« Xデイを見てきました | トップページ | 手作り冷凍食材で短縮調理 »

昔懐かしいリリアン編みに挑戦

Img_0466「ヒャッキン、命!」と叫んでいた同僚がいましたが、何でもある感じ。ただ、品質が劣るものもあるので要注意。失敗は成功の素ですから、なんでも挑戦!これはかなり前に買い込んで、涼しくなったらと寝かせてあったリリアンセット。別売りの糸セットも。編み機の口を替えることで、大・中・小の太さに変えることが可能。昨日は、大と小で試してみましたが、小はきつくなってしまいかなり編み辛い。常に、編みあがり部分を下に引っ張りながら編んで行き、色を替えた部分が特にきつい。

 かくて何とかリリアン作品が2つ完成。 共に携帯ストラップです。Img_0463 子供の頃に戻って一心不乱に一日がかりでした。編み始めと終わりに自信がなかったので、とりあえず何か試作品を作ってみました。 

 さてこれからが本番! まずは、編み機の制作から。リサイクル手芸の本からのアイデア。 トイレ紙かラップ芯を切って、半分位に切った割り箸を3~7本ガムテープで貼り付けるだけ。 後は指でどんどん長く編んで行くだけ。 それをぐるぐる巻きにして帽子に! はたまた牛乳パックで作った編み機を使って、大きくゆるく編んだままの鉢カバー! 夢は大きく広がります。

 リリアンは子供でもできる単純な編み方ですが、完成させるのは結構大変なようです。使い道を考えずに、編む遊びとして楽しみ人も多い。

上の写真、左は第1作目で、太めに短く編み、仕上げにネジネジしてみました。 右は2作目。編み機の口を小に替え、細めに長~くし、3色編み。真ん中で結び目を作ってみました。白い部分なので見え辛いですね。

|

« Xデイを見てきました | トップページ | 手作り冷凍食材で短縮調理 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Xデイを見てきました | トップページ | 手作り冷凍食材で短縮調理 »