« 古羽織のリサイクル準備パート2 | トップページ | 熊さんいろいろ »

古着物や羽織、道行きコートの再利用は?

カテゴリーにいつも悩むのですが、このテーマは裁縫? それともリサイクル手芸? とりあえず、「趣味」にしておきましたが。

 古い着物を何に活用すれば良いのか悩むところ。一番ほしいのは、二部式着物と作務衣。それから、浴衣をほどいて、椅子カバーにするのも夢見ています。カラカス時代に、友人がとても上手に藍色の生地を椅子カバーにしていたのを覚えています。どれも綿地を頭に置いています。絹地はどうしてもドレスなどにしてしまいそうですが、着て行くところがない。洋服仕立てにしても柄や布地感覚が不似合いのことが多い。自力でドレスにはできないので高くつく。自分でできなければ、リサイクルすることはまず無理。あまりにも着物が多いので・・・

 今までに作ってみたのは、昨日書いたエレクトーンカバーとPCカバー。ただ、切って端を始末しただけ。それ以前に、道行コートの袖を取っただけで、ベスト風にして家で着ていました。羽織の活用もそうですが、袖と襟を取れば、簡単にベストになります。

 古ジーンズもたくさん調達してあるので、何にしましょう? トイレの紙ホルダーの二代目も良いですし、スカートにもリメイクできそうな。ウェストがあうのなら、股下をすっぱり切って、そのままスパッツの上に着るという手もありかも。ミシンを使うのが苦にならないなら、足の部分を切り開いて、平らに縫い付けてスカートにするという手もありですが、あいにく・・・

そういえば、コアラ先生は以前、ジーンズで手提げバッグをリメイクされて素敵でしたよ。デニム地は分厚いので、手縫いするにはちとシンドイ。そのうち忙しくなる前にですが、一度くらいはミシンを出してみなくちゃ。たぶん、またさび付いているか油切れです。せっかく数年前に調節してもらったのに、その後また放置したまま。

|

« 古羽織のリサイクル準備パート2 | トップページ | 熊さんいろいろ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古羽織のリサイクル準備パート2 | トップページ | 熊さんいろいろ »