« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

カラーボックスのリサイクル

Img_0469カラーボックスは、縦に置くだけとは限らないという話。中の棚板が変形したので、捨てる前にリサイクルしてみました。

 まずは低めにするために2段のカラーボックスを2個購入、その上に古い3段カラーボックスを横にして乗せました。写真ではあまり分からないかもしれないけれど、これがちょうど良い高さ。元の棚の高さよりかなり高さがある。 下のカラーボックスの隙間をもっと空ければ、さらに収納スペースができるのですが、今の部屋の状態ではロッカーが開けられなくなるので、これがちょうど良い頃合い。まだ棚の中は未整理。ただ、スペースを入れ替えただけ。ちゃんと整理すればまだまだ入る!

 次回模様替えをする時には、2段ボックスの間を開けて、上に乗せる3段ボックスをずらすことで、さらに収納スペースは増加可能。(そのためには別のものを移動)

上の古いカラーボックスは本の重みに耐えかねて、2枚の棚がたわんでしまい、使い古しのまな板を底に当てて使用していたほど。一度買ったものは捨てずトコトン使いまわし。

 横にすると見違えるほど立派な本立てに再生しました。丈の高い本、雑誌類を保存するには最適。 でも写真で見ると、まだ上の部分が使用可能なので、出来れば、ツッパリ棒の小さいのを2個使って棚内にスペースができるかな? そのまま書類入れとして使ってもいいし、突っ張り棒の上に軽い平たいプラスティックかごを乗せると小物入れのスペースができそう。

 写真には撮っていないのですが、古いTV台も横に倒して、中に3段の収納棚を入れ、その上にポール状のカバン掛け(子供用の服とかバッグかけ?)を入れると、部屋が全体がすっきり。 とにかく物がいっぱいの部屋なので、ときどき整理整頓や模様替えをして、気分を変えて楽しまなくちゃ。コアラさんちと違って、うちの同居人は模様替えとか整理整頓とかには全く興味無し。 美味しいものを食べること以外には興味がないので、他のことにどんなに手を抜いても何も言わないので有難い。

| | コメント (0)

ロールケーキの『ミナミの帝王』の続編

別にお店の宣伝ではないのですが、漫画をもとにした、我が家の大好きなVシネマの『ミナミの帝王』の名前が使用されているというだけの話なのですが、主人公の金貸しの満田銀次郎が好むであろう味を研究したという。 物語の場所で育った3兄弟がコラボして作ったという甘さ控え目のコーヒー味にクルミの入ったロールケーキ。とっても軽くて朝食にしても大丈夫なくらい、たっぷり食べられます。

Img_0467  写真は撮り忘れたので、箱を探し出して撮ってみました。雰囲気が出るかImg_0468 も? このサイドに大阪ミナミの景色をイラストしたものが。

 娘はこういう売れすぎとか話題性のあるものをお土産に探してくれます。 情報源は何? 仕事の関係でいろいろな人と話す機会があるのかな? 何しろ仕事を3種類もしているらしいので。 それともネット検索なのでしょうか?

 また、料理修行を復活した娘のために、アルバムにまたアップしていこうと思います。私のパン修行もうっかり載せるのを忘れていましたが、再開。 せっかくホットケーキミックスと小麦粉で作った朝焼きパンの写真を撮り忘れ。 また焼くことにします。 熱湯で薄力粉を溶くのだけが技。あとはミックス粉を振り入れて捏ねて、4個に切り分けて丸め、フライパンで焼くだけ。15分で完成。 詳細は9月16日(木)『最近のH.K.ミックス使用法』に掲載。

| | コメント (0)

美味しいものは人を幸せに

食堂の店名がショウベンタンゴだったりするユーモア精神たっぷりの大阪では、ケーキの名前にも凝っていて、『浪花の帝王ロール』なるものを娘がお土産に買ってくれた。ビデオ映画界では有名なシリーズで、我が家では大人気の金貸し銀ちゃんが主人公。 それにちなんで名づけたらしい。 口のひん曲がった銀ちゃんには著作権はないので、作家に・・・

 名前はとにかく、ロールケーキはコーヒー味で、甘さ控え目であっさりとして美味しかった。いつもなら半切れでもう十分頂きました、と言いたいところ、これは全部食べてお代わりしたいくらいでした。またお願いね。 美味しい物を食べるときはつい写真は忘れます。残念。

 最近、ご当地レストランなるものが流行っていて、チェーン店の名前が土地名なのが面白い。例えば砂川食堂とか日根野食堂のように。 同じく、堂島ロールが超有名になってからというもの、ご当地名のついたロールケーキも流行中。つい手が出てしまいます。やっぱり皆、美味しい。

 大阪城公園の近くで芝居見物した帰り、天王寺近鉄デパートの地下食品階で美味しそうなケーキ(フルーツ一杯)やら豪華な料理をいっぱい眺め、幸せ~な気分に。 でも、やっぱり一番美味しそうに見えたのは、キャベツ焼き。

| | コメント (0)

手作り冷凍食材で短縮調理

もう我が家には弁当作りテクは必要ないのですが、普段の食事に活かせそうな方法。「超時短★100円弁当」から手作り冷凍食材のメモ。2~3週間をめどに使い切ること。

 ① 豚肉そぼろ: 豚ミンチ・玉ねぎ・生姜・油・調味料(醤油・塩・胡椒)

    → 使用例 コロッケ・マーボーナス

 ② 豚こまマリネ: 豚こま切れ肉・調味料(醤油・酒・生姜・塩・胡椒)

    → 豚肉と切干大根の炒め煮・アスパラの肉巻き・カタクリ粉をまぶして揚げる唐揚げ

 ③ さけそぼろ: 甘塩さけ

    焼いて皮と骨を除き、身をほぐす。

    → 鮭の散らし寿司・さけオムレツ・マヨネーズグラタン

 ④ 揚げナス: ナス・油

    乱切りにしてフライパンに油を入れて炒め揚げにし油を切る。

    → マーボーなす・ゴーヤと厚揚げと炒める・酢味噌で和える

 ⑤ ゆでほうれん草

    熱湯で色よく茹で、冷水にとって冷まし、水気を絞って3~4センチに切る。

   → ほうれん草のピーナツ和え・人参とヨーグルトサラダ・ネギと生姜に醤油・砂糖・白ゴマで和える

 ⑥ 炒めきのこ:エリンギ・しめじ・オリーブ油・塩・胡椒

   → きのこ混ぜご飯・白菜と炒め、醤油・ゴマ油で調味。

 ⑦ 油揚げの甘煮: 油揚げ・調味料(水・めんつゆ・砂糖)

   → きのこ混ぜご飯・ミックス金平・玉ねぎを入れて卵とじ

 活用方法の例

 冷凍揚げナス冷凍豚肉そぼろ でマーボーナスを作る場合

 調味料は合わせておく。(水・味噌・砂糖・酒・カタクリ粉・豆板醤・スープの素・塩・胡椒)

 冷凍のものは凍ったまま耐熱容器に入れ、ラップして500Wで2分加熱する。これにあわせ調味料を混ぜ、さらに1分加熱し、ごま油を回しかければ完成。

 *最近、薄く切ったナスを揚げ、酢味噌で和えたものが美味しいことを発見。その延長線上で、さつま芋(半月切り)・人参・ナスを素揚げにしたたけのものを豚肉の生姜焼きの付け合せにすると、塩すらかける必要がないくらい美味しく頂けました。これを冷凍しておくという手もあります。

 

 

 

| | コメント (0)

昔懐かしいリリアン編みに挑戦

Img_0466「ヒャッキン、命!」と叫んでいた同僚がいましたが、何でもある感じ。ただ、品質が劣るものもあるので要注意。失敗は成功の素ですから、なんでも挑戦!これはかなり前に買い込んで、涼しくなったらと寝かせてあったリリアンセット。別売りの糸セットも。編み機の口を替えることで、大・中・小の太さに変えることが可能。昨日は、大と小で試してみましたが、小はきつくなってしまいかなり編み辛い。常に、編みあがり部分を下に引っ張りながら編んで行き、色を替えた部分が特にきつい。

 かくて何とかリリアン作品が2つ完成。 共に携帯ストラップです。Img_0463 子供の頃に戻って一心不乱に一日がかりでした。編み始めと終わりに自信がなかったので、とりあえず何か試作品を作ってみました。 

 さてこれからが本番! まずは、編み機の制作から。リサイクル手芸の本からのアイデア。 トイレ紙かラップ芯を切って、半分位に切った割り箸を3~7本ガムテープで貼り付けるだけ。 後は指でどんどん長く編んで行くだけ。 それをぐるぐる巻きにして帽子に! はたまた牛乳パックで作った編み機を使って、大きくゆるく編んだままの鉢カバー! 夢は大きく広がります。

 リリアンは子供でもできる単純な編み方ですが、完成させるのは結構大変なようです。使い道を考えずに、編む遊びとして楽しみ人も多い。

上の写真、左は第1作目で、太めに短く編み、仕上げにネジネジしてみました。 右は2作目。編み機の口を小に替え、細めに長~くし、3色編み。真ん中で結び目を作ってみました。白い部分なので見え辛いですね。

| | コメント (0)

Xデイを見てきました

娘に代わって、大阪市内(シアターBRAVA!)で、作・演出 岸谷五郎の 『Xデイ』 というお芝居を見てきました。大迫力で、開演の瞬間から大音響に度肝を抜かれ、途中2~3回、急な音量増加に心臓がドキッとしたくらい。出演者は6名。うち半分は知っている役者さん。岸谷五郎・寺脇康文・森久美子他3名。

 何が興味深いといって、最初のダンスシーンから森久美子が他の俳優さんたちと同じように踊っていたこと。 つい他の俳優さんたちを無視して彼女の動きを追ってしまいました。体重が重いそうな上に、小柄な彼女が小走りで岸谷五郎の動きについて移動するのがユーモラスで・・・ もちろん声量たっぷりの彼女が歌うシーンも素敵でした。

 最初の部分があまりに音響が大きくて何を歌っているのやらさっぱり聞き取れず、次の瞬間不覚にも睡魔に襲われたらしい。途中、2~3度、そういう状態に陥った他は、楽しく見入っていました。

 あまり芝居見物に出かけた経験のない私たちは、舞台装置がハイテク仕様で、内容に合わせてスクリーンにいろいろと映し出されるのが興味深かった。昔のスクリーンは、舞台奥にド~ンと大きなのが据えてあって、平面的で移動もせず大きさと音響で演出するだけでしたが、今回のはスクリーンが動くこと。 小さな平面のスクリーンがいろいろな角度で動いて、流れて、背景が立体的に見えました。回り舞台形式も使用されていましたが、バーのカウンターが回転することで、客側とバーテンの側が入れ替わったりして面白さを強調。

 こんな舞台装置なら、大道具の大工仕事が極端に少なくなったのではと思いました。何しろ、大工の娘ですから。美術も不要かな? 背景を描いたり、色塗りの出番がなさそう。娘の友人がそういう仕事をしているのです。と、内容を楽しむだけでなく、いろいろな面から興味深く2時間少々魅せられました。娘のおかげです。感謝。

| | コメント (0)

我が家の朝顔が

Img_0462 本来的に朝顔というものは、涼しさを演出するものとして愛でられてきたもの。 詳細に書くと、花の全体的な白さと花びらの先が赤や青になっているのがコントラストとなって涼しげ。ところが、実際は暑さは苦手な花らしい。というのは、我が家のベランダに植えた朝顔は、室外機のすぐ近くなのもあって、涼しくなった今朝から豪勢に咲き始めたのです。残念な朝顔と命名してあったのですが、汚名返上です。小さいですが可愛い花を7個もつけていますし、開花しているじゃありませんか?

 さあ、シャッターチャンスと思ったら、マーフィーの法則ですが、デジカメはなんとバッテリー切れ。一枚くらいはなんとか写せるかも、と挑戦したのですがダメ。充電時間を置いてもちゃんと咲いてくれていたので、嬉しい。これまで、わずかに咲いても8時半には閉じてしまっていましたから。

 稲穂がなびいている田んぼでも、彼岸花が咲いていない。TV番組で知らされて確認しましたが、近所では見えない。涼しい『花の文化園』では山際に咲いていました。かなり街中とは温度が違う様子。

金曜日の午後、近くのあぜ道で彼岸花の開花を確認しました。まだ蕾のが多い。

| | コメント (0)

娘もコストコのファンに

朝9時半頃に21度なのは久しぶり。午後になっても24度程度までしか上がらず、薄着だったのでコストコ店内では寒いくらい。雷雨の後、気温は急降下して秋に突入。祭日とは言え、天候のせいなのかいつもほどの混雑ではなかったのですが、初めての娘には、これで混んでいない方なん?と驚かれたけれど。確かに、超特大ショッピングカートを動かすのは大変なくらいの人出。外国人も結構多いし。

100923_233901 これは幻のハムロール? 我が家に届かなかったために幻です。 半分に分けたのに、全て娘の袋へ。夕食用に初めて買ったのですが、残念ながら我が家は昨日の残り物シチューで済ませることに。

Img_0460  娘の勧めで初めて買ったのものの1つが、産地の味噌汁めぐり生味噌タイプの40食入り。 食べる組み合わせは16通り。楽しみ。これはちゃんと分けた分を持ち帰ってきました。

 チーズやおつまみやポテトチップの特大セットまで買った彼女、少しは体重増やせるといいね。家の財布が軽くなった分取り返して。

 そうそう、ついにアメリカ産の生ブルーベリーの値段が高騰。安値の頃の2倍近い。 今回は諦めて冷凍にしました。3分の1の値段で、アントシアニン(視力回復に効果的)が多そう。 潰したときの赤い色が濃い。冬になると美味しいチリ産が入荷するでしょう。

来月は第1火曜日にレッスンに行くので、ちゃんとコアラさんちのも確保。冷凍庫がもっと大きければ、冷凍ミックスフルーツも2家族分買ってくるのですが、もう満杯。「お前の欲望は果てしないなあ!」というTVの台詞が思い出されます。コストコで私の理想の冷蔵庫を見てみると、30数万円。 トホホホ

| | コメント (0)

体験レッスンをフル活用する娘

とっても美味しそうなロールケーキですが、これはABCクッキングの体験コースの作品。100920_150502 娘はこれで何度目の体験コースなのでしょうか? 新しい方を紹介すると参加可能なのです。今回は、できたロールケーキを誕生日のお祝にしたとか。ちゃっかりサンです。

 つい先日久しぶりに調理レッスンに行ったと焼サバ寿司の写メールを送ってくれていましたが、また時間を見つけて通えると良いね。気分転換にも良いし、料理の腕が上がるのは人生の宝物。今回一緒に送ってくれた夕食のコールスローサラダも美味しそう! 

 ロールケーキもコールスローも私の好物ですよ~。下の写真はパスタ。100920_220201

| | コメント (0)

若者もおまけに弱い?

最近気づいたのですが、雑誌のオマケの素敵なこと。エコバッグどころか立派な可愛い手提げがついていたり。 もうかなり前から娘から漫画本の付録をもらっていたのですが、最近くれなくなった?と思ったら、付録が欲しいから別のコスメとかファッションの雑誌を買うという傾向に。たまに自宅に戻るとその手提げを持っている。漫画本の付録よりそっちの方が欲しかった~ と言いたい。素材も良いし大きさもかなりのもの。

 先日、あまりにコピーを大量にしたので、ついコンビにに気遣って買ってしまった主婦向け雑誌のおまけは、小さなミッフィーのエコバッグ。確かに可愛くて名前が知られているキャラクターですが、ビニール製で小さい。 娘いわく、若い女性向けの雑誌などオマケなのにブランド物がつくらしい。それによって売り上げ高がかなり違うとか。

 確かにおまけは大事。50年以上前の話ですが、グリコのチョコだかに切手のおまけがついていて、それに吊られて小遣いはほとんどそれに。ついに世界で一番大きな切手を当てた~! 

 ソ連の時代の宇宙飛行士数名(ガガーリンとか「ヤーチャイカ」と言った女性等々)が描かれていて封筒並みの大きさにびっくりでした。でも、ずっと私が保管していたのですが、南米に行っている間、荷物は実家に置いてもらっていたので、帰国後半年は実家に居候していたのですが、二人の子どもに手を取られ、切手のことは失念。 日本の切手もかなり収集していたんだけど、皆どこへ行ったのかなあ? 今我が家にあるのは、スペイン旅行で手に入れたピカソのゲルニカ切手や民族衣装セット(数十枚)以外にめぼしいものは無し。(購入場所は、スペイン広場? マジョルカ広場?どちらでしたっけ)

| | コメント (0)

炎のジャグリングとポプリ袋体験

しばらくぶりに「花の文化園」へ行ってきました。朝食を済ませた頃に、「今から行こうか?」 

 今朝は、『おはよう奥さん』のたった15分でできるラクラクパンというレシピ通りに、ホットケーキミックスと小麦粉を使って、フライパンで焼いて、「美味しいじゃん」と自己満足している最中のこと。

 ま、連れて行ってくれるというのを断ったことなんか無い私ですから、いそいそと飲み物だけ準備。 1時間足らずで到着。 何の気無しに出かけてみたのですが、なんと敬老の日だとかで、駐車場代無料。ラッキーと思いつつ、入り口へ。入場料は残念ながら65歳以上の方のみ無料との表示。でも、我々は年間パスポートを持っているのでやっぱり無料と同じ。もう4回目くらいですから、とうに元は取っています。

Daidougei 今回は、祭日なので何かイベントがありそうと思っていると、園内放送で10時45分から写真の大道芸。男性二人の楽しいおしゃべりと手際の良い風船作りやらジャグラーをたっぷり楽しみました。

 そのイベント広場の側のホール内で、ハート型ポプリ入れ作りの講習会に参Popuri加。100円で材料を買うとボランティアさんが教えてくれました。最初は、私の手は本当に10本に分かれてちゃんと動くのかな? と疑うほどの不器用さにがっかりしていましたが、ほんの5~6分でちゃんと仕上がり、すっかり興味を引かれ、自宅で復習したくなり材料を購入。 さて、ちゃんとできるかな? もし出来ればフェルトとピッキング挟みを買って、いくつか作りたいものです。

| | コメント (0)

やっとスダチで秋刀魚

Img_0418 今週火曜日にスダチが届いたのですが、秋刀魚に手が出ず、冷奴や納豆にスダチを絞ったり、炊き込みご飯にもかけて楽しんでいましたが、やっと、やっと秋刀魚を購入。 高価なものもありましたが、128円の方を購入。ホッ。

 こんなにたくさんあったのですが、もうほんの1キロ程度かな。色が変わらないうちに美味しく使えそう。毎日朝食以外は、2食、湯冷ましにスダチを絞って入れて飲んでいますから、すぐになくなりそう。今年こそ無くなる前に、果汁を冷凍しておきましょう。毎年そう思うのですが・・・

 柚子と同じようにスダチもいろいろな使い方がありそうなので、毎年レパートリーが増えて嬉しい限り。私はまだ挑戦したことはないのですが、母は味噌汁にも少々落とすとか。そりゃ、おうどんに砂糖を隠し味に少々加える人ですから。 

 そういえば子供の頃は、洋裁が出来て普段着だけでなく制服まで縫ってくれる母というものは、他のことも何でもできる魔法使いのような存在でした。 が、大人になってからいろいろ聞くとずいぶん苦労したらしい。 特に調理では、見るのも大嫌いな鰻を自分でさばいて家族に食べさせた等々。母は強し。私がさばける魚はアジと鰯くらいなもの。

カラカスにいた頃は、冷凍の大きな鮭を切り分けたり、鯛を切ったりはしましたが、何しろ鮭も鯛も特大だったので、まな板の大きなものが無かったので本当に大変でした。あちらではまな板を使わない調理法でしたから。メイドさんはすべて手の上で切り、それを初めて見たときは仰天。じゃが芋や玉ねぎのみじん切りまで。まな板の大きさは、たぶん日本ではキャンプ用程度。可愛い形をした小さなまな板が主流。 ナイフの使い方が上手だということでしょうか?

| | コメント (0)

百日紅からの連想

バザーやフリーマーケット好きの私ですが、本日はブックオフへ。図書館(休館日があるので20冊4週間)で田辺聖子さんの本を借りてから、さらに単行本でもあればと出かけてみましたが、なんと英語の辞典を発見。ジーニアス英和辞典を定価の十分の一で購入。3年前の発行ですが新品のようです。我が屋には同じ辞典がすでに2冊(私と家人は別々に使います)ありますが、古いバージョンなので嬉しい。

 目的の田辺聖子さんのも3冊ゲット。他にもいろいろ買って700何がし。短編小説・小倉百人一首・往復書簡という全く別のジャンルもの。楽しみ。10月10日までたっぷり時間があるのでゆっくり読書の秋に浸れます。

Img_0425 マンションの中庭のピンクの百日紅(さるすべり)。夏は明るい花色が少ない中唯一と言っていいくらい周りをパッと華やかにしてくれます。3本の木があるのですが、少しづつ色が違います。

そういえば、金閣寺の池近くの百日紅はピンクの大木だったような気がします。

 ウガンダの英語の先生を案内して行ったのはもう遙か昔のよう。京都の町を生徒さんたち数人とご一緒にあちこちと。今ごろお国で元気にされているのでしょうか。

 そういえば、ホストファミリーを長くしていたので、アフリカからも数人ですが我が家に来てくれたことが。主に受けたのはスペイン語か英語を話せる人たちですから、南米やシンガポール、ロシア、ポーランド等々。ファイルを長く読み返していないのですっかり忘れています。そういえば、ヨーロッパはポーランドだけ? イギリスやスペインは無し? 

思い出したのは、アメリカからはシカゴの英語の先生が来ましたっけ。その方のお婆さんがキューバ出身なので、彼女もスペイン語が話せたと思います。シカゴのことをスペイン語流にチカゴと発音してました。

| | コメント (0)

失敗した食パンの活用法

Img_0433 大変です。自動ベーカリーで焼いたというのに、食パン大失敗の巻き。 3分の1程度の膨らみしかなく、周りが焦げている感じです。原因は分かっています。小麦粉の量が少なすぎ。計量途中で、うっかりボールの重さを引くの失念したらしい。だから120g程度少なすぎたのでしょう。400g必要なところ、280gくらいしかなかったことに。

 でも味は同じだろうとコロッケを挟んで朝食(昨日)に。食パンそのものは目がつんで重い感じなだけで、大丈夫。

 粉が残り少なかったので、途中で新しい袋を出したりと余分なことに気を取られたせいです。いつも材料は先に揃えてから計量を始めるのですが・・・

 今朝は卵サンドにしました。大丈夫。ただ、ヘビーでお腹がいっぱいになりそうなので、超薄切りに。朝は生ジュース(スムージー)とカスピ海ヨーグルト、さらに今朝は待望のイチジクも食べたかったので・・・以前は、食パン一枚とコーヒーだけの朝食だったのに。

 23日にコストコに行く予定なので、それまでにもう一度食パンを焼かねば。朝はパン食なのです。米食は一日一回なので、数日に一度大目に炊いて1回分以外は冷凍保存。我が家の冷凍庫は大活躍。次回購入するときは、さらに大きい冷凍庫がついている3ドアのを希望。フィリピンの息子(物価に比べてめちゃ高)のところと違って、大阪の電気代は安いからね。 エアコン使っても一万円少々。冬は数千円。

| | コメント (0)

牛乳パックのリサイクルにトライ

Img_0420Img_0424 まだベランダの朝顔(朝8時20分には萎んでいます)はときどき咲き続けています。涼しくなったので喜んでいる?

右の写真は、近くの美容院の花。もうすぐ秋バージョンに変えるとか。また写させてもらいます。

Img_0430 リサイクル本からのアイデアで、牛乳パックを使って、小さなビニール袋を取り出しやすく入れてみました。上から入れて下から抜き出す方式。

 きれいに洗って乾かしておいた牛乳パックが数個あるので、まずは下に穴をあけ、後ろにもフックが取り付けられるように穴開け。上部は2辺だけ残して切り込みを入れ、閉じられるようにしておきました。この使い勝手がよければ、和紙を貼って可愛くしようとの魂胆。これは叩き台。

ついでに、筆立ても牛乳パックを切って作ってみました。これも切っただけ。 ビルのコンクリート打ちっぱなしみたいなもの。結構リサイクル手芸も面白い。

 作り方の本を読むと目からウロコがぽろぽろと落ちます。Img_0431なあんだそうすればキレイにできるんだとか、思いがけないアイデア満載。ああ、もう返却時期を過ぎて・・・

| | コメント (0)

最近のホットケーキミックス使用法

近所の駅前書店が無くなってから、ほとんど新本を買わなくなってしまったのですが、コピー取りにコンビに出かけたついでに初めて月刊誌を購入。他の本と違って紐で縛ってあったのですが、おまけのミッフィーのエコバッグに目を奪われ・・・やっぱりオマケに弱い。

 「おはよう奥さん」という雑誌なのですが、フライパンやトースターで15分で焼けるラクラクパンという記事に惹かれたのです。見るとホットケーキミックスに小麦粉を追加してあるだけで、発酵の手間暇なし。これは嬉しい。まだまだコストコで購入した大量のパンケーキミックスが残っているので使いたい。

 ラクラクパンのメモ

 材料: A(薄力粉 50g・熱湯3/4カップ)・ホットケーキミックス 100g・水 大さじ2

 作り方 ① Aを混ぜてからラップかけ。放置5分程度。

      ② 6等分にし、それぞれを丸めて全体にラップかけ。(乾燥防止)

      ③ フライパンを弱火にし、パン種を間隔をあけて並べ、蓋をしてうっすら焼き目がつくまで焼き、ひっくり返して水1/4カップ(分量外)を注ぎ、すぐに蓋して弱めの中火に。約3分蒸し焼き。汁気が無くなりパンがふっくらしたら蓋を撮り、約30秒熱して余分な水分を飛ばせば、基本のプチパンの完成。

 その他の記事では、超時短(100円弁当)とかムダ無しキッチン収納!とかパパっと「のっけごはん」という文字が好き。自分の興味あるポイントが再確認できる瞬間でした。

そのほかには、ズボラなワタシでもできる! 年末までに10万円貯める 裏ワザ! 

表見出しなので、なんとたくさんの!!!がついていることか。さらにカラーですから。こんな刺激に溢れている雑誌に慣れているから、英語の教科書(英語以外は見ないので分からない)もカラフルで楽しいものになってきたというわけですなあ、と感心。

| | コメント (0)

ライオンを染めてみました

今年度になってステンシルレッスンの作品を掲載できなくなったので、寂しいので絵表示してみます。真っ白な染めごろの素材。薄手の7分袖くらいなのでこれからまだ当分着られそう。

 パソコンお絵かきでは、到底ライオンが描けないので、残念。 一応、こんな感じです。素材のカーディガンは変形で、前開きの身頃にスナップがついていて、それをあちこちと留め分けることでいくつかの変形を楽しめます。留めずに着れば、後ろから見ると、左側の絵になり、右後ろにローズ色のライオンと青とローズの柔らかい線を足しました。右側の絵は、普通に前身ごろ真っ直ぐにしたときのデザインで、右身頃に青のライオンと青の線。これをドレープが出るようにスナップを留めると、全くライオンの形が見えない分、なんだかきれいな色の線が出る不思議なデザインとなり、ウフフフな仕上がりで、満足満足。

 次回は、家人用の虎の予定。もちろん私と違ってタイガースファン。

Cocolog_oekaki_2010_09_15_09_30

| | コメント (0)

生スダチかスダチ果汁かそれが問題だ

すっかり夜は涼しくなり、長いパジャマでないと足が冷えるくらい。暑さ寒さは彼岸までといわれますが、9月23日が秋分の日で、その前後1週間が秋の彼岸。まだ今は昼間はエアコンが必要。やっとペンちゃんから、誕生祝のEMSが届いたというメールが届きました。先週の金曜日がフィリピンの祭日だったので、受け取るのに手間取った様子。知っていれば1週間ずらして送ったものを。ま、いつも言うことですが結果が良ければそれで良し。結果オーライです。

 ところで、昨日朝届いたスダチ、とってもジューシー。見かけは青々して固そうなのですが、半分に切ってジュ~ッと絞ったらお汁がいっぱい。早速夕食に冷奴を出してしまいました。秋刀魚は今年は高そうなので諦めて。その代わり、漬物やお茶漬けにも挑戦。

 梅茶漬けにスダチを絞りかけると、さらにさっぱりして美味しい。家人は、柔らかいご飯が苦手で、お粥もお茶漬けも食べない。脳腫瘍で手術をしたときも病院食は私に回し、自分は私が和歌山駅前のデパートで買ったお弁当を食べたくらいですから。それで、私一人がスダチを堪能した夕食となりました。

 さて今日はスダチを何に使いましょう。これからしばらくは頭の体操です。もちろん、湯冷ましにはレモンの代わりにスダチ。

 今年初めてスダチ果汁のレシピがスダチの箱と共に届きました。スダチを使ったポンSU夫人(醤油・みりん・昆布・花かつお・スダチ果汁)とかSUっきりde酢(梅干しの種・スダチ果汁・醤油・みりん)とかガッツだぜ!(にんにく・砂糖・スダチ果汁・醤油)などととても工夫されています。つい注文したくなるくらいなのですが、結構高価なので(1.8リットル3100円)考え中。28日まで猶予があります。

 ひょっとして、生のスダチを買うのをやめてこちらにした方が保存しやすくてお徳だったかも。う~ん・・・来年はそうしようかな? 悩めるまん丸のマルガリータです。

 

| | コメント (0)

徳島からスダチ到着

Img_0419 毎年楽しみにしているスダチ(6.5キロ)が今朝到着。コアラさんちにステンシルレッスンに出かける日だと知ってた? グッドタイミング。冷凍のブルーベリーと一緒に配達できま~す。

今年は初めてスダチ果汁の注文書? いえ、パンフレット、も同封されてあって、ドレッシングの作り方とか果物ミックスでフルーツ漬けができるとレシピが。ぜひ挑戦してみましょう。レモン果汁を使っているので、そのバラエティだと考えてみます。保存食作りにも。いわく、「調味料からデザートまで魅惑の七変化」スダチ果汁。レッスンから戻ってからじっくり読んでみます。

| | コメント (0)

どこで暮らしても幸せなら結構

先週火曜日に息子に送ったEMSがまだ手元に届いていない様子。でも、ペンちゃんの里宛てに送ってあるので、そこには届いた由。いろいろ怖い話を聞いているので、直接日本人である息子宛に送るのは避けたい。 今は、息子へのPC本・ペンちゃんのピスタチオとトクホン・孫のジェイアール君の菓子だけれど、もう少しすれば赤ちゃんのナオちゃんにも何か送ることになるかな。遠く離れたフィリピンで仲良く幸せに暮らしている様子をチャット通信で見られて、こちらも幸せ気分を味わっています。 

 我々がカラカスで暮らしていた頃とは大違い。国際電話をかけるのは大仕事でしたから。

Img_0414  日曜日に関空近くのイオンショッピングセンターへ出かけて、ヒャッキンの店・ペットショップ・ユニクロ・大きいサイズの女性衣料品店(EUR3かな?)・ジャスコの靴店・食料品部門へ。結構な距離を歩いたみたい。家人はさらにジョウシン電機を覗いてきましたが、またコーナンも見てから買うことにする、とか。はいはい、私と違って買い物には慎重な家系ですから。

写真は、ヒャッキンで見つけた可愛い熊のプーさんのピンフック。斜めにピンがついていて、耐貨重量は800g。これは接着型のフックのつもりで購入。結果オーライです。もう一種、耐貨重量1.5キロのも購入してきました。壁にバッグをかけておくため。こちらは、ネジ式なのでキリで穴を開ける必要があります。また明日。

 そうそう、掛けてあるのは、熊のタオル掛けと犬のバッグ? 上のは小銭入れかな? お部屋の雰囲気が可愛くなりました。

| | コメント (0)

そろそろ朝晩は活動開始?

コストコへ2週間に一回程度通うようになってから、冷凍庫の活用が活発に。そのせいで、常に中味を整理して、どこに何があるのかを把握しておく必要があります。うっかりすると物を探すために、開けっ放しに。それを避けるために、肉や魚類を下段の大きな容器に。香辛料(柚子・生姜・トマト?)・一人分のご飯にまとめたもの・炒め玉ねぎ等を3個の冷凍庫用の取り出しやすい細めのプラスティック容器に入れて上段に。スペース全部を小さく区切ってしまうと、新たに購入したものを一時的に保存できないので、市販の冷凍食品を平らに置くスペースを確保。これでずいぶんすっきりし、使いやすくなりました。シンプル イズ ベスト

 できるだけ同じ種類のものを同じ容器に入れることと、コストコの大型包装を取って、小分けにして保存スペースを確保することを基本に。今朝、ガーリックトースト終了。

 毎朝、生ジュースを冷凍ミックスフルーツ(2.7キロ)と冷凍ブルーべりー(1.4キロ)、そしてバナナも入れて作っているので、2週間もするとなくなってしまいます。現在、コアラさんちのと我が家のとで、ブルーベリーのパックが2個。

 冷凍庫の整理の後は、台所の保存食の整理にかからなくては。買い込むことが趣味で・・・前世は、きっとリスかハムスターだったのでしょう。ペンちゃんを見習って、家にある保存食品を全て使い切る習慣をつけなくちゃ。でも、カラカスで、大統領選の頃に暴動不安からか、スーパーの食品がほとんどなくなるという経験をして以来、なんだか食料貯蔵が習慣になって。 私の親世代は、終戦(母は徳島、父は満州で終戦を迎えてました)を経験しているので、食糧不足を知っているのですが、私もまた不安だけは受け継いでいます。

 かろうじて、水だけは一年に一回を目安に、新しいものと入れ替えました。缶詰も計画的に保存? いえ、地震災害のときのためなら、水だけでOK?

| | コメント (0)

おもてなしご馳走メニューです

Sn3m0108久しぶりにABCクッキングのレッスンに出かけた娘からの写メールです。

○~おもてなし豪華寿司~○

焼き鯖寿司
秋の味覚の焼き物
じゃが芋まんじゅう~べっこうあんかけ~
さつま芋の2色茶巾
冷やし抹茶ラテ

 私の好物のサバ寿司ですが、残念ながら家人が絶対に食べないので自分で作ることはせず、たまにスーパーで買う程度。鰻もそうですが、それが苦手な人と一緒に食べるのは、お気の毒でちと心地よくないですね。 結婚するときには僕は好き嫌いは何もない、と・・・ じゃ、椎茸は? 鶏の煮物は? 高野豆腐? レバー? 

 でも、長年の努力の甲斐あって、椎茸や高野豆腐は克服。 鶏の煮物も水炊きは食べます。 今でもダメなのは、鰻・サバ・レバーくらいかな? 旬の野菜もあまり好まない。松茸とかウドとかセリとか。 普段食べないのであまり思いつきません。 

 「そんなもん食べんでも死なん!」とか。

 それはそうと、徳島の母の書いた歌詞に曲がつき、ようやくCDとなったとのこと。 いつか聞きたいものです。佐古地区?あるいは徳島市内?で、児童の安全パトロール中に車から流す予定らしい。

 

| | コメント (0)

てんやわんやの一日

また義母のこと。 後一ヶ月もすれば90歳となるのですが、身体の方はともかく記憶力が危うくなっているので対応が大変。なるべく一緒に食事をしようと、三人で昼ごはんをラムーで購入し、さて家に入ろうとすると、いつもバッグにくくりつけてある鍵が無い!

 夫が合鍵を預かっているので入るのには問題無し。入ると同時に二つの探し物開始。もう1つは、夕食サービスに使っているアイスボックス。昨日食べたお弁当箱は玄関前に放置。 アイスボックに入れておくと、翌日別のアイスボックに入った夕食が配達されてくるということです。 そのアイスバックスが、無い!

 昨日は風が強かったので、飛ばされていないかと家の周りをチェックしたり、二階まで探したけれど無いので、明日のことがあるので、とりあえずお店に連絡をしてもらうことに。すると何のことはない、当人に手渡しできたときはアイスボックスは置いていかないということ。元から無いものを探し回っていたことに。次は鍵。 水曜日に籐の稽古に行った時にはあったらしいので、所在はすぐに察しがつきました。ビンゴ!闇雲に部屋を探し回るより、行動パターンを考える方が早い。ま、一応は探し回りましたが。

 そうこうしているうちに、買い物から戻ったばかりだというのに、トイレットペーパーが1つもない! と騒ぎだし、仕方なく再度買い物へ。そのうち、予定通り、大阪ガスがガス器具の点検に。これに立ち会うために行ったわけで。

 ガス器具点検後、これで帰れると思った矢先、玄関のドアが開け閉めできないと。はいはい、ダイワハウスへ連絡しましょ。幸い、岸和田に出張中の担当者が30~40分くらいで来てくれ、あれこれ手を尽くしてくれて何とか開け閉めができる程度に一時しのぎをしてくれ、新しいのと交換する必要があるとのことで、見積もりをお願いしておきました。12時過ぎから夕方までずっと話相手になりつつ、台所を掃除したりごみを片付けたりと、ほんまああしんど~。

秋が待ち遠しい。

 

| | コメント (0)

すったもんだで波乱の夕食サービス開始

徳島の実家では、81歳の母が少し調理困難気味で、82歳の父と50歳の息子(私の弟)の食事をお弁当やおかず購入で暮らしているとのこと。 

 こちらでは、89歳の一人住まい(スープの冷めない距離に我々が住んでいます)の義母が、週5日の夕食サービスを受け始めました。 初日の様子見に二人で行くと、外に置いておくべきアイスボックスが玄関の中にあり、ちゃんとしておいた事前説明をすべて忘れていると二人で了解。掃除洗濯等何でもできるのですが、理解力と記憶力が乏しくなっているのです。再度説明し、中のお弁当を取り出して冷蔵し、食べるときに蓋を取って電子レンジでチンすることを再度説明。自分で、庭に矢印を書いてはったり、アイスボックスを運び入れたりといろいろと気を配った様子。

 おかずだけの弁当なのですが、私達の前で蓋を開けて見た最初のことばは、想像通り。 「こんなに仰山やったら食べられへんから断わるわ。」 娘に報告すると、「そうやと思たわ~。お婆ちゃんのこっちゃ。」

 いえいえ、そんなに簡単には断りません。せっかく事細かく打ち合わせして開始したのですから、1週間や一ヶ月は続けてもらわなくちゃ、甲斐が無い。と家人がぼやくことしきり。

 口に合わないというのは、食べてみてからのこと。それでも、スーパーで出来合いのもとを買って食べることが多くなったと言う義母ですから、買う場所が違うだけのこと。 同じ物、好きなものばかりを食べるよりずっと健康的ですから、しばらく慣れるまで我慢してください。 煮物や魚より、揚げ物や肉料理が好きだというのですから、ちょっと辛い? 食べ物の好みはまるで若者。これが長生きの秘訣。それからよく動くこと。若い頃からじっとしているのが嫌いな性質で、常にあれこれと動き回っていました。

 どれを取っても私と正反対ですから、どうやら私は・・・

| | コメント (0)

我が家のベビーサマーローズ復活

息子よ、誕生日おめでとう。誕生日祝いを送るのが当日となり、申し訳なし。祝いと言ってもいつもどおりのPC本に日本のお菓子少々程度の粗末なもの。夜にチャットできると良いですね。夜も仕事で忙しい 娘からの「お兄ちゃんオメデトウ」の伝言を頼まれています。

ところで、真夏の暑さにとうとうベランダで異常生長を続けていたベビーサマーローImg_0408ズが枯れてしまい、片付ける時に偶然この茎がなりのプランターの上に落ちたらしい。見事に再生し、根付いて花まで開花。素晴らしい生命力。

 こんなに強い花なのに枯れてしまった訳は、蟻退治の薬のせい。

やっと花の苗をしこたま買いこんで来ました。Img_0410 右の写真で~す。数週間前から月曜、半額市を狙っていたのですが、やっと出かけられました。バンザ~イ。いっぺんに部屋が元気になりました。

 カランコエ・日日草・キキョウ・ペンタス・ナデシコを数個ずつ色違いを選択。ベランダのプランターの上に容器ごと並べることにします。プランターの土は殺虫剤のせいで植物には可哀相なことになっているらしい。 

 部屋の本棚にもカランコエの鉢を並べておこうと計画。切花だと1週間しかもたないけれど、こんな小さな鉢植えでも数ヶ月は大丈夫。プランターに新しい土を入れ替えて、植えてやれれば数年はもつでしょうが・・・

今朝、水遣りをして発見。開花しない朝顔にまたまた蕾がついています。1株はさっさと抜いてしまったのですが、残り2株に。小さな花でも暑い最中、頑張っているんですね。

| | コメント (0)

アーちゃん、ばてているのかなあ?

Img_0405 これはキッチンマットの上で、クネ~っと寝そべっているアーちゃん。珍しい寝方なので、やっとのことで写真を撮って娘に送ると、彼女いわく 「ばててるんちゃう?」 確かにそうかも。

 最近、散歩帰りには水のみ皿に氷を入れてやったり、アイスノンを首から吊ってやったりと気を配ってやっているのですが・・・

サマーカットでちょんちょんに短く切った体毛も少し伸びてきたので、また暑く感じているのかも。何しろ、数日前には京田辺では39.1度という日本最高気温を更新した残暑の厳しさなのですもの。

Img_0412でも大丈夫。いつもばてているわけではなく、大好きな人に甘える元気はいっぱい。早く散歩に連れてって~!かな。 娘に、「しっかりカメラ目線やなあ」と見破られてしまったよ。

この位置は、実はかなり危うい状態。 柔らかいクッションの上なので、ぐらぐらしつつのラブコール。 あかんよ! 焼餅で言うてんのとちゃうよ。

| | コメント (0)

コストコのガーリックブレッド

たぶん、2週間に一回くらいはコストコへ通っているような我が家ですが、今回初めてガーリックブレッドを購入。いつもの狙いは、生ブルーべりー。しばらくぶりに値上がりでした。底値から500gにつき200円も上昇。ま、最初の購入時は倍くらいしていましたら、まだまだお得。

 いままでに購入したパンは、ベーグルとホットドッグ用とテーブルパン。それにミニクロワッサン。ドーナツとクッキー。味見はするのですが、アップルパイは未購入。数が多すぎて。

ガーリックブレッドも結構な分量なのですが、実際買ってみると、我が家ではたぶん3回分程度。ガーリックという名前ですが、なんだかマヨネーズがいっぱい? と思ったらチーズでした。パセリの緑がさわやか。帰宅途中に渋滞に巻き込まれ、超空腹となり、回り寿司にでも寄りたいくらいの気分でしたから、夕食はすぐに食べられるように、購入してきたばかりのソーセージ(チョリソ)とサラダ(ミックスサラダ)にこのガーリックブレッドだけ。我が家としては粗食。あまりに美味しかったので写真のことは失念。

 行く度に楽しみなのが、味見コーナー。今回は、鮭、プルコギ、アップルパイ、炭酸飲料。牛肉ステーキは準備中だったので、パス。

 週末は、道路は空いているけれど店内が混んでいるという予想だったのですが、前回、日曜日に出かけたときは、道も店も結構空いていた部類だったのですが、今回は、残念ながら行きはともかく、帰りは渋滞で店内もかなり混雑。 入場制限にため、駐車場に入るために30分もかかったのは初めて。でも幸いなことに即駐車できてラッキーでした。諦めてユーターンする車もあったくらい。次回混雑しているときは、ナビで反対側から並べるルートを検索してもらいましょう。

| | コメント (0)

「はめる」と「もったいない」の話

ここのところ、時間を見つけては(PCの立ち上がる迄とかTVコマーシャルの合間)田辺聖子さんの本を読んでいます。だからついぞ前には進まない。図書館の本なので期限までに終わらせなくちゃ。他の本はちらちら眺めて、気に入ったペイジを熟読するだけですから数(8冊)には はめてない。

 今週のTV「県民ショー」で、徳島弁が取り上げられていました。この「はめる」ですが、方言であることすら認識せずに使っていましたが。 子供の頃、日が暮れると「家に はめて もらえなかった」とか、服をさしつつ 「これ箪笥にはめといて」 と使う。

 また、現在ではほとんど使われないことばを死語とか、死語の世界とか時々言われますが、徳島の母より1歳お姉さんの田辺聖子さん作「ひよこのひとりごと」では、もったいないということばは、昭和40年代にすでに死語となったと実感したとか。衣類のほころびを繕ったものなど着ないという話。それはそうかもしれません。私が30年前(昭和50年代)に南米ベネズエラから帰国したとき、我が家の子供たちのソックスが繕われているのをみて、「しまつやなあ!」と。 感心したのか?それとも呆れたのか? 

 その後、半年して家人が帰国した時の話。義母が、彼の肌着が薄茶色なのを見て驚嘆した様子。あちらの水道事情(水を汲みためすると底に茶色の澱がたまり、飲料不可)を説明して納得してもらったのですが、すぐに買い替えに走りました。あちらでの生活では当然のことでしたから。もちろん漂白剤はあったでしょうが、使ったことがなかった。それに、当時は綿製品は輸入禁止でしたから、貴重品?

| | コメント (0)

最終の朝顔が一輪

Img_0403 これが我が家の開花しない朝顔の雄姿。これだけ開けば満足? そしてこの株の最後の力を振り絞った一輪かもしれません。きれいな紫でしょ。中庭でセミの声も聞こえなくなり、朝顔の季節もまた終了。

結局、和泉市の道の駅で購入した3株は、2つがピンクで1つが紫でした。また来年、花の文化園の帰りに出会えると良いね。

 89歳の義母によると、「暑さ寒さも彼岸までというから、この暑さはまだまだ続く。」 今までになく暑い夏のようです。昔はクーラーがなかったけれど、窓だけではなく扉は表も裏も開けっ放しで、家の中には風が通っていて、今ほど道路舗装がされてなくて・・・比べることはできないかも。

 今、図書館で借りてきた田辺聖子さんの「ひよこのひとりごと」を読み始めました。副題は「残るたのしみ」。私もそう思えるようになりたいものです。あるいは、先に旅立つのも良い。

| | コメント (0)

ゴーヤをどう料理しましょ

月曜日に買ったゴーヤ、当初は友人の勧めで塩をしてしんなりしたら天婦羅にする、という算段だったのですが、すっかり予定変更で、天婦羅は天婦羅でもさつま芋中心の天婦羅という献立に。???

 で、翌々日、半分を使ってチャンプルに。ミンチ・玉ねぎ・ナス・豆腐・卵・ニンニク・生姜に中華スープの素と麺つゆで味ツケ。

Img_0404  残り半分をどうしましょ。と、いつも訪問させてもらっている料理ブログ「ばーさんがじーさんに作る食卓」から、ゴーヤチャーハンにしてみようかな。種を取って、半分に切って、半日日に当てて水分を飛ばしてから、できるだけ薄く切ってチャーハンに。さ、これからベランダに干すことにします。

| | コメント (0)

もう食欲の秋です

100901_193301 我が家の夕食は撮り忘れ。代わりに娘からの写メール。ナスの韓国風等々。暑い暑いと言い続けているのですが、どうやら身体の方は「馬肥ゆる秋」に向かって出発したらしい。毎日、よくお腹が空きます。夏痩せせずに、食欲の秋に突入とは困りもの。と言いつつ、何でも美味しくいただけることに感謝。一番暑い時期が忙しかったので、あまり料理をする時間がなかったのですが、ここに来て自分の好きなものを作れるので、何でも美味しく感じるのは当然?

 徳島の鳴門金時が店頭に並び、思わず天婦羅にしてしまいました。本当は、東岸和田で買ったゴウヤを天婦羅にするはずだったのですが、すっかり忘れて・・・苦味のあるゴーヤより、甘みの強い鳴門金時の方が好き! 

 注文したスダチはいつ届くのでしょうか? 一日千秋の思いで待っています。でも、今年は熱波のせいで秋刀魚が高騰らしいので、別の食べ方を研究しなくちゃ。いくらでも美味しい使い方はありますから、野菜売り場で思案しましょ。暑いけれど鍋も良いですものね。つい通販で見つけた野菜を蒸す調理器具を購入したくなりました。蒸し野菜にスダチをたっぷり絞って・・・

 あれこれと何でも食べたい、何でも知りたい、勉強したい、作りたいと、本当に欲深い自分に満足。 学生時代に祖母が私に、「あんたは欲が深いなあ」と言った時のことを良く覚えています。 私の年代で、徳島で大学に進学する女性は知識欲が深く映ったのでしょう。そして、日本国中が貧乏に喘いでいた時代(戦前か戦時中)に、母が「女学校に行きたい」と祖母に言ったときも、たぶん同じことを言ったかも。

| | コメント (0)

東岸和田駅前が大変化!

ひさしぶりに友人とデイトをしに東岸和田へ出かけ、改札を出るなりびっくり。前の見晴らしが全面的に劇的変化。左側はシニアマンションがど~んと建ち、右側はまだ更地になったばかり。え、たこ焼き屋さんは? キムラのパン屋さんは? 銀行は? 

 なにしろ年に一度くらいしか行かないところなので、口あんぐり状態。 

 で、近くのフランス亭でランチコースを食べてから、サティーへ。 行く度にお店が変わっています。 変わらないのは、ドーナツ屋さんとハンバーグ屋さんの賑わい。つまり、ミスタードーナツとマクドナルドは若者でいっぱい。店の前の空間にも中学生らしき人たちがたくさん。 少し離れて、なぜかボランティアのおじさんが一人で目配り中。 見守り隊?

 以前は、素敵な花屋さんが一階にあったのですが。その代わり、一階入り口左側に大きなペットショップができ、ワンちゃんに触れ合うことができます。待ち合いというか、椅子がいっぱい置いてある空間では、お婆ちゃんグループがお元気に話し込んでいました。男性は一人が多いみたい。

 女性は年を取っても、地域で友達付き合いが割と気楽にできる方が多いようですが、男性、特に会社人間だった方は、ご近所で友人作りは難しいのでしょうか。公民館などでは、いろいろなサークルがあって、同行の友を見つけることも可能ですよ~。 まずは退職を機会に、好きなことへの第一歩を踏み出す勇気を持って! え、我が家は大丈夫。死ぬまで現役ですから。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »