« 今月は踊るピアノと音符 | トップページ | エンドウ豆の季節到来 »

グラリときたらまずドアを開ける

昨晩、和歌山で震度4。 空港近くの我が家も同じ震度だったらしい。らしいというからには、気づかなかったということです。ちょうど採点疲れで、 PC机のすぐ後ろのタンスにもたれた瞬間、頭がくらっとしたような感じがしたので、え、メマイ? かなり疲れたんだなあ、と思った時に、家人が居間から地震だったけど、大丈夫? と声をかけてくれました。 アハハな女房はメマイでなくて幸い。

 マンションだと逃げ道確保のため、グラリときたらすぐに玄関ドアを開けるのが正しい対処法だそうです。建物が傾くとドアが開かなくなるそうです。ま、我が家は二階にあるのでベランダから脱出できます。 地震の時にドアを開けるというのは、東京辺りでは当たり前のことらしい。 でも大阪ではまだ一般化されていない。 東京から引っ越してきた友人からの指南。

 災害などは日頃から訓練をしておかないといざという時に体が動かない。 寮生活をしていた学生時代に、2度もボヤを経験したので、火事の時の対処は大丈夫。 とりあえずすぐ逃げ出します。 1回生の時は、天井裏から煙が出ただけで避難騒ぎだけ。 ちょうど確認作業中だった通帳をつかんですたこら。 でも、4回生の時には寮の幹事だったので、避難していないハワイからの留学生二人を誘導。 日本語の放送だけでは分かりませんものね。 

|

« 今月は踊るピアノと音符 | トップページ | エンドウ豆の季節到来 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今月は踊るピアノと音符 | トップページ | エンドウ豆の季節到来 »