« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

ホットケーキミックスでたこ焼きを

もう夏ですねえ。ガス代が前月約3800円→今月約2700円に。

 ところで、正確にはホットケーキ用ではなく、コストコで購入したパンケーキミックスなのですが、甘みが少ないとはいえやはり少しお菓子風に仕上がりましたが、まずまずのお味になりました。ただ、問題はいつもの小麦粉だけと同じ火力調整で焼いた家人によると、焦げやすい。

 ミックスに加えたのは、卵と麺つゆ。前日、散歩のついでに購入しておいたタコを、半分は酢和えに、残りはたこ焼き用にと刻んでおいたので、夕食用のたこ焼きはすばやく完成。少し前から食べたかったのです。我が家では、お好み焼きやたこ焼き、うどんはメーン料理です。最近は、粉物のときは米は食べない。以前は、大阪の常識通り、うどんにご飯。お好み焼きにもご飯でした。

 タコが酢和えにした分、分量が不足。粉を溶いたものが残ったので、翌朝はクレープ風に薄く焼いて、ピリ辛ソーセージをはさみ、サルサソースをかけて美味しく頂きました。麺つゆで味ツケしたおかげで、何もはさまないクレープを、我が家のグルメワンちゃんは美味しそうに完食。

 まずいと食べない贅沢犬。もちろん、果物も美味しいのだけ。こんなお馬鹿犬にした責任者は?

| | コメント (0)

英語日記の新しいページ完成

PC音痴の私ですから、「アーちゃんの英語の日記」のページを新しくするたびに、前のページを消失させて、てんやわんやの大騒ぎ。そんなわけで、一旦ページを書き始めるとかなり長い間同じページで済ましています。面倒は嫌ですから。でもずいぶんになるので、エイヤッと今改ページ。

 メモ: ① あたらしいページを作る、つまり改ページをするとには、前のページを同時に転送すること。前のページのファイル名はPCが勝手に変更するので、どれが直前のページなのかを探すこと。

     ② 直前のページのファイル名は、一番数字の多い名前。後から作られるので。

前にもメモをしたかもしれないけれど、とりあえず再度記録。今回は、一度で完了。 これって私としては、「すごくない?」の域。こんなレベルでよくもまあ、長いことブログとHPを2つも運営していること。偉いなあ、と自画自賛。それも協力してくれる家族と訪問してくださる方があるおかげです。感謝。 

| | コメント (0)

赤い花と多肉植物を購入

暑さのせいで、ベランダは夏枯れ状態。キレイな花色がほとんど無くなって、朝顔が咲くまでは寂しいので、月曜日の半額セールでまたいろいろと購入。カランコエの赤と室内の窓際栽培ができる多肉植物を。名前はあまり分かりません。どうせすぐ枯らすので・・・な~んて、ごめんなさい。緑だけの植物はあまり上手に育てられません。

 窓際に置いてあるスチール棚がみすぼらしいので、種類と本を整理して鉢を並べてみようと計画中。まずは一段づつ。

Img_0263  Img_0265Img_0262多肉植物というのは、葉が分厚いという意味でなんだかサボテン風。一つはピンクの可愛い花つき。時々造花を差してあるだけのもありますが、これは本物。

真ん中の写真は、コケ玉に仕立てた二種類の植物。

切花だと一週間もたせるのがやっとですから、それ以上を目標に。コケ玉以外は、水のやりすぎ注意!

 いつもなら、花の苗をいっぱい買ってくるのですが、なんだか今回はクーラーの室外機のことを考えると、ベランダに置く苗は可哀相に思えて。秋になったらまた可愛い花苗をそろえましょう。

| | コメント (0)

びっくりさつま芋

Img_0261 夕食にさつま芋の天婦羅を作ろうとしたらこのありさま。野菜籠からつまみ出してびっくり。この芽の出たところだけを切って、残りを揚げて美味しく頂きました。伸びた芽は、明日プランターに植えようと思い、今は食卓の上に飾ってあります。花は咲いてないけれど、よく見ると可愛いですよ。

数日前に調理した同時期に購入したさつま芋には全く芽が出ていなかったので、状況が理解できないで、びっくり。

まさに夕食準備中だったので、向こう側にはほうれん草とチリメン山椒の和え物とか・・・

そういえば、この無神経さは南米ボケ、失礼、南米過剰適応症かも? あちらのレストランでは、運ばれてきたスープに虫が入っていると指摘すると、ニコッとしてハエを取ってくれるとか。

 じゃが芋の芽が出ていたら危険。色が変わっていたらいくら私でも食べません。去年、さつま芋を小さく切ってプランターに植えたら、ずいぶん大きくなって収穫?しても食べられような大きさではありませんでした。土が枯れ枯れの無栄養土なので無理なようです。野菜用の土を買う必要あり。

Img_0266 芽が出たところだけを切り取って、コアラさんのお勧めどおり水栽培をしようと思います。でも、プランター植えは再挑戦しないことに。

 

 

| | コメント (2)

ドラ焼きを作ってみました

梅雨は時々中休み。朝からいい天気。

小豆あんを一袋買うと、二人分だと何回使用できることでしょう。最初は、ミゾレアイスを買って、小倉アイスに変身させ、次はアンパン4個に。それから、ホットケーキのトッピングにも。

その次が、コストコで買ったパンケーキミックスに卵と牛乳を混ぜて、小さなホットケーキを4個焼き、小豆アンを挟んでドラ焼き風に。 

 まだまだ残っているので、さて次は何にしましょ? 細長くてフランスパン風(レシートをうっかり捨ててしまったので名前が不明)のを買ったので、その厚みを半分に切って挟んでアン入りサンドにしましょうか。家人曰く、「お前は、何でもパンに挟むのが好きだねえ」。確かに。嫌いなものでもパンに挟めば大抵のものは食べられます。ん、さらに言えば、見栄えにもこだわるので、ソーセージは好きじゃないけれど、串にさしてあれば喜んで食べます。

 せっかく可愛いドラ焼きだったのに、写真を撮り忘れ。次回があれば、ハート型のトッピングでも作りましょう。ティッシュペーパーをハート型に切りぬいて、上から粉砂糖を茶漉しを使って振り掛ければできるはず。 テディベア型なら、コピー用紙に下絵を書いて、カッターナイフで切り抜くという手がある。

 いつもこんなことを考えて遊んでいる、頭の中はいつまでも少女。

| | コメント (0)

ブルーベリーをージュースに

息子のところのPCが変なので、チャットができず、とりあえず携帯でのチャットで連絡を取っています。原因は不明。我が家のPCも若干変に。なんだか悪さをするものがあるらしい。それはウィルスではなく、もしかするとウィルスを退治するべきものかもしれない。ムム、やっぱりPCは難しい。

Img_0259朝食用に初のブルーベリージュースを作りました。コアラさんの真似を。材料は、牛乳・バナナ1本・ミックスフルーツ缶・氷少々。砂糖無しでも結構甘みがあっておいしくなりました。パンも食べた上に、バナナが入っているのでお腹が膨れ、いつもの地中海ヨーグルトはおやつの時間に食べることにします。残念ながら、自力でリンゴの下処理ができないので、ボツ。

ブルーベリーは潰すと赤いのですが、ジュースにすると藤色のいい色に。他に加えるフルーツによって色も変化するでしょうね。次はバナナ+ミカン缶に挑戦。朝に生ジュースというのが習慣になるに、ミキサーを台所に出しっぱなしにしなくちゃ。

 若い頃は、果物といえば柿・梨・ミカン・バナナくらいで、毎日食べるという習慣はなかった。だんだんと年を重ねてくるにしたがって、ふと気づくと毎日何がしかの果物を食べるようになっていました。身体が必要としているのかな。

20日から遠近両用メガネをかけて授業を始めたのですが、快適。買い物のときも手元が見えるので賞味期限を見落とすことなく、店内を歩くのも大丈夫。こんなことならもっと早く作っておけば良かった。でもPC作業とか大きな雑誌とか新聞を読むのは不便なので、手元だけを見る場合は、前の老眼だけのを使います。便利な世の中に、感謝。

| | コメント (0)

青シソ料理は?

花の笑顔さんが、久しぶりにブログ更新。お元気でよかった~!

木曜日は、梅雨の中休み。いいお天気だったので、気分も上々。棚の整理をして、植木鉢のおき場所を確保。ポトスともう一つの名前は不明だけど観葉植物を置きました。雨でどこへも出かけられないときが、家の中を片付ける絶好のチャンス。すこしづつ頑張ります。

最近あまりシソ料理の開拓をしていないのですが、天婦羅にどうかな? 竹輪を買ってきて、シソを巻いて揚げると良いかも。 生粋の大阪人の家人が好きなのは、三つ葉とか紅ショウガの天婦羅ですが。そんなもの徳島の実家では天婦羅になんぞしたことがな~い。といぶかっていたら、スーパーに売っていて納得。

 シソは薬味として、冷奴やソーメンに入れる以外にも、Img_0257手巻き寿司のときに、刺身にシソを敷いて海苔で巻くとさっぱりと美味しい。でも、シソをメインにしての料理は無理でしょ? 丼ものを作るときに、例えばカツどんの場合、カツとご飯の間に敷き、丼つゆではなくソースで食べる、というアイデアはどうかな。といろいろと頭の中で楽しんでいます。もうすぐこのプランターのシソが食べられそうだから。

 ベランダの日照時間がもっと長ければ、ゴーヤだとかミニトマトなんかも作りたいのですが、無理。このシソは初の試み。そういえば、以前7色唐辛子(観賞用)やパセリを植えたことがありましたっけ。

| | コメント (0)

今年もこぼれ種からイソトマが

Img_0256 ここ数年、こぼれ種からイソトマが咲いてくれます。同じ鉢には、オキザリスとムスカリが自然に生えてきます。こちらは共に球根ですから、我が家のベランダが合っているらしい。

 ところでイソトマを調べると、花言葉は「猛毒」。液汁が目に入ると失明するとウキペディアには書かれています。ご注意! 知りませんでした。

 この鉢の隅っこに、和泉市の道の駅「山愛の里」で手に入れた朝顔を植えてみました。無札の苗の葉から、朝顔だとは分かったのですが、花色は不明とのこと。楽しみです。植え替え時に、3の芽があることに気づき、あちこちバラバラに植えてみました。さてどの場所のがうまく咲いてくれるでしょうか。とにかく、古いかすかすの土ですから・・・マンションのベランダ庭園の悩み。土の入れ替えが困難。古い土はどこに捨てる?

 最近また楽しみを一つ発見。小学高学年の頃くらいから、百科事典を適当に開いてそのページを読むのが好きだったのですが、手元のあまり開いたことのなかった高校生用の和英辞典を開いてみると面白い。パッと開いたページを楽しむだけ。同じ音の漢字一文字を英語で説明してあったりして・・・

 最近は、PCに入れてある和英・英和辞典を引くことが多いのですが、後で紙の辞書で再確認することも。例文がいろいろ書いてあるほうがよく分かる。 今必要でなくても後日のために、チラ見しておく、ついで読みが好きなので、紙の辞書がやっぱり望ましい。

 そのうちに、アジア史の辞典もパッと開いて楽しもうと思っています。二度目の卒論を書くのを諦めて以来放置したままなのでもったいない。本は財産ですものね。

| | コメント (0)

娘そっくりの孫

フィリピンの息子から父の日に連絡がなく心配していたのですが、ひょっとすると本社から偉いさん達が来ているせいか、それとも中国のストが遠因か、はたまた先週言っていた中国出張に出たか? ま、何にせよ若いうちは、忙しいことは良い事。 頑張って! 代わりにペンちゃんから孫達の写真が届いたので結構、結構。

 中国の自動車部品会社のストは終結したとネットニュース。基本給2割アップ+諸手当で妥結とか。フィリピンもそうして欲しいものです。息子は現地採用ですから。

Image0495去年12月8日に誕生した孫娘ですが、この写真で見る限り娘そっくり。その頃はカラカスに住んでいたのですが、離乳食はスイカジュースやバナナ中心。さて、フィリピンに居るナオちゃんは何を始めたのでしょうか。

 アルバムには入れておいたのですが、お兄ちゃんのジェイアール君との写Image0497 真をもう一枚アップしておきます。運動が足りているお兄ちゃんに比べ、ナオちゃんはまだ歩けないので太っているのでしょうね。顔の大きさが同じくらいに見えます。

 娘は生後3ヶ月位で、一歳児用ベビードレスが入らなくなってしまった記憶が。同じように、彼女もペンちゃんの姪からもらったお古が入らないとか。この太ももじゃねえ。

 ジェイアール君は、我が家からフィリピンに戻るその日に数歩だけ歩いたのが歩き初め。9月でしたから、生後11ヶ月で歩いたことに。でも、息子は10ヶ月で歩いたので、もっと早かった。娘は1歳3ヶ月。かなり体重が重かったせいで標準的な成長。 現在174センチ。ま、大きく産んで大きく育てましたから。最近、彼女は、ベネズエラ国籍も取っておいてくれれば良かったかも、と。う~ん、二重国籍が認められるのはたぶん未成年の間だけかも。

| | コメント (0)

83歳のラテン歌手の話

毎日見ているTV番組が二つ。見られないときには録画してもらっています。一つはラテンドラマで、今のタイトルは「マリーナ」。ラテン版シンデレラストーリー。もう一つは、「隣の人間国宝さん」。全体の番組名は覚える気無し。ん? 「よ~いドン」かも。

 月曜日の朝に、83歳の女性ラテン歌手に偶然出会ったという話。キューバにも度々出かけたというプロの歌手で、ピアノを弾きながらベサメ ムーチョ (もっとキスして)を歌ってくれました。その話し方とか動き、内容もそうですが、お転婆さんがそのまんま年を重ねたというだけの感じで、全くすがすがしい。音楽一筋に生きているので、音楽以外何も要らない、と。 素敵な人生です。お見事~。

我が家もあまり大して変わりなく、子供大人が二人。今夜もカレーを楽しんでいます。 我々二人は、何がなくてもこれというものは? 二人ともずっと英語とスペイン語に関わって生活していることかな。

 私の母は俳句。俳画を描いたり、詩を書いたりもしますが、一番は俳句だと思います。女学校時代に始めてから、俳句のグループに参加するまでは少し間が開いているはずですが、それからはず~と一筋。彼女や我々との違いは趣味だということだけ。

| | コメント (0)

遠近両用メガネ デビュー

Image0499 父の日のプレゼントに、フィリピンから孫達の写真が届きました。嫁のペンちゃんが撮ってくれたのだろうと思います。息子はかなり忙しいらしく休日出勤。ま、忙しいのは良い事。

この右側のベビー・ナオちゃんは、娘の赤ちゃん時代によく似ています。12月8日生まれですから、生後半年。お兄ちゃんのジェイアール君は、幼稚園に行くようになってからは、ジェイアールという呼び名ではなく、パパと同じ名前で呼ばれ始めている様子。時々私は、我が息子のことか孫のことか混乱します。家の中ではジェイアール(=ジュニア)と呼んで!

 ところで、またまた初物に挑戦。40歳にして老眼鏡デビューした視力2.0の私は、近頃乱視の度も進んできているらしくTV画面がぼやけるので、仕方なく遠近両用メガネを誂えました。我が家の生き字引は、中学時代から近眼と乱視なので、メガネとの付き合いはなが~い。でも、そのおかげで今でも近眼のメガネを外せば近場が見えるのです。何か良い事はあるものです。

 遠近両方メガネの先輩からのアドバイス。1ヶ月くらいは階段の上り下りは慎重に。できれば手すりをしっかりと掴んで、とのこと。以前、私が足の指を骨折したときに、杖をつくのは骨折した足とは反対側に、とアドバイスしてくれたのもこの方。 自称、骨折のプロだとか。私は、うっかりと同じ側に杖をついておりました。

 なんだか、嬉しがり屋なので、杖デビューも面白がってましたが、遠近両用メガネも面白い。乗り物酔いが激しいので、別のタイプで視野がゆがむ方は到底我慢ができなかったのですが、目を動かさず顔を上下させることで視野を変化させるのは大丈夫。

 そういえば、メガネをかけることは体験できましたが、ついにコンタクトレンズは未体験のまま。 近眼は可能だけど老眼はだめ? 

 緊急車両は、救急車もパトカーも乗車体験あり。でもパトカーの方はタクシー代わりに警察署から駅まで送ってもらっただけですから、サイレン無し。せっかく犯人が自首するのにボランティア通訳として同伴してあげたのに、被害届けが出てないからと帰らされたのです。後日、その人はやっぱり被害届が別の警察署に出ていたからと、逮捕されたのですけどね。日曜日だったから、PC操作のできる担当者が居なかったせい。そんなんでいいのか、日本の警察は?と驚いたのは10年ほど前。 今じゃ、小学生でもPC操作可能。

| | コメント (0)

TV買い替えでエコポイントを

英会話のレッスンで、梅雨は作物や産業には必要だけれど、季節としては好きじゃないという話がでました。確かに、一年で一番ジメジメして外出する際に、傘を持ったり靴に気をつかったりと、煩わしいことが多々ありますね。でも、梅雨があるから緑がぐんぐん育つし、町は自然のシャワーを浴びて清潔に。中でも一番嬉しいことは、紫陽花が咲く季節だから大好き。

 そうそう、金曜日に和菓子屋さんから送った父の日のプレゼントが、土曜日にはもう届いたと母からの電話。便利な世の中です。お酒は本当に一滴も飲めない父の好物のお善哉があって良かった。去年までは、冬にしか手に入らなかったのです。昔のように、一人で家族の分まで全部はたべられないでしょうが・・・

聞くところによりますと、母の日や父の日に連れ合いにプレゼントをする方もあるようです。我Img_0255 が家にはそういう習慣は無し。でも、不景気対策には何でも理由をつけて買い物をする方が良いみたいですよ。我が家も大きなTVに買い換えて、エコポイントの有難さを知ったばかり。次は、冷蔵庫? 2月までエコポイントは延長されているそうです。

写真では大きさの比較ができませんが、子供たちにはTV台の大きさが分かっているので想像できるでしょう。下に置いてある植木台は、前はTV台の空き空間に置いてあったもの。 TVが大き過ぎて置き場所無し。前の1.5倍? 手で左右に振ることができるので便利。正面から以外で見ると、画面が白っぽくなって見にくいので、ちゃんと位置調整が必要。こりゃあ、映画の迫力が違うわあ、と喜んでいます。

| | コメント (0)

81歳母の楽しみはつきません

つい数日前に、徳島に住む母の作詞家デビュー曲をアップしたばかりですが、今度は徳島新聞に掲載された投稿文の切り抜きが届きました。次から次と楽しみが尽きぬ母です。良かったねえ。

 頑張って投稿文を掲載してみます。

 ミカン山への招待

 移動編集局・名東郡が始まるのを楽しみにしていまいた。子供のころから佐那河内のお米はおいしいと母らが言っていた地名になじみがあって、佐那河内村という響きが懐かしいのです。近頃は市町村の合併が進み、地名を聞いてもすぐにはどこなのか分からず、寂しい思いをしています。何よりも県内で唯一残った村であることに驚いています。

 美味しいと言われてきた佐那河内米を作り、おいしいミカンを作り、高級ももいちごの生産、出荷に取り組んできた村民の心意気は「緑なおふるさと協力隊員」の言う、ほんとに格好のいいものを感じます。

 一度、嵯峨川のほとりに住む友人のミカン山に招待してもらったことがあります。手作りのごちそうが山盛りで心からの暖かいおもてなしをいただき、特のご主人は研究熱心な方なのか、これが梅酒、キンカン酒、ヤマモモ酒、クコ酒などとすすめてくださりました。ずらりとお酒の瓶が並んでいたので、スダチ酒もあったかなと思います。

 佐那河内のシャクナゲの徳園寺へは一人で行ったことがあります。運よくバスに乗り合わせていた人たちについてバスを降り、少し離れてついてゆくことにしました。

 歩きながら奥の方をのぞくとシュンランが咲いていたりして、気がつくと前を行く人たちはお弁当にするらしく背の荷を下ろしています。さすがに私もと言えず、そこから私は一人で登ることになりましたが、それでも迷うことなく徳園寺に着くことができました。

 いつものようにお弁当は梅干の入った大き目のおにぎり一つと少しのお茶。シャクナゲを見上げながらいただきましたが、やはり一人よりは何人かと一緒に、桜のころに、アジサイに、いや、カタクリの花のひそやかに咲く大川原高原も歩いてみたいと思いました。

                                  以上

 地名の読み方すら想像がつかず、ネット検索をかけてみたのですが、HPにもいまさらのように読み方など書いてなくて、諦めていたのですが、記事を入力しつつふと子供のころの記憶がよみがえって「サナゴウチ」と違うかな? ピンポ~ン。 漢字で目にしたのは初めてかもしれません。徳島市内から車で30分程度のところとか。結構遠いので、子供の頃には一人では行けません。コアラさん、知ってる?

| | コメント (0)

自動ベーカリーでバナナブレッドを

最近バナナを順調に消費していたのですが、ついに1本だけ残ってしまい、美味しく熟成したので調理に好都合。たいていは、バナナケーキにするのですが、甘いので一度にたくさん食べられないので、パンに挑戦。

 自動でコネから発酵、成型、焼き上げまで全てできるので、粉の調合を変化させるだけ。1.5斤で焼いたのですが、出来上がり具合は釜の大きさいっぱい。もし2斤にすれば蓋まで到達するはず。

 分量: 水270g・砂糖30g・塩8g・スキムミルク12g・バター15g・強力粉400g・ドライイースト4g・バナナ1本

 先日、友人にご馳走になったバナナケーキに入っていた、レーズンとアーモンドスライスが美味しかったので、入れてみました。

Img_0254  いつもと同じようにセットしたのですが、材料の加減で焼き上がりがふんわり、こんがりとなりました。明日の朝食用です。味見はしません。今、夜11時18分ですから。でも・・・バナナやレーズンの良い香りが・・・

 たぶん、ジャムを塗る必要はないと思いますが、今冷蔵庫には手作りジャムが数種類。イチゴジャムは終了しましたが、夏みかんのマーマレード他3種。 それ以外に好物の市販ピーナツバターとブルーベリージャムも。最近コストコのテーブルパンやドーナツ、ベーグル等を朝食にしていたので、ジャムの出番が無かったのです。次回のコストコ行きは、冷凍ブルーベリーが終了した時と決めているので、当分無し。 生は510gでしたから1週間足らずで終了しましたが、冷凍は約1.4キロですから当分あります。あ、前回は生ブルーベリーと冷凍ブルーベリーの両方を購入。つまり2キロ近く買ったということです。(二人分です)

 

| | コメント (0)

生山椒の調理に挑戦

特売だったので、大量の生の山椒の実を買ってしまいました。そして、ネット検索で調理法を調べられるから大丈夫だろうと安易に調理開始。どうやら頼りにならない人を頼ってしまったらしい。出来上がってから、再度調べると別のレシピを発見し、がっかり。考える前に行動するタイプ。

 水洗いをしてから、塩を入れて茹で、水にとって30分あく抜き。醤油・酒・みりんを入れ、弱火で煮る。この山椒をチリメンと炊いたのがチリメン山椒。結構、簡単に考えて初の挑戦をしてしまったけれど、丁寧にすべきだったと後悔。

 つい10年ほど前までは、鰻の蒲焼についている山椒を毛嫌いして捨てていたのですが、近頃は喜んでかけています。でも、100gはありそうな山椒を使い切ることができるのかな? せっせと佃煮や煮物に使うことにしなくちゃへりそうにない。

 以前、「むかご」と書かれた小さな小さな豆?みたいなものに引かれて、全く何かも分からないのに購入したことがありました。ネット調べで、自然薯の赤ちゃんと分かり、茹でて食べると甘みがあり美味しかった。ご飯と一緒に炊いてもいいとか。また見かけたら料理してみましょう。我ながら、結構チャレンジャーだなあと思います。

山椒を使った料理を一品作ってみました。アジの一夜干しを焼いてから身をほぐし、南蛮漬けにしておいたキュウリと混ぜ、すり鉢で山椒をすり潰した上に砂糖と醤油を加えて合えてみました。恰好の酒のあてみたいですが、チャットのレッスン前ですからアルコールに弱い私は飲めません。

 

 

| | コメント (0)

徳島の姿寿司はボウゼ

少し前に徳島の名物のことを書いたとき、魚の姿寿司の種類が分からなかったのですが、偶然ネットで郷土料理を見て、ボウゼと判明。関西ではウオゼと呼ばれるそうですが、私もこの名前の方が馴染みが深い。

 子供の頃から秋祭りの時に食べた味、姿が懐かしい。祭りのときには、甘酒と巻き寿司、この姿寿司が欠かせない。あの頃は、毎年母が甘酒を作り、それを祭りではない親戚に配りに行きました。祭りの時期が、1ヶ月遅れであったので。そういえば、岸和田のだんじりも海側と山側とは1ヶ月の差。そういうシステムなのですね。

 徳島の祭りの日程は、諏訪神社と椎宮神社で分けられていて、実家は諏訪神社(おすわさん)。親戚は椎宮神社。我々は「おすわさん」と「しいのみやさん」と親しみを込めて呼んでいた。分岐点がちょうど実家の筋。つまり通りを隔てたお隣さんは違う祭りの日程。お祭りの時の情景が目に浮かびます。

 あまり大きくない神輿の上には、真っ白けに化粧した稚児さん(男児)が数人乗り、太鼓を叩いていました。近所へ回って来るのは、この稚児さんの乗ったのではなく、さらに小さい神輿だった記憶が。泉南や岸和田の神輿に慣れすぎたので・・・

 考えて見れば、いくつになっても仏壇も神棚もないマンション暮らしでは、仏壇や神棚・荒神さんの祀り方を正確には知らない。仏壇の場合は宗派によって違うのだろうが、神さまは全国同じだから・・・実家の母がしていたことを思い出せば良い。

| | コメント (0)

三日目にして朝顔のツルが

Img_0246 先週の木曜日に、道の駅で購入した朝顔の小さな苗3本のうち一つのツルがImg_0247 どんどん生長。日々長くなり、二日目にツルがブラブラしているので、可哀相なので別の鉢に取り付けてあった針金をプランターに差し込んでみました。すると、なんと翌日には一巻き、さらにその次の日にはクルクルと巻きついているではありませんか。植物の生命力の強さにびっくり。

 夏のベランダは、日照時間が短くなって暑さだけは一人前以上で、植物の生長には適していません。そのせいで、せっかく去年の球根から芽が出てきたものも花まで咲くのはまれ。Img_0249

せっかく同じ道の駅で購入したバジルは、病気になったのか、それとも虫がついたのか葉が変になりました。日照不足かな?と思いつつ、懲りずにまた購入。今度は少し大きくなった苗ですから、数枚は料理に使えるかな。

 エアコンを使うときのために、室外機の前の鉢移動をしたので、足の踏み場に困るほどの混雑。右の写真は、友人から頂いた青シソImg_0251 Img_0252。結構大きく育ちました。もうすぐ、手巻き寿司の海苔の代用ができるかな?  

| | コメント (0)

自動ベーカリーでアンパンを

しばらくぶりにアンパンです。粒アンだけでは寂しいので最近は黒ゴマを入れることを覚えました。いつものように、自動ベーカリーで2斤分の生地をこねて、一次発酵までさせたところで、ケースを取り出して生地を二等分し、半分をベーカリーに戻して、発酵を継続してそのまま焼き上げる、という私の自分勝手コース。本当は、この自動ベーカリーには、生地作りのコースがあり、粉をセットして2時間で一次発酵までできるようになっています。

 半分のうち、3分の1をピザ用に代用し夕食に。コストコで買ったピリ辛ソーセージと道の駅で買ったバジル苗から2枚葉っぱをちぎって上に乗せ、美味しくできあがり。

さらに、残りの生地をオーブンレンジの中で倍量になるまで発酵。(熱湯を入れたボールにお皿を乗せ、その上にこの生地を入れたボールを置き、ラップ。)

その後、4等分して丸め、粒アンに黒ゴマを混ぜたものを包んで、190度でImg_025320分程度。実は、自動のロールパンにセットして焼いたのですが、追加5分で焼きあがりました。

 焼く前に成型した生地に卵の代わりに、オリーブオイルを塗り、黒ゴマを散らしました。ゴマを生地に押し付けるのを忘れていたために、焼きあがるとぼろぼろ取れて、残念。

 反省点がもう1点。ピザ用にした生地が少し分厚かったのか、それとも二度焼きしたのが悪かったのか、少し堅く感じたので、次回はもう少し生地を薄く、そして具を乗せて一度で焼き上げてみましょうか。オーブントースターの火力を心配して、具を乗せる前に先に焼いてから、具を乗せて再度焼いたので・・・

 ピザ用に焼いた生地を見て、このままカレーをつけて食べたいなあ、と。まるでインド料理のナンみたいでした。次回は枚数を増やして焼くことに。

 あ、いつものように、ピザは写真を撮る前に食べてしまいました。

| | コメント (0)

母の作詞家デビュー曲

久々の母の詩アップ。 一読して気に入った娘はすでにコピーを持ち帰ったのですが、息子にも読んでもらえるかな?

 子供を守るために近所を車でパトロールする協議会があり、民生委員をしている弟もそのメンバーの一人。 若い頃から草野球? ソフトボール? の指導をしたりして、地域活動に参加してきたので、活動はさらに広がっている様子。

 母の詩には、ちゃんと曲がつき、パトロールの際に車から流れていると聞いています。聞きたいものですが・・・

 副題が「愛パト・ソング」

1、夜明けのまぶしい 太陽が

  真っ直ぐに差す 佐古の町

  眉山から吹く風 鳥の声

  みんな みんな仲間だよ

  守っていこうと 大切に

  あいじつ あいじつ パトロール

2、春には土筆 菜の花

  夏になれば 潮干狩り

  変わることなく 清らかに

  四国三郎 吉野川

  守っていこうよ 大切に

  あいじつ あいじつ パトロール

3、きみ ぼく あなた わたし

  ひとり ひとり 宝物だよ

  声掛け合おう 助け合おう

  困ったときは 大声出して

  守っていこうよ 大切に

  あいじつ あいじつ パトロール

                     以上です

そういえば、昔、末の弟がたぶん中学校から自転車で下校中、廃品回収車と何かの間に挟まれ、怪我をしたことがありました。誰にも助けてもらえず、傷ついたまま自宅へ戻ったことがありました。私はおそらく天理に居た頃だろうと思います。見ていないので。そんなとき、近くの誰かが助けてくれると良かったのにねえ。 野球部でしたから、他の生徒より遅い時間だったのでしょう。そんなときパトロールの人が通っていてくれたらどんなに心丈夫なことか。

 後日談ですが、父は弟の哀れな姿を見て激怒。傷の手当を母にまかしたまま家を飛び出し、廃品回収車を探索。 その噂を聞いた当事者は怖くなって警察に出頭したとか。 はい、瞬間湯沸しと言われる私の父ですからねえ・・・直接、その運転手に出くわさなくて幸いでした。

 

| | コメント (0)

ピンクの紫陽花も

Img_0245 しばらく雨が続く様子。紫陽花が喜んでいるかな? 自然の中の植物は、適度な雨だと喜ぶでしょうね。この紫陽花はコアラさんに頂いた切花。部屋が暑かったのでもう終了。(紫陽花は青しか好きになれなかったのですが、最近心変わりし、ピンクや赤も良いかも。)

 そろそろ、息子に送ったEMSが手元に届く頃なので、チャット連絡を待ちつつブログを書いています。

 書き終えてもまだ連絡がないので、またネット接続ができないのかもしれません。また来週。

 夕方、娘から、「帰ろうとしたんだけど、途中雨に降られてずぶ濡れになったから、風邪を引きそうなので中止する。来週くらいには帰れそうだから、ピロシキが食べたい」、との要望書が届きました。実は、その前に、昨日からピザかピロシキが作りたいなあ、とメールしておいたからです。

 一番手っ取り早い方法は、ピロシキの皮を大目に作って、具を包む一歩手前まで生地を作っておき、オーブントースターサイズの四角に伸ばして、フォールで穴を開けて焼き、そのまま冷まして冷凍保存。 ピザを食べたい時に解凍して、ピザソースを塗り、玉ねぎとソーセージとチーズを乗せてオーブントースターで焼く。

 さて、ピロシキの具は何にしましょ。簡単なのは、いつも常備してある粒アンに黒ゴマを混ぜる。もう一つは、シーチキンと玉ねぎとコーン缶をマヨネーズで合える。でも連れ合いはシーチキンが苦手なので、カレーを作らねば・・・レトルトのカレーがあれば便利なのですが。二人同居なのに、食事時の飲み物(水と麦茶)から食べる物の好みまで違いが多い。だから、ご馳走の日用には、冷凍庫にビーフステーキ(夫)と鰻の蒲焼(妻)を常備。

 これでもずいぶん食文化を共有するようになった方。最初は、夫は椎茸や高野豆腐の煮物は食べない人でした。私は、昔 実家が八百屋をした時期があったので、季節の旬の物が好き。 松茸や筍、エンドウ豆やソラマメ、蕗等々。刺身はあまり好きではないけれど、焼き魚とか貝類は好き。特にサザエとか鮎は大好き。「そんなもの食べんでも死なん」と言われては、食べたいなあ、とは言えません。

| | コメント (0)

徳島駅前が賑やかに」

 ネット情報で徳島のニュースを楽しんでいる間に、もう梅雨入りでしょうか。日曜日から数日間雨マーク。

 里帰りした折には、淡路島経由で徳島に着くとすぐにお土産を買うことにしています。購入場所は眉山下の阿波踊り会館か、JRの徳島駅にある商店街。ネット情報ですが、この商店街に、9日には「餃子の王将」、11日にはドラッグストアの「マツモトキヨシ」、12日にはコーヒーの「スタバ」がオープンしたというニュース。賑やかになってよかったね。

 スタバのオーブンには、前日から並んだ人もいて、当日は100メートルもの行列ができたそうです。

 徳島駅の前に、ソゴウがあるのですが、その1階部分に回転焼き屋があり、40年以上前から自動で焼いていて超人気。最近は寄っていないのですが、まだやっているのかな? 高校の帰りに1個だけ買って食べたっけ。

私の大好きな徳島のお菓子は、なんといってもういろ羊羹。どこの羊羹とも違う蒸し羊羹。一番味が近いのは滋賀県の丁稚羊羹。名古屋のウイロとは全くの別物。 

 次が、滝の焼餅。桜の季節には店の前を素通りすることは絶対に無い。焼餅と言っても正月に食べる餅とは違う。阿波踊り会館では目の前で焼いてくれます

 三番目が、金長饅頭。白アンなので、我が家の生き字引にはお気の毒。外側の生地がチョコレート味のもあるよ~。アンはやっぱり白だけど。

 藤餅は番外ですが、幻の饅頭。だって、石井町まで行かないと手に入らないと思っていたのですから。それから、泉南の村雨というお菓子とよく似た小男鹿(さおしか)も美味しい。貫禄という大きな大きな饅頭も好きだったのですが、一人では食べきれない大きさでした。ネット検索では出てこないので、無くなったかと心配。

 和歌山港から小松島港に着く船に乗っていた頃によくお土産に買ったのが、ブドウ饅頭。小さな緑色のブドウの形、つまりお団子を串にさしてあるのや、中に10億円という印刷物が入っているのも面白かった。小さいとはいえ、とっても甘くていっぺんに3本以上は食べられません。

 徳島のお土産としては、お菓子以外にも串がついた竹輪(小松島港のが美味しかった)とか若布、それから味噌にスダチ。ぜ~んぶ欲しい物リスト(頭の中の)に入れてあります。  

Img_0244写真は、木曜日に行った時に花の文化園のすぐ隣で買った、焼き草餅とさつま芋入りの蒸しパン。(蒸しパン、懐かしい気分)ん? 1週間たって気づいたのですが、豆入りを注文したつもりでしたが? さつま芋大好き、豆大好き、で、心が二分されたかな。

後ろの苗は、帰り道にある道の駅で買ったバジル(二度目)と朝顔。 前回行った時のバジルの苗の育ちが悪いので、再度挑戦。土が悪いせいだとは分かっているのですが・・・ベランダですから、古い土を使いまわしてしているのです。 

| | コメント (0)

近所にある幻の紫陽花

Img_0228_1_2   花の文化園には、出かけるたびに新しい発見があります。今回は、七段花。これが近所の寺にもある幻の紫陽花と判明。 トリミングして再度アップしてみました。ネット調べでは、130年前に発見された後、誰にも知られず、それが50年前に神戸で再発見されたという幻の花ということです。七段というので、段々畑のように積み重ねたように咲いている花。

 七段花というのも、色もいろいろ形もいろいろのようです。数日前にアップした2枚の写真、かなり形が違っていますが、両方とも名札には七段花と。

 この七段花、子供達が通っていた小学校の校舎の裏山でも見たことがありました。 山紫陽花なので、目立たないのですが大好きな紫陽花のことですから、しっかり記憶に残っていたのです。ああ、名前が分かってすっきり。

 長慶寺の本堂以外にも、一番上の駐車場近くで、かつボケ封じの観音様の後ろ側のくぼ地でも発見。

 昨日アップしたティアラという紫陽花も、サイズが小さい割りにはっきり識別できたのは、我が家の生き字引のおかげ。今後とも撮影担当よろしくね。

| | コメント (0)

紫陽花を見に花の文化園へ

年間パスポートを買ったので、安心して何度でも行けるので、仕事の帰りに紫陽花を見るために、河内長野にある花の文化園へ。近所の長慶寺では紫陽花が満開近いので、期待して出かけたのですが、まだまだ咲いていない株の方が多い。日当たりのいいところにあるものとか、早咲きの種類くらい。

 今回、七段紫陽花という名前を知りました。Img_0228Img_0229長慶寺の本堂近くに前から1本だけあった種類で、星の形をしている珍しいものですが、写真のサイズダウンをする前には確認できていたのでが、これではよく分かりません。

 もう一つ、珍しい種類を見つけました。ティアラという名前。つまりひな壇のように段々になっている花だからそのまま名づけたのでしょう。Img_0231   まだまだ薔薇園がキレイでしたので、たくさん写真を撮ってもらいました。今回の撮影はすべて我が家の生き字引が担当。私は、あれ撮って、これ撮って、とお願いするだけ。女王様になった気分を満喫。

| | コメント (0)

6月の花の文化園

ちょっと手間取ったアルバムを作るまでの一時しのぎにと、ブログを作成しておいたのですが、自動送信の設定ミスで今ごろになってしまいました。もうすでにアルバムはアップしてありますが、せっかくのページなのでご覧ください。 我が家の生き字引のカメラの腕に感謝。

Img_0212Img_0213名前がわからないのですが、がまの穂みたいに池の中にたくさん咲いていました。

アヤメも近くに。

Img_0238バラ園の後ろには温室が見えています。

下の写真は連れ合い好み。ペチュニア。

左から二つ目がフクシア。右端は薔薇園のアーチ。

Img_0232

Img_0235  Img_0225 Img_0222 Img_0214

| | コメント (0)

わらしべ長者になるかも?

Img_0207 コースターを頂きました。手彫りのすばらしいものです。見本に彫られたものだということですから、当然傑作です。5枚がちゃんと収まるコースター入れもセットで。使うのがもったいないですね。当分眺めて暮らしましょう。

 今、我が家には頂き物の花ショウブが半分咲き、紫陽花は満開。いっぺんImg_0209 に部屋が明るくなりました。三個の花瓶を総動員。娘よ、早く見に帰っておいで~。

 ベランダには頂いた玉ねぎがぶら下がっています。玉ねぎの保存方法は、生で食べるのとシチュー類にする以外は、早々に炒めてカサを減らして冷凍保存が一番。 すぐにスープや調理に使えて便利。

 皆様のおかげで本当に幸せ者です。感謝。 

| | コメント (0)

アヤメ・カキツバタ・花ショウブの見分け方?

ここ数年、たくさんの野菜や果物や柑橘類をいただく友人から、珍しくお花も頂きました。2種類の花ショウブと伺いましたが、この言葉に悩んでいます。花しょうぶが2種類? ムムム? 以前、コアラさんにこの系統の花にはいろいろあって、・・・・と詳しく教えてもらったことがあったのですが、忘却のかなた~へ。仕方がないので、今からネット検索を。

Img_0200  ウィキペディア調べでは、結局よくわかりませんが、花のいろはいろいろ。でも、アヤメは大体は紫でまれに白。カキツバタも青紫や紫や白や紋?。花ショウブはいろいろな色あり。紅紫・紫・紋・覆輪。では、何で見分けるといいのやら?

 花に網目模様がついていて、外側の花びらが黄色い模様があるのがアヤメ。

 カキツバタも花ショウブも花に網目模様無し。

 葉で見ると、アヤメには葉脈無し。カキツバタの葉脈は細くて小さく、花ショウブの葉脈は主脈が太い。これが判定の目安になるかも。ま、同時に並んで見ることがあれば比べてみることにしましょう。

 皆、同じに見えるのは目が慣れていないということで。 ある人たちにとっては、外国の人々は皆、外国人顔に見えるらしいけれど、見慣れてくると ああ、たぶんフランス人? ドイツ人? ロシア系? でも、大抵は東洋系だということだけは分かる、な~んてね。

Img_0205 花ショウブを頂いて喜んでいたら、ステンシルレッスンの後、コアラさんから大好きな紫陽花を頂きました。感動! 赤系と青系と両方。さっそく、撮影会の開始。いろいろと撮って、さあ編集・・・これがまた大変な作業となり、結局夜中までかかり、まだ途上。後でまた。

 

| | コメント (2)

コストコでチューロ(スペイン風ドーナツ)を

仕事を終えたので、さっそくブルーベリーを買いにコストコへ。なんとかなりの値下がり。季節商品なのか、510gで1280円から798円へ。超買い得。安くなった分で、冷凍のワイルドブルーベリー(約1.4キロ)も購入。これで3~4週間はもちそう。 次回のコストコ行きは、ブルーベリーが切れたときと決めています。

 今回、赤いベリー、(ラズベリーかな?) が入荷していました。ブルーベリーが無ければ買っていたのですが。 これからの暑い季節にはベリー類が入荷しやすくなるのかな。

 前回は、噂に聞いていた飲み放題つきのホットドッグを購入し、その大きさとシステム(セルフ方式)にびっくりさせられましたが、今回は、ツイスト・チューロ(ねじってあるチューロ)を。写真を撮れなかったのが残念なくらい、なが~いチューロ。 スペインでは朝食にする棒状のドーナツのことです。ココアに浸しながら食べる。 チューロ自体は、今までにいろいろなものを食べました。

 でも、考えてみるとチューロは好物なのに、南米では食べたことはないし、スペイン旅行の時にも食べた記憶はない。記憶に残っているのは、ハリウッドで食べたなが~い、なが~い、シナモン味の。 美味しかった~。

| | コメント (0)

今年も大好きな紫陽花が

やっと今年度初の採点仕事が終了。

毎年6月6日には近所の長慶寺にお参りに行きます。マルチーズのマリちゃんの命日。 ちょうど紫陽花がきれいに咲く頃なので忘れることはありません。良いお天気で、住職さん?がお一人で植木のトリミング中でしたが、お家の中では紫陽花茶会が開かれたようで、時間的に遅かったので、人影はなかったのですが、片付け中なのか声だけが・・・いつかお茶を一服いただきたいなあ、と願っているのですが、我が家の生き字引は嫌がるかな。お座敷だと足が痺れるから。

Img_0196 ブログ用にサイズダウンしてもこんなにはっきりと見えるなんて、新しいデジカメにして良かった! 

この紫陽花の株は、毎年色の違う花が同時に見える珍しいものです。大概、同じ系統の色なのですが。お寺の正面階段の一番上、下から見ると左側の大きな株。いつも楽しみにしています。今日の全体的な紫陽花の状態は、7分咲き程度。場所によるのですが、正面階段付近は5分咲きくらいかな?

 日本原種というか山紫陽花というか、額紫陽花もキレイ。星の形みたいに咲くものも。

左がペット納骨堂。隣は柏葉紫陽花で、その隣は砂の模様がきれい。右は茶会。

Img_0193 Img_0194 Img_0197 Img_0195

| | コメント (0)

やっぱりブルーベリーは目に良い

今回の予備校採点の仕事はもう少しで終了。追加が一回しかなかったので、忙しいのは週明けまで。 早く仕上がれば、コストコへ。なぜなら、生のブルーベリーの効力を実感した我が家の生き字引が、買いに行こう!と声をかけてくれています。効いている間はあまり気がつかないものなのですが、しばらく食べないでいると視力が衰えていることを実感できる。

 最初、目に良いサプリメントがあると教えてくれたのは、スペイン語の生徒さん。そのときはサプリの錠剤。薬を飲み込むのが苦手な私には大きすぎて飲みづらいので、パウダータイプに変更。

以来、かなり長いこと地中海ヨーグルトに混ぜて飲み続けているうちに、コストコ常連さんの友人からの、「生のブルーベリーも売ってますよ」、の一声で早速購入。

チリ産の少し大粒の実で甘くて美味しいこと。 すっかりはまってしまって、行く度に探すはめに。でもいつもあるわけではなく、無いときには冷凍で我慢。カナダ産とかアメリカ産ので、小粒であまり甘みはない。目の疲労回復や視力回復には生の方がより効果が大のように感じます。個人的な感覚ですが。

 生のは普通のフルーツ感覚で、ヨーグルトに入れて食べるだけなのですが、冷凍は前日に常温解凍(ただ、前の晩にテーブルの上に放置するだけ)してから食べるという一手間をかけていたのですが、ふと思いついて冷凍そのままをかじってみたら、まあ、いけるじゃありませんか。これから暑くなるとさらに美味しく感じるかも。これからは冷凍のまま食べることにします。

 PC作業に採点に、テレビ。さらに読書やゲームにと、ほとんど起きている間中、目を酷使しているので、ブルーベリーはありがたい。

| | コメント (0)

母が作詞家に?

今週は忙しくなるのが分かっていたので、写真を撮りだめしたりブログも少し書いておいたのですが、それがもう出尽くし・・・と思っていたら、徳島の母からと娘からも良いニュースが飛び込んで来ました。母のは、前から聞かされていた地域活動のグループへの歌詩。公募だったのですが、選ばれて曲をつけていただきました。すご~い! まだ電話していないので、これからすぐにします。娘の方はご想像に任せます。

 地域の子供達を守るためのパトロールを車でするときに、流す歌の作詞だったと聞きました。作曲は小学校の音楽の先生。この話は、以前、角川文庫の芭蕉忌の俳句5点に全国から選ばれたご縁だとか。かなり前のことで、私は行ったことがないのですが、たぶん母の句と名前が載っている碑でも建っているのでしょう。私はまったく分からない世界。猫に小判で、母には申し訳ない。

| | コメント (0)

携帯でもチャット

いつもながら機械音痴、パソコン音痴の私にはよ~わからないのですが、携帯電話からも無料のチャットができるのです。初めてフィリピンの息子からかかってきましたが、いつものパソコンより音声がはっきりしているくらいでした。ヘッドホンタイプだったので音をよく拾っていた?

 携帯でインターネットができるのは知っていましたが、ねえ~。へえ~、という感じです。どんどん世界は進歩していくのですね。

 チャットができるシステムから国際電話をかけると格安になるとか。それを携帯電話でも活用できるということです。国内の市外通話程度の料金だそうです。私達が南米で住んでいたころとは雲泥の差。直通では掛けられなくて、交換手を呼び出すまでが時間がかかって・・・

 学生時代から親元を離れて生活していたので、市外電話をかけるときには、料金が気になって電文みたいに短く要点のみ、「何月何日に帰省するからね」くらい。貧乏学生にはかなりの負担でしたから。そういえば、あの頃の仕送りは2万円。学生寮の寮費が5千円。それには朝食と夕食が含まれていたので、残りで昼食を食べて・・・

 

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »