« また月曜花市へ | トップページ | ゆとり世代って? »

甘党は花粉症にかかりやすい?

最近お疲れ気味の連れ合いが、花粉症に悩まされています。くしゃみと鼻水。私ももちろんありましたが、一足お先にかかり、今はほとんど収束気味。なにしろ天邪鬼な性格なので、身体までそうらしい。

 大量購入したパンケーキミックスのレシピを探して料理本を繰っているうちに、花粉症を体の中から追い出す食事という生地を発見。バランスのとれた食事と特効薬的な食品をとることによって症状がでなくなることがわかってきた、とのこと! (平成11年3月の記事)

 とても分かりやすいタイトル表示で、○の食事と×の食事を最初のページに写真で掲示。

○ 旬の魚・体を温める根菜の煮物・具たくさんのみそ汁・辛味の大根に酢醤油・ご飯

× 無果汁で糖分の多い清涼飲料水・添加物の多い食品(ハンバーガーとインスタントラーメンの写真)・糖分の多いケーキ

 もうこれで内容を読む必要なし。いえ、いえ。

 まだ特効薬的な食品の情報を読んでいません。

シソ(過剰な免疫反応を正常な状態に近づける) 一日10枚分のシソをとることが必要。

チョコレート(カカオのポリフェノールが抗体の生成を抑制)  無糖のココアが一番良い。

酒かす(体にやさしい発酵食品) 味噌汁に溶かすと簡単にとれる。

きのこ(体本来の恒常性を健康の保つ) 抗体の数やヒスタミンの量もおさえらる。ノーカロリーなので、たくさん食べても大丈夫。まいたけ、しいたけ、シメジ、えのきだけ、エリンギなど。

緑茶(食べるとさらに効果的)  カテキンがさまざまな健康効果を持っている。粉茶なら調理に使用可能。飲むより食べる方が倍の効果あり。炒め物にどうぞ。

 一つだけ目あたらしい内容を発見。食生活のバランスをチャックという記事の中に、「わさびや辛子、山椒などの辛味も全くとらないというのは問題。辛味の不足は肺機能を低下させ、鼻や皮膚のトラブルを起こしやすくする。子供にアトピーやぜんそくが多いのもここに原因がある。ただし、食べすぎも禁物。」

|

« また月曜花市へ | トップページ | ゆとり世代って? »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« また月曜花市へ | トップページ | ゆとり世代って? »