« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

お粥派と雑炊派

 昨日作った、サツマイモの炊き込みご飯は私的には大成功。出しの素と塩だけの味付けで、仕上げに黒ゴマを振りかけて美味しく頂きました。

 まだ少しお芋さんが残っているので、コストコでまとめ買いしてあるお粥に入れて食べるつもり。これは私の分だけ。家人は柔らかいご飯は苦手で、粥など絶対に箸をつけない。雑炊やリゾットなら喜ぶのですが・・・

 お粥は、茶粥というのもあるらしい(食べたこと無し)が大概塩を入れただけのあっさりしたもの。雑炊は、出しに醤油(あるいは味噌)をたらし卵を入れて仕立てる。リゾットはチーズを入れる。という程度にしか知識はありませんが、体調が悪いときに食べるお粥がどうもイメージが悪いらしい。

 粥はそれだけで食事は完成しないけれど、雑炊はそれだけで1食となる? いえいえ、粥だって梅干さえあれば完結しますよ。

| | コメント (0)

花の文化園は20周年

年間パスポートを手に入れてからは、毎月1回は出かけるようにしている花の文化園ですが、10月は忙しくてあっと言う間に過ぎ、残り数日となり諦めていたところ、突然今朝になって「少しだけ時間ができたから今から行こか?」 となりました。ちょうど天気も雨の合間の日。さらに今日を逃せば、二人ともしばらく遊びに出られる日がないところでした。私の方は3日に打ち合わせに出かけるまでは暇なのですが・・・

 今回の見どころは、コスモスとスイフヨウ(園内の見どころ図には、クスダマスイフヨウと書かれていました)。 ところが、シュウメイギクや希少種のフジバカマに見とれて、スイフヨウを見落としてしまいがっかり。 イベント広場のコスモスもしっかりと鑑賞。

Img_0548 ついでに展示会場に入ってみると、珍しくテーブルセッティングの展示。題名は「おめでとう」。中で一人控えておられた女性の説明では、今年で開園20周年を祝ってのことだとか。彼女の展示したのがこれ。ムーミンが75周年なので、20周年を迎えた文化園と重ねてこのテーマにされたとか。

 ところで、花博で飾られていた三角屋根の温室を移送してこの花の文化園を作ったと聞いてびっくり。聞いてみるものですねえ。

 20年前の大阪の花博では、家人が南米のナショナルデーのイベントで、藤森大統領やその他要人が来られた時の御参会(昼食会)で、通訳をしたことなどを話して、すっかり居座ってしまいました。ま、他に誰も入って来られなかったので良しとしましょう。その女性は、料理の先生で、文化サロンで和風とかエスニックとかいろんな分野の料理を指導されていると聞き興味が湧きました。日程さえあえば習いに行きたいと思います。

| | コメント (0)

サツマイモ料理

久しぶりにクマラスープを思い出して、サツマイモのスープを作ってみました。中学の英語教科書には、ニンニクと生姜も入れて玉ねぎと炒めることになっているのですが、すっかり忘れて、材料はサツマイモと炒め玉ねぎのみ。味ツケはブイヨンとカレーと塩・胡椒。

作り方は超簡単。①サツマイモの皮をむいて1~2センチ厚さに切ってゆでてからマッシュする。②玉ねぎを粗みじん切りにして炒める。③つぶしたサツマイモの鍋に、炒め玉ねぎも混ぜてブイヨン・塩・胡椒で味ツケし、暖めれば完成。

 サツマイモがまだあるので、芋の炊き込みご飯にしました。芋は1センチ角程度に切って、生のまま米と一緒に炊き、味ツケは出しの素と塩。炊き上がりに黒ゴマを振り掛ければ完成。

 本当は、これに道の駅で買ったむかごのバター炒めも作るつもりだったのですが、それではサツマイモ料理2種にさらに自然薯の実ですから、芋のオンパレードになるので明日に延期。むかご料理はまだ一度しか作ったことがありません。(炊き込みご飯) 明日は半分をエノキと人参と一緒に炊き込みご飯にし、残り半分をバター・ニンニク炒めにしたいなあ。

| | コメント (0)

ベランダ菜園もエコ?

Img_0538コアラさんちの不用品交換会があまり楽しかったので、私の関係するサークルの1つでもお試しに開催してみようかと呼びかけています。さてどうなりますことやら。 衣類のお古交換などは小さなお子さんが居る家庭では実施されていることでしょうが、中年以降の家庭ではなかなかそんな機会がありませんから、サークル活動の中で不用品交換会をしてみるというのも良いリサイクル活動になりますね。

嬉しいことにベランダの朝顔が今朝びっくりする位たくさんの花をつけました。花が開かない『残念な朝顔』と呼んでいたのに。他家の塀にもまだまだ満開の朝顔を見ます。

 もう1つ嬉しいのが、セリ。昨年頂いて、お味噌汁にちょっと入れたりして楽Img_0540 しんでいたのですが、また芽が出て葉になって・・・

またお味噌汁に使えそう! 残念ながらおネギは植えてないのです。

 ハーブは、小さいですがローズマリーとバジルがまだ健在。もう後少ししかもたないでしょうね。寒さには弱そう。ちょっとあると肉の臭み消しとかピザの香りに良い。

 公園やお庭に植物を植えるのが良いというだけでなく、ほんのわずかなマンションのベランダや屋上にでもちりも積もれば地球環境に良いとのことですから、せいぜい精出して緑を増やします。

 雑草ですが小さな白い花が咲きました。なんだか可愛いので抜かずに置いてあります。この季節は、こぼれダネやら飛来した種、そして植えっぱなしの球根から芽が出る楽しみな季節。冬知らずなど夏だってちょこちょこ芽を出して、他の花の養分を取るのでしょっちゅう草引きならぬ冬知らず引き。もう冬に向かっているので少し残してやりましょう。

Img_0539

| | コメント (0)

ミニ・リサイクル

Img_0535こ~んなに頂きました。

 コアラさんのおかげで去年から始まった、年に一度の不用品交換会へ今年も参加してきました。今回の出席者は6名。 これだけの人数でも結構いろいろな品物が集まり、持ち帰ったものは素敵なものばかり。他人の不用品は私の宝! 熊の縫ぐるみなんかその最たるもの。ピンクのテディベアは2009年のタカシマヤオリジナルベア。 ハンドバッグは娘が好みそうな色合いだったので頂きました。去年も新品の緑色のバッグを頂いたのですが、嬉しい限りです。 結構たくさん持参したのですが、それにも増していただきものが多かった? 残って返品されたのが、たった一つ。熊さん柄の袋だけ。バザーで知らずに同じ物を二つ買ってしまったので。

 Img_0531 左が娘が好きそうなバッグ。右が私用。Img_0536 いくつも小型の肩掛けバッグは持っているのですが、実際に使ってみると使い勝手が悪い。これなら結構入りそうなので大丈夫。外出必需品が入るかどうかが問題ですから。

財布・めがね・ハンカチ・ティッシュ・携帯電話

(朝のNHKゼロ・ロク・ゴー・ゴーではありませんが、出かける前にチェック!)

 

 

| | コメント (2)

可愛いプリンの容器

時間ができたからと、娘がケーキを持って帰宅。 海老で鯛というわけには参りません。我が家の夕食は、固焼きソバと寄せ揚げとサツマイモの天婦羅ですから。

Img_0528これはプリンですが、 容器がとても可愛いので私用に。 そして父親と自分用には味違いのドラ焼きを。実は私、甘すぎるプリンは苦手で・・・以前はコーヒーでも角砂糖を3個も入れ、底にたまった砂糖をスプーンで舐めていたほどの甘党だったのですが、ある時からコーヒーは砂糖抜きに。と同時にあまり甘すぎるのは苦手に。父親譲りで饅頭なら2個3個とペロリと食べていたのに、いまや1個半で十分?  

 ゆっくりできると言っていた娘なのですが、変更となり、翌朝早く出るというので、ちょうど毛染めをしようと思っていたところだったので、自力ではできない後ろの部分だけでも手伝ってもらおうとお願いしたところ、ちゃんと伸びた分だけ全て染めてくれました。理容師免許を持っているので、実に手際が良い。感激! 

 後で鏡を見ると美容院並みの仕上がりでした。時間を見つけてまたお願いね~。  

| | コメント (0)

ミックス粉を使ってソーダブレッド

Img_0530

娘が急に戻ったので朝食用にソーダブレッドを焼いてみました。コストコで買ったテーブルパンの残りが数個しかなかったのです。夜のうちにレシピをこのブログで探し出せたので、材料の種類が少ないソーダパンにしました。フライパンで焼くスコーンが食べたかったのですが、こちらは薄力粉・BQ・砂糖・塩・卵・ヨーグルト・牛乳が必要だったので、計量の手間が倍以上。朝は手間がかからないのが良い!

 ソーダブレッド

材料: ホットケーキミックス(我が家はコストコのパンケーキミックス使用) 150g

     バター25g・卵1個・牛乳大さじ2

作り方: 材料全部を軽く混ぜて一塊にし、190度で25分焼けば出来上がり。

あまりこねない方が良いようです。本当はバターを溶かしておけばよかったのでしょうが、急いでいたので、バターナイフで適当に小さく切って混ぜ込んだだけ。特別に塩を入れていないので、ケーキ用でなく普通のバターあるいはマーガリンで。

 今回の出来は、中味がフワフワで好評でした。前のより柔らかいとか。ん? それはたぶん卵が大きかったせい!

| | コメント (0)

そのまま植える種つきカードにびっくり

8月に記載したコアラさんちの花の名前が大きく違っていました。ノウゼンカズラ(英名 トランペット フラワー)です。失礼致しました。

先週までの地獄のような多忙な採点生活とはうって変わって、好きし放題の一週間が始まりました。昨日からすでに部屋や冷凍庫の整理に頑張りすぎて、腰痛を呼んでいます。動物ですからじっとしていても痛いなら、何か楽しいことをして痛い方がまし。???

 天邪鬼な性格なので、忙しいときほどあれこれしたくなり、暇で全く制約が無いときには、家事のやる気など起きやしない。 それで採点しているときには、終わったらすぐにあれをしようこれをしようと手ぐすね引いて・・・ 

 でもきっとそれは、子育てで忙しいママさんたちも同じかも。子育てが終わってからなんて待てませんものね。 まずはやりたいことを探し出して、工夫して人生を楽しみつつ、子育てと家事と旦那守りまでやっちゃいましょ。ウフフフ

 今日は、まず郵便局に用があって出かけて、日本語が通じないのかな?と不審に。ちゃんとこちらの希望を二人の前で説明してお願いしたのに、かなり違う内容の返答が。ま、いっか、保険の話ですから入るのを止めれば良いだけですから。 で、別のサービスを受けた後、ご褒美?お礼?に頂いたのが、花の種。 ん? どこに入っているのかと探すと、なんとカードに一粒程度の種の入ったシールが貼り付けてあり、そのまま植えるのだとか。ひえ~! 人生長く生きて来ても毎日何かでびっくりさせられて、楽しいわあ。

Img_0525写真は2枚のカードを裏表にして撮影。左下の小さなシールに種が入っているらしい。水に溶けるので、切り取り線以下を土に刺すだけ。

金魚草と帝王貝細工だとか。さて、芽がでるのはいつ頃かな。楽しみ。

 

 

| | コメント (0)

ベトナム手芸品の展示会へ

毎月最後の週末になんだか素敵なイベントを開催している泉南市の旧家山田家へ春以来しばらくぶりに出かけてみました。 門を入ったすぐにある庭では、ちょうど和太鼓演奏の稽古中で、迫力ある太鼓をリラックスして聞けました。

 庭の門側にある展示会場では、織物とベトナムの物が展示販売されており、素敵な状差しやビーズのバッグ、それに猫の形になっている眼鏡ケースを購入。家の中で展示されていたのは、数種類のトールペイントと立体工芸? 実のところ、トールペイントの展示があるというので出かけたのです。あまりにも繊細で鮮やかな塗りに感動!

 残念ながらカメラを忘れたので、せめてもと携帯で和太鼓の練習風景を撮ったものの失敗。カメラを指で隠してしまったかも。購入以来数回目ですから、もうすっかり操作を忘れてしまったという次第。出かけた証拠写真は購入したもので。

Img_0524Img_0522ちょうど、息子が小学校でお世話になった奥田先生に出くわし、短時間に近況を報告したり、砂川で藤の花祭りで有名な亡き梶本先生の写真展の案内までしていただきました。 あちらこちのイベントで10月は忙しいとのことでした。Img_0523お元気でなにより。

 お世話になったのは娘でしたっけ? 

| | コメント (0)

さつま芋レシピに挑戦

友人からたくさんサツマイモと枝豆を頂きました。枝豆はすぐに塩茹でにして2回頂き残りは冷凍保存。 次回は鞘から取り出してかき揚げにする予定。サツマイモと一緒に?

 サツマイモのレシピは、先日スペイン語の生徒さんから尋ねられたばかり。その方はご近所の数人から同時に頂いたとか。料理上手な方で、特にブラジル料理とかケーキ、ポンデケージョというチーズ入りパンもお得意。でもサツマイモのレシピは、焼き芋以外はご存知なくて困られて、レッスン日に無水鍋で作った焼き芋をたくさん持参してくださいました。ご馳走さま。

 私は、滅多にないのですが、食欲のない体調不良のときの非常食がサツマイモなので、常備しています。 もちろん元気なときにも食べますからいくらでも大歓迎。

 一番好きな食べ方は、焼き芋。

土鍋で焼き芋

 これはオーブンや電子レンジ(細い芋なら3~4分でOK)でもできますが、一度だけ土鍋にアルミホイルを敷いて焼いてみたらとってもホクホクした本物の焼き芋となりました。皮付きのまま水洗いした水滴だけで、火は弱火より少しだけ強めで20~30分。芋の大きさにもよるので、20分後に箸で刺して焼けたかどうだか確認し、固ければさらに焼きます。

フライパンで焼き芋

 フライパンで油を使わないで焼く、蒸し焼きですが、方法。厚めに切った芋がひたひたに被るくらいの水を張って蓋をして火にかけ、強火で水が無くなるまで蒸し焼き。時々水が無くなっていないか確認しつつ、水が無くなったら火を止め、しばらく放置するとし焦げ目つきます。徳島の母からの簡単焼き芋作りの方法。

天婦羅

 次が、天婦羅。皮付きで薄切りにしたり、皮をむいて少し厚めに切ったのも美味しい。

 太めの棒状にして素揚げにして塩を振っても美味しい。塩の代わりに黒ゴマでも良い。

かき揚げ

 桜海老か人参と一緒だと色合いが良い。玉ねぎや三つ葉と一緒も良い。

高野豆腐との煮物

 サツマイモと揚げとかサツマイモと高野豆腐も良い。

サラダ

 じゃが芋代わりにポテトサラダに。レーズンを入れるとなんだか洋風で美味しい感じ。

 サイコロ状に四角に切って、人参やキュウリも同じく切って、マヨネーズで和えてロシア風サラダ。

サツマイモご飯

 しばらく作っていなかったのですが、今回はたくさんあるので絶対炊き込みご飯と芋粥を作るつもり。調味料は酒と塩。それに食べる時に黒ゴマ。 うわ~、美味しそう。

 

| | コメント (0)

バザーのピロシキ大成功

エライコッチャの大盛況で無事バザーは終了致しました。一年に一回公民館祭に参加するのは、とても楽しみ。自分達で作って販売できる機会なんてそうそうありませんものね。お世話になった方々には本当に感謝。購入して頂いた方にも感謝。

 今年は例年より作る数を減らしたために、具材料の計算が狂い、追加購入に走ってもらう羽目になり、申しわけありませんでしたね。結局販売できたのは84個。しっかり反省して来年は計画個数が作れるように致します。

 例年は4時頃までずっとかかりきりで、公民館祭を楽しむゆとりはなかったのですが、12時半にはほとんど片付けまで終了。 皆さんのお昼ご飯用に牛蒡ご飯を買いに降りたついでに、一階バザー会場をさっとだけ見て、目ざとくテディベアの縫ぐるみとヨーヨー手芸?のコースターをゲット。ウフフフ

Img_0518 Img_0519 Img_0520 この見事なまでのコースターの売り方。5枚セットなのですが、可愛くレースのリボンで結ばれて、『買ってちょうだい』信号がハートマーク入りで飛んでましたよ~。ん? 見えたのは私にだけ?

この手作りグループは、『ばーばーママ手作り市」を12月3日・4日に新家「山田家」に開催されます。カードを頂きました。ホームページもお持ちなので後で訪問させて頂くつもり。

| | コメント (0)

手作りキットでスイートポテト

今度は無印良品の手作りキットを使ってスイートポテトを作ったと娘から写メールが到着。101022_153001

最近時間ができたので、毎日何かしか美味しいものを作っている様子です。ゆとりがあるときに少し太っておく方がいいものね。ただ、作りすぎたものや食べ物を袋に入れたまま放置しておくとまたネズミにかじられますよ。ご注意!

 私は料理は好きですが、お菓子を作るとほとんど一人で始末することになるため、出来る限り作らないようにしています。パンやピザなら大体朝食か昼食として食べ、残りは冷凍保存。 今は、ピロシキ(カレー)とカルツォーネ(エンパナーダみたい)を冷凍中。

さて、これからピロシキの皮材料を計量してビニール詰めしましょう。

| | コメント (0)

明日はバザー

連続早朝6時起きで深夜まで採点し、ヘロヘロになりつつもやっと今月の予備校仕事終了。 ちょっと横になります。 これで来月初めまでゆったりできま~す。  

 さっそく明日は公民館祭のバザーに参加し、ピロシキ作りと販売! 2年ぶりですから、大張り切り。 (力をつけるために何を食べましょう?) 完売を目指して美味しくて姿形のいいピロシキにしなくちゃ。参加の皆様、宜しくお願いしま~す。また、お時間のある方は寄ってください。

 私の完成させたレシピはかなり独特で失敗無し。他のレシピもいろいろ検討した結果、イーストを減少させたりBPを無しにしても出来るはずですが、発酵時間がかかるため少ない人数で短時間で調理することを考えてのこと。自宅で少量作る場合は、もちろん普通のイーストだけのレシピでも、BPだけでも大丈夫。 味ツケはマヨネーズだけですし油で揚げるので、破裂以外の失敗はあまりありません。ウフフフ

 娘から、今度は我が家の家庭料理を引き継いだカツどんの写メール到着。私の和風料理の数少ないレパートリーの一つ。 子供頃(小学生?)、八百屋をしていたので、お店から失敬した牛蒡の天婦羅で天丼を勝手に作ったのが最高のご馳走でした。

101021_203901  

| | コメント (0)

ピザキッドでレストラン並みのピザ

101021_022401私も時々セール品のものがあればキット類を使うのですが、昨日は無印良品のピザ生地セットでお手軽にできたと娘から写メールが届きました。頑張ったねえ。こりゃもうレストランに行ったみたい。 きれいだし美味しそう。私が今朝焼いた超分厚いホットケーキをアップしようとしていたのですが、この写真に圧倒されてボツに・・・とてもフワフワで美味しかったのですが、見場が。 円形型を買わねば。

○ベビーリーフと生ハム
→サラダ・前菜っぽく

○ピザソース・チーズ・スパム・パセリ
→ボリュームたっぷりメインで
○ピザソース・チーズ・オニオン→最後はさらっとマルゲリータ♪♪

101021_022701 101021_024501

| | コメント (0)

今年はスダチは不作?

我が家のスダチが終了間際にスダチを頂きました。 近所に住む友人からの自家栽培のおすそ分け。感謝。なんだか今年は不作だったようです。どうやらスダチだけではなく柚子もそうらしい。残念。とにかく今年の夏の暑さは異常でしたから。

 そういえば、去年はジャムやら冷凍保存をたくさん作ったので、まだ残っていますから大丈夫か確認しつつ使ってみましょう。

 今朝はカルツォーネを作ったのですが、明日の朝はTVで見た超分厚い、フワフワのホットケーキを作ってみたい。 さて、できるかな? どうやら、種の硬さが問題らしい。それに焼き時間が20分だとか。 

 

| | コメント (0)

20分でカルツォーネを

数日前のニュースで、フィリピンを大きな台風が襲い3名死亡とのことで息子一家を心配していたのですが、本日連絡があり、大丈夫とのことで一安心。最高風速90メートルだったそうですが、それもかの地の計測なので・・・と彼曰く。

Img_0511 Img_0515せっかく知った料理名なのでネット検索で、超簡単かつゆる~いレシピを発見。適当な材料で適当な分量で。まさにいい加減な私向きです。写真を見る限り、ピロシキあるいはエンパナーダと同じに見えますが、中味はトマトソースとチーズ、もう1つはカレーの残りそのまま。

 

4個分の材料

皮の材料

強力粉で作る場合は、イーストを使用し、薄力粉の場合はBPを使うとふっくら。

① 強力粉 250~300g              ② 薄力粉 250~300g

  イースト 小さじ1                  BP   小さじ1

この後は共通

 砂糖大さじ1・オリーブオイル大さじ1・お湯100~150CC(加減を見て調節)

 チーズ  適量・ トマトチーズ(あるいはピザソース) 適量

次は具の材料。 以下からお好きなものをチョイスして!

 ハム・玉ねぎ・ピーマン・ベーコン・ウィンナー・なす・ゆで卵・ツナ・残りカレー・ラタトゥイユ・ミートソース・ポテトサラダ

作り方

 ① 皮材料をすべてボールに入れて、お湯はまず250gを入れて捏ねて、固すぎれば追加していくという方式で。時間があれば全体を丸めて10分放置。

 ② 皮を休めている間に具の準備をする。

 ③ 皮を4等分して円形に伸ばし、半円分に具を乗せて、半分に折って隅をスプーンで押して確実に口を閉じれば、弱火で余熱しておいたフライパンで片面5分ずつ焼けば完成です。

 時間系列

材料の計量と捏ね時間5分→具を準備して皮に包む5分→焼き時間10分=20分

 イーストの発酵時間がない場合は、できれば薄力粉とBP(ベーキングパウダー)でするのが良いかもしれません。

 バザーで作るピロシキ流だと、イーストとBPの両方を入れます。そうすると寝かせる時間が短くてもふんわりさくさく。 オーブンやフライパンで焼くのではなく油で揚げると、さらに美味しそうな狐色になり大きく膨らみます。

Img_0514 オーブントースターで焼くとこうなります。

                 

| | コメント (0)

『百まで踊ろか』 ちょっとええ話 その③

『百まで踊ろか』

 町内の婦人会の方々のお世話になり、今年も敬老会に招待していただきました。

 そして、私は去年と違い、久しぶりのスカートです。それもすその広がった25年前に自分で仕立てた代物です。捨ててもよいものを大切にしていたので、着てみると、少しやせたせいか、仕立てたころよりも格好よく見えます。

 敬老会では、最後に阿波踊りがあるので、今年はこのすそ広がりで踊ってみようと考えたしだいです。

 誰かが「手を上げてアシを運べば阿波踊り」と、俳句を作ったら、「阿波踊りはそんなもんでない」と誰かが怒ったけれど、私は好きで踊っているだけ。我が家の主人などは大阪育ちのせいか、手は上げても足が前に出ず、電信柱のようなもので、足が運べれば阿波踊りで、よろしいかと思いつつ踊ります。

 いろいろお土産を頂いて、祝辞もいただいて、私は生まれた町に住み、お名前はともかく、顔なじみは大勢います。楽しい一日でした。そして何より、お目当ての阿波踊りは最高でした。踊っている中の誰かが「百まで踊ろか」と言ったので私が「そうしよう」とはやして踊り終えました。

 また来年も、婦人会の方々のお世話になり、一緒に踊れますように。

| | コメント (0)

『ヤットサー』 ちょっとええ話 その②

『ヤットサー』

 まだ幼稚園の年少組みなのに、おそろいの踊り衣装があり、頭の上で束ねた髪に紅白のねじり鉢巻きもすてき。お盆4日のうちに、よしこのになじんだものか、幼稚園での練習のたまものか、今日は母親に連れられてわざわざ私のために阿波踊りを見せに来てくれました。数あるひ孫の一人です。

 「ヤットサー」の掛け声もなかなかのもので、私の口三味線で踊ってくれました。少々テンポが速いのは行列に遅れないためでしょうか。私も5歳くらいから大人に付いて踊っていきましたが、気が付くと、いつの間にか一番ビリになっていました。子が踊り、孫が踊り、しみじみ血のつながりを感じた一日でした。

 ひ孫たちが帰ってから夕刊の「ちょっとええ話」を開いてみました。思いがけず65年前の私が見た、あの飛行機雲を、花えんどうさんもはっきり見たと書いてくれています。若い人にはなかなかわかってもらえない飛行機雲です。私などはその10年前に、上鮎喰町に着陸した飛行機を弁当持参で見物したのですから。それから徳島大空襲。8月になり原爆投下を2度、ソ連参戦、敗戦と続いたけれど、ご無事で何よりでした。 

 生きてきて、生きてきて、今年も阿波踊りを見ることができました。

| | コメント (0)

『ちょっとええ話』 その①

友人にも新聞投稿が趣味の方がいるのですが、母も大好きなのです。徳島新聞に掲載してもらった分を3つ連続でアップしておきます。

 『ちょっとええ話』コーナー

『神様』

 ちょっとええ話の「神様の落書き」を拝読、私もちょっぴり涙ぐんだ。私も飛行機雲をよく見上げる。神様の落書きの青い空もいいけれど、夕焼け小焼けの飛行機雲もいいもんだ。

 けれど、あの日の空も青かった。たしか昭和19年の春だった。現在の城東高校での授業中、突然の空襲警報だった。徳島に初めて空襲警報の出た日だった。そして、担任の先生が「すぐ家に帰るように」と言った。

 私の家までは急ぐと35分ぐらいだけれど、吉野川の渡し舟と汽車を乗り継いで通学している人もいるので驚いた。私はともかく学校を走り出て近くの徳島城公園に逃げ込んだ。

 けれど、その時すでに青い空に2本の濃く白い線が西の空に伸びつつあった。敵機2機の仕業だった。それを公園の中で見上げている大人たちが「あれは毒ガスじゃ」と言った。それだとすると、あの毒ガスが少しずつ地上に降りてくるとわれわれは死ぬということだ。早く家に帰り着いてから死ななければ、と走ったものの、よく見ると、それはそのまま地上に降りてくる気配はなかった。 白い線はあまりに高い。少しずつ北の方へ流れそうにも見え、ぼやけそうな予感がした。

 それが飛行機雲だと知らされたのは翌日のことだった。まだ校庭に防空壕はなく、勤労学徒動員にも出ていないころだった。

| | コメント (0)

俳句30句 (8月の続編)

ふと気づくと前回は8月14日に掲載したままでした。エライコッチャです。

11 さくら散り止まず蛇谷狸谷

12 おほかたのこと壷中なる春の夢

13 軍国少女たりしも春の夢ならむ

14 眉山に桑の実熟るつところかな

15 四十雀好きに出入り稲荷堂

16 月光の茶の木ばかりに城址かな

17 望月や城山多き阿波の国

18 名の月に水上バイク呑まれゆく

19 柿一竿吊るや身辺うすあかり

20 白梅はつぼみ凍蝶未だ覚めず

21 注連飾稲穂は雀れのために

22 元旦や歩き始めし男の子

23 クリスマスローズはみ出しスケッチ帳

24 剣山の雪春弾む一輪車

25 雪晴の弁当箱に茹卵

26 楮干す村鈍行の玻璃もかな

27 義経道首洗ひ井戸冬すみれ

28 浅春や旗山に義経騎馬の像

29 錆浮ける駒繋ぎ石春時雨

30 佐保姫の移り香雨の末黒かな

   私には読むこともできない感じがいくつかあり、手書き検索で入力するありさま。これでは俳句を鑑賞することはできません。私の代わりにお好きな方だけお楽しみください。

| | コメント (0)

カルツォーネって?

今週唯一の空時間ができたので、採点答案を送り出してから、郵便局へ走った帰り道、マッサージに行くわ、美容院へ走るわ・・・暇が出来てなぜ忙しい?

 ところで、カルツォーネってイタリア料理のはずですが、ピロシキをフライパンで焼いた感じ。 正確な情報ではないけれど、美容院でみた雑誌に、フライパンで焼いているレシピがありました。まるきり同じではないけれど、ピザ生地で作っているのでパイに近い。これはまさに、南米ではエンパナーダと呼ばれるミートパイ風のもの。私の住んでいたベネズエラではそう呼びますが、ボリビアではエンチラーダ?でしたっけ。以前、公民館で国際交流クッキングパーティーとして作り方を教えてもらったことがあります。

 簡単に作り方を説明すると、パイ生地(私なら薄力粉に油と水を混ぜただけで作りますが)を丸く成型し、その手前側に好みの具を置いて半分に折り、端を丁寧にくっつけ(フォークで押しても良いし、ネジネジして可愛くしても良い)て、フライパンで両面焼くだけ。油で揚げるとピロシキ風。

 Img_0494 この状態でフライパンで焼けばカルツォーネ風となり、油で揚げるとこうなImg_0495 ります。この写真は前にピロシキ紹介でアップしたはず。

| | コメント (0)

眠れる天使達

07102010014 熟睡中の孫達。さぞかし起きている間は、活動的だったことでしょう。賑やかな子供が苦手な私には、寝ている天使達が望ましい。ウフフフ 

ペンちゃんもホッとできる時ですね。40キロそこそこしかないですから、ジャンボベビーの育児は日々筋肉トレーニングになっているかも。ま、そうやって母は強くなっていくのよねえ。

 ところで、今週の土曜日は久しぶりのバザー参加ですから楽しみなのです。去年は新型インフルエンザのせいで中止でした。 今年は例年より少なめに、ピロシキを80個作って販売する予定。ツナマヨネーズ味と粒アン入りの2種。以前はさらにカレーも入れていたのですが、調理人数が少ないので断念。

 今日、イオンリンクウで皮の材料を調達。授業中以外は普段かけない遠近両用めがねをかけて買い物をすると、細かな字がよく見えて便利。階段やエスカレーターだけは気をつけないとつんのめるけれど。

 何がよく見えたかというと、強力粉のグラムあたりの値段。 おかげで節約できました。視力は大事。

 美味しいピロシキができると良いですね。皆様、宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

ジェイアール君、6歳

14102010021_2 この14日はフィリピンに住む孫のジェイアール君の6回目の誕生日でした。 ペンちゃんから送ってくれた孫達の写真をアップしておきます。

これは幼稚園で誕生パーティーをしてもらって、たくさんプレゼントを頂いてご機嫌の彼。

14102010014 右はクラスで皆と。去年と同じテーマのバースデーケーキをおねだりしたとのことです。スパイダーマン。日本のと違っていろいろなデザイン有り。

 南米でも同じでした。ケーキだけじゃなく、ピニャータというキャンディーや小さなオモチャが隠された大きな張りぼてを吊って、子供達が叩き割って落ちたのを一斉に拾い集めるというゲームがあるのですが、さてスペイン領だったフィリピンにもあるのでしょうか?

 しばらくぶりに巨大ベビーのナオちゃんとの写真もアップしておきます。娘よ! ご覧! 昔のあなたを思い出します。(4560gで生まれて、今や174センチに成長) 

 ナオちゃん(11ヶ月)は10キロで、ジェイアール君(6歳)は15キロでしたっけ?

11102010003_2

 

| | コメント (2)

ガレットってお菓子じゃなかった?

娘が友人と昼食を食べたときの写メールから。ホタルイカのガレットと大葉のサラダ。

なんだか美味しそうというより綺麗という感想になってしまいます。

101015_122401 101015_121401 右のがガレット。甘いお菓子だと思っていましたが、おかずなんですね。

 娘と三人でコストコへ。土曜日だったので、道路は混むは店内も混むわで、次回からは週日か日曜日に出かけることにしましょう。またまたいっぱい購入。今回は彼女の生活用品やクーポンを2枚も使用する買い物ができたので、多忙な中を無理して行ったかいがあったでしょ。

 クーポンは、缶入りポタージュ(12缶セット)と韓国のり。残念ながら生ブルーベリーは無かった。アメリカ産がどんどん値上がりしていたので今はチリ産もなく、端境期なのでしょう。寒くなると美味しいのが出てくるはず。楽しみ。

| | コメント (0)

パンの耳でデザート

娘から教わったパンの耳の活用法。ホットケーキミックスに卵と牛乳を入れて、パンの耳にまぶして油で揚げるだけ。先日、なんだかモダンな名前(ベニエ?)だとかと教えてもらったばかり。実は、昼食用にアメリカンドッグを揚げたくて、串付きソーセージに上記をまぶして揚げたときに残っているミックスを活用したという次第。

写真は後ほど。採点仕事の合間の息抜きです。

Img_0507 やっと写真編集ができました。ちょっと格好はよくないですが美味しく頂きました。砂糖を入れてないので甘くありませんが、ミックスですからたこ焼きに使うとやっぱり変でした。

| | コメント (0)

娘の「スペシャル天丼」編

101013_020401今朝は、チリ鉱山の600メートル以上もの地下から無事救出された人や家族の喜びのインタビューが、スペイン語で放送されていました。

こちらは娘からの写メールです。

一から天丼を初めて作ってみた(^o^)

○玉ねぎ
○ナス
○ししとう
○椎茸
○牛蒡と人参のかきあげ
○海老さん♪♪

ナスと椎茸には飾り包丁入り(^v^)

天丼のタレも
煮きったみりんや
鰹出汁をひいて使って
作ったんだよ~

めちゃめちゃ美味しかったわぁ(`▽´)

 原文載せて大丈夫かな? ダメならいつでも消すよ。でも、音符もニコニコ顔も楽しさ、美味しさを十分表現できてるから・・・さすが現代人。

 我が家は、水ナスを使った焼きナス(酢味噌味)と鯛のあら炊き。それに昼炊いた五目御飯の残り。珍しく 1日に2回も米飯だった! 主婦の料理は、冷蔵庫と相談してのメニューとなるので、今回の五目御飯は牛蒡・人参・牛蒡天・油揚げ・糸コン。うっかり干椎茸を入れ忘れ。そして写真も撮り忘れ。

| | コメント (0)

絵具で染色大失敗の巻

採点で忙しい最中、あれこれと身体を動かすために、手洗い洗濯や衣替えやついには染色まで手を出す始末。 じっと机に向かっていると背中がイ~っと痛くなるのです。1時間に一回はうろうろするかゴロリと横になる必要あり。

 試験染めはうまく行ったのですが、本番で大失敗。薄すぎたので二度目に染めたときにむらが出来てしまったのです。残念。

 いくつも同時に染めてみたので、素材によって染まり方が極端に違うことも分かりました。

Img_0503 竿に干すときにショールに糸を通しておくのは今回は成功したのですが・・・

手前側のカーディガン?は袖を通して干しましたが別に染めむらは発生無し。問題は、ショールの裏側にかなりの絵具の塊ができてしまったみたい。干す段階で手でもんでおいたので、最小限の被害に。ステンシルする時に何とかカバーできると良いのですが。

 もっとひどい失敗は、Tシャツ2枚。もうこれはどうしようもない。 トホホ

Img_0504

Img_0505

失敗は成功の元と言いますから、これに懲りずにまたがんばろうっと。

カーディガンとショール、不用品交換会でお見せします。不器用な私のすることですから、笑ってください。

| | コメント (0)

娘の手料理紹介

101011_015801 彼氏の誕生日祝いに作ったチャーシュー丼。これで数度目かの挑戦なので、かなり手馴れてきたらしい。時間がかかりすぎると家庭料理としては?ですものね。 私は普段は30分程度を基本に考え、いつでもすぐ味噌汁だけは作れるように、玉ねぎをスライスして置いてます。もちろんそれすらシンドイ時のためにインスタントも準備。コストコで全国の味噌汁歩きみたいなものを・・・ウフフフ

| | コメント (0)

簡単ピザトースト

ピザの皮を作るのは少し面倒な気がしたので、自動ベーカリーで食パンを焼き、トマトソースを手作りして、朝食にピザトーストを作りました。 残念ながら写真を撮るゆとりは無かった。 でも美味しく頂きました。 

トマトソース

材料: トマト缶 1缶・ アンチョビ缶 1缶 ・ニンニク1かけ ・唐辛子 1本 ・バジル ・オレガノ・塩 ・胡椒各少々 ・オリーブ油

作り方: 薄切りニンニクと種を取った唐辛子(鷹の爪)をオリーブ油で色づくまで炒めてからフライパンから取り出す。そこへトマトとみじん切りにしたアンチョビ、バジル・オレガノを加えて煮詰める。塩・胡椒で味を整えれば出来上がり。

 この分量でピザ3枚分だとか。トーストだと何枚分なのかは不明。 (2回分使って残りが結構あったので冷凍保存。)

 このトマトソースを食パンに塗ってから、玉ねぎ・ピーマン・ハム・チーズを乗せて焼けば美味しいピザトーストの完成。 食パンをすりこ木で押してペッタンコにするとなんだかピザに近くなる感じがします。ベランダのバジルの葉をちぎって乗せる予定だったのですが・・・

 毎朝、スムージ(冷凍フルーツ・ブルーベリー・生バナナ・牛乳・ヨーグルト)を作り、自分だけに地中海ヨーグルトにブルーベリーとバナナを入れ、二人分のトーストかなにかを作るのは結構な手間。つい写真を忘れてしまいます。

 さて、とうとう採点の仕事開始です。予備校での打ち合わせに行かないと採点枚数も追加の有無も分からないというシステム。ちょっとドキドキな気分。ま、たぶん超忙しいのは来週くらい。その後、娘もさそってコストコへ行くのを楽しみにしています。

| | コメント (2)

朝食用にソーダブレッドを

Img_0497 自動ベーカリーでの食パンとホットケーキミックスを使ったお手軽ピロシキも失敗し、それではと頑張って美味しい食パンを作り、ピロシキも成功させ、そして今朝はイーストを使わないパン、ソーダブレッド(ベーキングパウダーを使います)を焼きました。計量から焼き上げまで1時間程度。焼いている間に、スムージー(冷凍フルーツのジュース)とオムレツを作って、今朝は豪華な朝食となりました。私はさらに地中海ヨーグルトにブルーベリーとバナナ入りを。

 『きょうの料理』のレシピでは、4人分でしたので半分で作りました。(アーちゃんと三人分ですが)

材料: 薄力粉 150g・ベーキングパウダー 大さじ半分・バター 25g・卵1個・牛乳大さじ2・強力粉少々(打ち粉用)

作り方: 材料を全て入れ、あまりこね過ぎぬようにします。大きく1つにまとめて十字に切り込みを入れ、オーブンシートを敷いた鉄板に乗せて25~30分焼く。

 混ぜすぎると固くなるので、そっと行うこと。ドライフルーツやナッツ類を刻んで入れると美味しいとか。

| | コメント (0)

再度ピロシキを作りました

Img_0494 Img_0495昨日は、揚げ温度が高すぎて失敗したので、再挑戦。証拠写真を撮っておきましたから目で楽しんでください。具を冷凍しておいたのは、娘が戻った時にピロシキを作るつもりだったから。

エンパナーダ(南米のミートパイ)の包み方にしておいたので、可愛いでしょ。ピロシキはヒダをつけずにホークで押さえる方法が紹介されていますし、お店のは包んだ箇所が真ん中に来るように形成してあります。

 これで何日油料理が続いていることか。2日前は野菜だけの天婦羅。昨日はピロシキとお好み焼き。本日はピロシキとコロッケ。 カロリーが高いので米飯無し。3日前は? 記憶無し。(ん~、火曜日)

 毎日、なにかかにか楽しいことをして過ごし、忙しくなる来週からの日々に備えております。 考えてみると採点の仕事が超忙しいのは、一年のうち2ヶ月くらい(6月と11月かな)。 今年は10月は一件のみなので、追加がなければ楽勝。 

 仕事以外では、10月は公民館のバザー、不用品交換会、阪南市の商工会祭のステンシル体験に参加と行事が目白押し。 そうそうもう1つ、仕事の合間をぬって、泉南市の農業公園のコスモス狩りとさつま芋堀り(12日~22日)に出かけたい。 もちろん、いつものとおりの公民館指導とチャットレッスンとネット教材指導もあります。

 

| | コメント (0)

ハロウィン・ベアを手に入れました

Img_0493 熊好きとしては、現品限りの表示に弱くついで買い。カルディにコーヒー豆を買いに行ったのですが。ついで買いは、家人ももう慣れたもので、「もう他にはないか?」 と声かけしてくれました。はい、はい、お言葉に甘えてサルサとスープ缶もカゴにポイ。 

 本日は、イオンのフードコートで初めてロコモコセットを食べ、ついている飲み物をアイスコーヒーにしてもらったことだし、試飲コーナーの列を見てホットコーヒーは自宅に戻ってからにすることに。

 毎年ハロウィンの頃になると、アメリカ人女性とティームティーチングをした時のことを思い出します。彼女は演劇に興味があるとかで劇仕立てで英語で「三匹の子豚」を演じてくれたりと、とても熱心な先生でした。その彼女に、ハロウィンパーティーに出かける途中の日本人の男の子がアメリカで射殺された話を、授業で取り上げて 「フリーズ」 という英語の説明をしても良いかと尋ねると哀しそうな顔をして、「アメリカ人皆が家に銃を持っていると考えられているけれどそれは事実じゃないし、自分も近所の人も持っていない。もし、持っていると襲撃された時に被害が大きくなることもある。」と言われたのです。

 確かに、護身のために銃は必要だという意見が多いですが、持っていなければ相手は撃ってこないかもしれない。 私は外国で住んでいた時に、警官とガードマン以外で二度銃を持っている人に遭遇しましたが、見慣れていないのでドキっとしました。 

| | コメント (0)

一番小さなツッパリ棒を入手

Img_0496 先日、カラーボックス用に購入したツッパリ棒がほんの少しだけ大きすぎたので、別の用途に使っているのですが、さらに小さいのを入手できました。うっかりまたサイズを測り忘れ、こわごわ2本だけに。後2箇所に欲しいので次回4本を追加購入希望。(イオンリンクウ)

 別のヒャキン(ケーヨーD2の隣)で、下段のカラーボックス用に箱型のカゴも購入希望。店舗が違うとサイズと色(薄い青)が違うかもしれないので、メモ。

| | コメント (0)

簡単ピロシキを作ってみたけど

今年も公民館祭のバザーが迫ってきましたので、材料は違うのですが、夕食にピロシキを作ってみました。冷凍庫に具を作って保存してあるので、ホットケーキミックスを使って簡単に。バザーでは強力粉と薄力粉にイーストやベーキングパウダー等を使ってちゃんと作ります。今年は個数をぐっと減らして、50個か100個程度にしましょうか?

 ネット調べの簡単カレーパンを素揚げにしたらピロシキです。

材料: 小麦粉 大さじ2 ・ ホットケーキミックス(パンケーキミックス) 150g

    牛乳 150cc ・ 油大さじ1

作り方: 材料全てを混ぜて、10分休ませてから6個に切り分け、具を包み、油で揚げるだけ。

 カレーパンにするのなら、フライのように小麦粉・とき卵・パン粉をつけてから油で揚げると良い。

 残念ながら、作業途中で他のことに気を取られ油の温度が上がり過ぎ、黒くなったので写真には撮れませんでした。 具はまだあるので明日再度作ってみます。 発酵させないので、ほんとうにすぐにできます。

 具がなければ、レトルトのカレーにカタクリ粉を加えてトロミをつければ大丈夫。 

| | コメント (0)

テディベアの新しい居場所

Img_0488火曜日はステンシルレッスンに出かけましたが、作品はアップできないので残念。今月は虎。家人のフード付きカーディガン?の前後に3頭染めました。前2頭は茶。後ろだけ黒。 今回初めて布用ペイントを購入。レッスンではコアラ先生のをレンタルさせてもらっています。かなり高価なので、よく使うピンクと青、それにメディウム(色が薄くなります)。だけ注文してもらいました。ABCクラフトにあるそうです。

 飾る場所に困る熊達の居場所ですが、また居間から私の部屋に戻ってきました。 誰も見てくれない居間より良い。いつも見てやらねば埃まみれになるだけ。 熊がいっぱいの写真たてなのですが、写真は二の次。だから入れてません。中には貯金箱もある。ん? 縫ぐるみではない熊はテディベアではないのかな?

 私の部屋の熊の数は数え切れない。中には間違って犬やキリン、猫まで。下の写真は、壁に熊型のピンで熊を飾ってみました。たくさんあるのでたまには隅っこから目立つところに出してあげなくては可哀相。

 Wall

| | コメント (0)

100円グッズで模様替え続行中

Img_0491 住まい・インテリアというカテゴリーを初めて使用。もう4年も使っているのですが・・・

 これは先日カラーボックスを横にしてリサイクルした時に、TV台を縦にひっくり返し、さらに中に3段の棚を入れ込んで使っているのですが、ツッパリ棒を使って可愛いカフェカーテンをつけ外側用に暖簾を見つけたので、カバーしてみました。 写真技術の稚拙さから変に写っていますが、もう少し撮ればキチンとぼろは隠れています。

残念なら先日アップしたカラーボックスの上部にスペースを作る予定で購入したツッパリ棒Img_0487 はほんの少々ながら大きすぎ。 仕方がないので、カラーボックスとロッカーの間に使ってみました。耐重量は1キロなのであまり重いものは掛けられませんが、これだけ吊っても大丈夫。

 ちなみに、もしもう少し重いものを掛けるつもりなら、2本重ねて使うことも可能。 窓際で4段カゴをぶら下げてあるツッパリ棒はかなり太めなのですが、2本で支え、その横にさらに2本突っ張らせて、上にいっぱいテディベア入りの皿を乗せてあります。

 下の写真は、カラーボックスの棚に入る青い蓋なしの箱を購入。次の機会に3個ほど同じ箱を購入希望。 日根野オークワに隣接しているダイソーにて。同じダイソーでも店舗により商品は異なるので、ステンシル素材用エプロンはリンクウイオンの店舗、ペイントはイズミヤの2階。 キャンドゥーではまた商品が異なって面白い。(近場ではリンクウ近くのマックスバリューの隣と東岸和田、日根ジャス2階のもある)

 そうそう、今回本来の目的だった本棚のサイズに合わなかったツッパリ棒。どこかのヒャッキンにもっと小さいのがあるかも。探してみなくちゃ。一番小さいサイズなら絶対大丈夫!と採寸しなかったのがミス。大抵手と指で簡単に測って行くのですが。「ヒャキン 命!」 里の母81歳の、「ムダなものは一切買わん!」という声が・・・いえ、いえ、快適に暮らすために必要なものです。

 Img_0486

| | コメント (0)

リリアン編みでヘアバンドか帽子を

Img_0485 毛糸でのリリアン編み二日目。結構ながく編めました。どなたかのブログにお邪魔したとき、家族が2メートルも編んでるけれどどうするのでしょう?と書いてありましたが、たぶんそれは編むのを楽しんでいるのでしょう。私もそうですが、でもこれは丸く縫いとめて太めの防寒ヘアバンドか帽子にしようと思って、どんどん編み進めています。40gの毛糸分。

 義母からもらったカゴがいくつも遊んでいるので、さっそくリリアン用にし、糸やら手作りのリリアン編み機などすべて入れられて便利。

 籠の前に今使っている編み機(ラップ芯に5本棒)とさらに大きい編み機(キッチンタオル芯に6本棒)を作っておきました。糸は中細の毛糸。どんな仕上がりになるのか楽しみ。リリアン編みは伸縮性があるので、帽子にするならかなり小さめに作るべき。TVを見ながらや小説を読みながら編むことができるくらい単純作業なのですが、編みあがったものを何かに巻き取っておかないとねじれて始末が悪い。

 ところで、大きな方のリリアン編み機では何を作りましょう? 一応作っておいただけですが。 両端を絞らずに編んだままにして植木鉢カバーとか花瓶カバーにするということも可能。

| | コメント (0)

イケアのお勧めは何?

Img_0477 Img_0480残念ながら土曜日のチャットが今週はできませんでした。チャットが繋がらなかったとか。残念。

さて、朝顔が満開になったかと思うと、今度はムスカリに芽が出てきました。楽しみ!

 金曜日に出かけたイケアのお勧めは何でしょうかとの質問を頂きましたが、今回は至るところに『皆様のおかげで値下げできました』、の標識がいっぱいで、何もかも安いのね、と感心しつつ通過。 展示方法が日本の家具屋さんとは違って楽しいので、見るもの皆お勧めです。日本方式だと、机は机コーナーですが、イケアは1つの部屋になっていて、いかにもそこで生活できそうな感じ。だから、こんなのがあると便利なんやねえ、と思わず手が出る仕組み。もっとも大きな家具は衝動買いなどしないようご注意。

 私は便利小物(折りたためたり、布製だったり)が欲しかったのですが、でも一番気にかかったのが、メーター約350円くらいの生地。枕カバーやクッションカバーによさそうな可愛い柄がいろいろ。 でもミシン掛けに自信がないので、結局買えなかったのですが・・・

 とはいうもののミシンかけの練習しなくちゃと、本日日根ジャスでさらにお安い生地(メーター180円なり)を購入したので、練習台にします。 以前、ペンちゃんが作ってくれた枕カバーがさすがにもう古びたので。2個くらいなら手縫いでも大丈夫なのですが、ミシンが使えるかどうかとりあえず確認してみます。

 衣替えもしなくてはならないのですが、手芸店に行ったついでに毛糸を購入したり、リリアン編み器を手作り(ラップ芯を切り、割り箸を貼り付けただけ)したので、今夜頑張って編んでみます。 部屋の模様替えをしたのがひびいているらしいので、続いて重いものを動かすともう腰がアウト。 たぶんその影響でイケアで、歩行困難となり、途中から車椅子を借りて押してもらったくらい。 コストコ(かなり広いのですが)よりもさらにさらに店内が広いのです。 

| | コメント (0)

イケヤで食事

昨日はイケヤに出かける前に、娘はABCクッキングで修業してきた鯖寿司 とさつま茶巾を作ってくれました。時間がなかったImg_0481ので、一切れだけ試食して残りは夕食に。なかなかの出来でした。

Img_0482 

自宅からはナビの予定では約1時間。少し余分にかかりはしましたが、コストコほどではない。買い物の前に2回のレストランで遅めの昼食をとりました。初めてなので、システムが分からないのでレジ係りに声をかけると優しく丁寧に、セルフ方式で好きなものを取ってからレジでまとめて支払うことを教えてくれました。店内は広々としてゆったりと見ながら購入。デザートも少しありましたが、別コーナー(レジの後)にデザートがたっぷりありました。

 嬉しいことに、期間限定なのでしょうが、2種類のメニューが半額。肉団子とパスタ。さらに、レジでは、イケアのファミリー会員券を持っているとドリンク全て飲み放題と知らされました。良い時期に来たわけです。家人がネットで調べていたらしく、「俺は知ってた!」と。はは~ん、それで珍しくレストランへ行こうと言ってくれたんだと了解。コストコでは絶対に食べて行こうかとは言わない。

 いつものとおり、美味しい物を食べていると写真撮影は失念。

 イケアで購入したのはほとんど娘のもの。 欲しがっていた2段の棚は我が家から運んだので、結局買ったのはこまごまとしたものばかり。室内用物干しとかゴミ入れに、台所用具等々。我が家の分は調味料入れのボトルセットと、息子一家へ送る指人形。

Img_0483 Img_0484

| | コメント (0)

明日はイケヤへ

娘にアメリカの問屋であるコストコを見せてやると、次はスウェーデンの家具屋のイケヤへ連れて行って欲しいと。 お前の欲望は果てしないなあ、とまた嘆息。そういえば、フランスの食料品店のカルフールは春に日本から撤退したのですが、3人で出かけたことがありました。日本も海外からの出店が増えて国際化が進むのかと思いきや・・・

 家の中にはもう大きな家具を置くスペースがないので、後は買い替え。でも機械ものと違って家具は何とかすれば使えるものなので、捨てられない。結婚するときに買った所謂花嫁道具の3点セットプラス鏡台はたぶん一生持ち続けるでしょう。その次に大きな家具といえば、食器棚。南米から戻ってすぐに買ったはずなので、30年ちかい。箪笥と違って開け閉めが激しいので、もうすでに扉を外して使用中。 ツッパリ棒を使ってカフェカーテンを吊って目くらまし。

 そういえば、娘の部屋にはまだ大きなベッドがデ~ンと居座り、漫画の本がわんさか。ロッカーの中だけでなく、ベッドの下も本棚も。 思えば瀬戸内寂聴さんの書斎の下にはかなりの重さに絶えられるように養生してありましたが、うちは普通のマンションですからあまり溜め込まない方がいいかも。 

 今は自力歩行が思うようにできない父ですが、十代で単身満州に渡り、満鉄の学校を出てから勤め始めて半年で終戦。 帰国後大阪から徳島の親戚を頼って移り住み母と一緒になり、叔父の神棚作りを手伝うことからだんだんと大工仕事になり、その後釣鐘堂を建てたり、近所のお寺や寂聴さんの庵を建てるようにもなったので、ほとんど宮大工みたいなことをしていました。 近頃の大工は、図面も読めんと嘆いていましたが、本当?

 ほんの小さな頃、父に連れられて、どこか材木置き場?かどこかで大木の皮を削る(大きな輪っかのようなもので)のを手伝ったり、弟と一緒に床の釘打ちをしたことを覚えています。 不思議な形をした父のズボンにはポケットがいっぱいあって何でも入っているのに感心した記憶や、釘打ちの時には口にいっぱい釘をふくんでいたのが不思議で。

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »