« フィンランドの珍しいケーキ | トップページ | 泉南が雪国に »

タジン鍋で美味しい野菜を

数日暖かい日が続いていたのですが、また寒さがぶり返して振るえあがっています。身体を暖める料理が食べたくて、タジン鍋の出番。 昨日、鶏肉を焼いてあったので、それを割いて野菜の間に乗せて調理時間は最初から最後まで弱火で20~30分。

 作り方は、タジン鍋を弱火にかけ、その中で薄切りの紫玉ねぎをオリーブオイルで少し炒め、上にさつま芋(5ミリ位の輪切り)とじゃが芋(拍子木切り)を乗せ、焼いた鶏肉(香辛料つき)、次に白菜(5センチ位に切り)とエノキとシメジを次々と重ねて乗せるだけ。味つけは塩・胡椒・ニンニクパウダーに市販のすき焼きのタレ。後は弱火で20分で完成。

 昨日焼いておいた鶏肉は、コストコで買った複合調味料(ニンニク・塩・胡椒他)と酒をかけて焼いただけなのですが、フライパンで焼く前に電子レンジで7分位加熱しておいたので、実際の焼く時間はすごく短くて済みました。料理はお手軽・お気楽なのが好き。

この鶏肉は、翌朝、キャベツとキュウリと一緒にサンドイッチにしていただきました。パンにマーガリンを塗って、味つけはマヨネーズとフレンチマスタード。

そして夜はタジン鍋に再再登場という次第。大活躍の鶏肉でした。まったく違った味で食べられて、クレーム無し。

|

« フィンランドの珍しいケーキ | トップページ | 泉南が雪国に »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィンランドの珍しいケーキ | トップページ | 泉南が雪国に »