« 宙に浮く芋 | トップページ | 鴨島の菊人形 »

日本史に久しぶりに興味を

日本史の年表をしばらくぶりに眺めて楽しんでいます。子供達のどちらかが中学校で使ったものなので、結構古い。現代では少し違う点もあるかもしれない。それでも結構。

 NHKの大河ドラマ「平清盛」の時代背景はどうかな? いえ、その前の日本史の始まりは? 資料年表では、旧石器文化はBC20万年頃。そして日本列島が大陸から離れたのがBC1万年頃。 その頃から縄文時代が始まり、BC300年頃には水田耕作。そして弥生文化が始まるわけです。

 ボランティアでホストファミリーをしていた頃には、弥生博物館へ外国の方々を案内したものです。何十回行ったか覚えてないくらい。我が家の初代ワンコの紀州犬ラウラに似た弥生犬の像が、遺跡模型と一緒に展示されていました。

 この資料年表では、日本の歴史と世界の動きを平行して載せているので、興味深い。日本の縄文時代に、四大文明が起こっているのですねえ。(BC3000年頃にはメソポタミア・エジプト文明。その500年後にインダス文明・中国文明)

 弥生文化が始まった頃、アレクサンダー大王がアジア遠征を始めたり。その百数年後に秦の始皇帝が中国統一。へえ~。そして、最近日本人観光客が遭難したという悲しいニュースが伝わる、万里の長城が出来ました。

 卑弥呼が邪馬台国の女王となったのは、AD189年。新約聖書ができた頃。

 大和国家の全国統一が進む頃、ヨーロッパではゲルマン民族大移動が始まる。(375年)

 聖徳太子が大阪に四天王寺を建てたのが593年。隋の中国統一は589年。ほとんど同じ頃。仏教が日本に到来したのは552年。飛鳥文化の時代ですねえ。 

 私の行った大学が奈良県にあったので、何度か遊びに行きました。クラブで行ったり、そういえば家人も同じクラブ員だったので、デイトに行ったみたいなもの。 あの頃は、小さな丘しかないように思えて、なんだかおとぎの国みたいな不思議な地域に思えました。

 そして時代は移り、710年奈良時代となる。 711年には、イベリア半島(スペインの辺り)をイスラム軍が征服。

 794年、京都に都を移し、平安時代へ。最澄が天台宗を、空海が真言宗を開く頃、世界では、フランク王国チャールズ大帝が西ローマ皇帝となる。

 荘園が各地に広がり武士が起こり頃、中国では唐が滅び、分裂の時代に。

 平氏全盛(1167年太政大臣になる)の頃は、ヨーロッパではゴシック建築が盛んで、北イタリアの諸都市が発達。

 さて、こんな感じで時代が次々と変わっていった状況なのですが、その時代時代の特徴は明日またちょっと調べてみることにします。時間があると良いのですが。

 

 

|

« 宙に浮く芋 | トップページ | 鴨島の菊人形 »

日本史は面白い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宙に浮く芋 | トップページ | 鴨島の菊人形 »