度に楽しみましょう。』

|

« 白出しで和風の焼きソバ | トップページ | 元気の素は本? »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白出しで和風の焼きソバ | トップページ | 元気の素は本? »