« 栗入りアンパンはいかが? | トップページ | 栗入りアンぱん »

やっと大正琴の弾き方の本を借りました

本屋さんにはなかった大正琴関連の本が、図書館にはちゃんとありました。基礎編と楽譜編を借りられました。本当にありがたいことです。さっそく大正琴の弾き方を読んでみました。さっそくメモをしておきます。まだ大正琴には触ってもいませんが。

① 実際に弾くには、弦の調節をして音程をすべてソにあわせなくてはならない。調節するための基礎になる笛がついているのかな? ま、あるとして、次へ。

② 音を出すためには、左手で番号の記入してあるボタンをしっかり押す。右手で爪(ピック)を使って音をはじく。手前から向こうへはじくのが基本で、逆の場合もある。

③ 譜面の読み方。五線譜がなく、すべて数字と記号で記入されているので、ルールを知ることが必要。数字の1がドの音で、基本より低い音には数字の下に黒点、高い音には数字の上に黒点が記入される。 音の長さは、ゼロの数で全音符は3つ、二部音符は二つ。数字の次の横棒は半拍伸ばす。

④ 長さを表す簡単な方法として、一拍=チャン 半拍=チャ 四分の一拍=カ 一拍休み=ウン 半拍休み=ン と言って覚える。

⑤ 音を出す練習。まずは左手は何も押させずに、右手で音を出す練習。ピックの運び(手前から向こう、向こうから手前)だけ。慣れれば、次に左手は一箇所だけ押さえて、右手で拍子を整える練習へ進む。

⑥ 音が出るようになったら、次は音が途切れないように、左手の押し方を練習。どうやれ、どの指でどの番号を押すかは決定的ではなく、押しやすいようにするらしく、いちいち楽譜には押す指の指示が書かれている。

 楽譜に書かれているのは、数字(音階)・横棒(伸ばす)・0(休止)・数字の下に黒点(低音)・数字の上の黒点(高音)・押さえる指の指示(カタカタ一文字)・上下の矢印(ピックの弾く方向)。後は、五線譜が読めることが必要なだけ。繰り返す箇所がどこか、終了がどこか。学校の音楽の時間の復習が必要かな。

 やり方が分かったら、後は指の練習が肝心。泳ぎ方を本で読んで分かったつもりでも、実際に水の中でバタバタやったり息継ぎの練習をしないことには、泳げるようにはなれません。

以前、半年間、毎日エレクトーンの練習を熱心にしすぎたために、すっかり腱鞘炎になってしまった経験があるので、頑張り過ぎないようにしなくちゃ。でも、今年は新しいことを始めることを年頭に決めたのでぼちぼちと進みます。

 来週はステンシルがあるので楽しみ。今月のテーマを記入しておかなかったので、素材は連れ合いのと私のと両方持参しなくちゃ。トホホホ 花柄以外のデザインだけは確かなのですが・・・動物でもない、魔女でもない、スポーツでもない???

   

|

« 栗入りアンパンはいかが? | トップページ | 栗入りアンぱん »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栗入りアンパンはいかが? | トップページ | 栗入りアンぱん »