« 着物のリサイクルに挑戦 | トップページ | 手仕事は楽しい »

古羽織のリサイクル準備パート2

リサイクルついでに、今度は渋めの羽織を調達。帯は豪華な花柄。これはなんちゃって帯を手軽に作るチャ~ンス!と購入してきました。2月は第2週から毎週日曜日に開催される、和泉市のフリマでゲット。

 この羽織は結構生地が柔らかく、ヘタすると絹かもしれず、素人がうかつに洗ってしまうと チP2140019リチリになって処理が大変になるかも。で、ファブリーズするだけにしたのですが、写真を撮るとなんと身頃に大きな○が。うまく乾いてくれると良いのですが、ちょっと~?P2140020 (いえいえ、大丈夫でした。)

 久しぶりに良い買い物ができたと自己満足の帯。豪華な帯なのに、超破格値で売られていてありがたいこと。後日、ファブリーズ。何でもいっぺんにすると、失敗すると傷が大きくなります。そうそう、以前、帯をただ切り刻むだけで、エレクトーンのカバーとPCカバーを作りましたっけ。直線ですから、端始末だけでOK。

 まずはフリマの古着で、リサイクルレッスンをしておいてから、今度は自分のに本格的に取り組もうという魂胆。何しろ、花嫁道具に持参した着物・羽織・帯など、南米に持参した色無地と婚礼に着た留袖以外はすべて箪笥の肥やし。まだシツケ糸がかかったまま。私が縫ったものが殆ど。そういえば、道行コートやウールのアンサンブル、そして浴衣はたびたび着ました。良かった~。

 南米では、暑いにも関わらず結婚披露宴に、着物を着ていったので、出席者に感激されましたっけ。そのせいで、長じゅばんに汗ジミが・・・私、夏物の着物は作らなかったのです。30度の真夏の国に、袷の長じゅばんと袷の着物。地獄? 年中真夏とはいえ、朝晩は涼しい国だったので助かりました。(披露宴は夜中でした。)

|

« 着物のリサイクルに挑戦 | トップページ | 手仕事は楽しい »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 着物のリサイクルに挑戦 | トップページ | 手仕事は楽しい »