« ジェイアール君の前歯が生え変わって良かった | トップページ | 懐かしい揚げ焼き卵 »

秋の俳句が届きました

 しばらくぶりに母の俳句が届きました。庭はないけれど、家の廻りに植えてあるバラ が毎日咲きます。少しずつ小さくなっていますけれども。とハガキに書いてありました。

  バラ三つ咲いて 小さき 秋がきた

  月の出る頃 海の上 雲ぼっかり

  月は雲払いて 払いて のぼりけり

  月昇りきって したがふ 雲もなし

  十二時に 二時、四時と 眺む望の月

  まんまるな月は 昔は ウサギがいたもんだ

|

« ジェイアール君の前歯が生え変わって良かった | トップページ | 懐かしい揚げ焼き卵 »

母の随筆・詩・俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェイアール君の前歯が生え変わって良かった | トップページ | 懐かしい揚げ焼き卵 »