« 楽しみの後には | トップページ | ヒロ君、積極的? »

今月のステンシルは特大の16分音符

Nec_0062 私用の無地Tシャツ(なんと呼ぶのか不明)に16分音符を染めました。 右下に大きな音符と、襟ぐり近くに小さな音符いろいろと、裾に英語の文字を入れました。 最近は、あまり色数を多く使わないので、すっきりした印象に仕上がります。花型にすると花と葉の色々カラーが必要。

 16分音符が大きいので、図案の中に蝶を飛ばし、素材が薄手だったので、いつになくデザイン型から染み出してしまい、でもそのしみ出しの修正に新兵器を使用。 まさに怪我の功名。 先月購入したばかりの布用細筆の威力!  今までは、筆で布に直接描くことはできず、先がまっすく揃っているステンシル用筆で、ペイントを塗り込むという作業をし、仕上げにペイントチューブ(先が尖っているタイプ)から直接、点か線を垂らす、あるいは乗せる、ということでした。

 この素材が柔らかいニットでなかったので、うまく描けたのだろうとのことです。地色がグレーだったので、薄いピンクを地色として音符を染め、さらにその地色に、赤と紫と黄の蝶を部分的に染め、乾いてから、音符の輪郭際を細筆で半リングや点を描いたので、なんだかアップリケをしたように立体的に出来上がりました。 

 もしコアラ先生が、豹柄の型(市販品)をお持ちなら、音符の中に入れたかったのですが、残念。 機械で型抜きされたチューリップとか薔薇とか葉とか、色々お持ちなのです。 

|

« 楽しみの後には | トップページ | ヒロ君、積極的? »

ステンシル(型染め)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽しみの後には | トップページ | ヒロ君、積極的? »