« 離乳食の第1歩 | トップページ | 暑いとPCの動くが遅くなる? »

煮豚とささがき牛蒡で炊き込みご飯

せっかく塩豚から茹でて保存してあるのに、まだ手付かず。 そうこうしているうちに、毎日訪問している料理ブログ「ばあさんがじいさんに作る食卓」に、ちょうど良いアイデアが。 ササガキ牛蒡と茹で豚と生姜で炊き込みご飯にして、最後のトッピングはネギ。 美味しそう!

せっかくストックレシピの活用メモを記録しておいたので・・・

 まずは柚子胡椒でスライスを食べてから、夜は炊き込みご飯? と思ったらすでに本日のご飯は炊いてしまったので、夜は昼の残りご飯で、炊かない「炊き込みご飯」にしなくちゃ。 暖めたご飯に材料を混ぜるだけ、というチンしただけの料理。 これは散らし寿司にも活用する方法です。

 我が家は二人だけの食事を三食作るので、毎食どころか毎日、ご飯を炊きません。5月の初めに婿殿から頂いたお米がまだ残っています。

 そういえば、徳島の母は、今では弟と父と3人暮らしなので、生活スタイルがすっかり変っているのですが、ずいぶん長い間、父と2人分を3食作っていました。 その時は、一日中、あるいは前日来かもしれないのですが、炊飯器には暖かいご飯が保存されていましたっけ。 我が家ではご飯を保温しないことにしているので、小さかった子供達は徳島に行くとびっくりするやら、珍しがるやらで、暖かいご飯でお握りを作ってもらうのが楽しみだったようです。

 子供達によれば、「家のと違ってどうしてこんなに美味しいの?」 我が家のは標準米(今ではこんな呼び名は無い)で、徳島のは超特級米なのよ。フフフフ 

|

« 離乳食の第1歩 | トップページ | 暑いとPCの動くが遅くなる? »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 離乳食の第1歩 | トップページ | 暑いとPCの動くが遅くなる? »