« やっと大正琴の弾き方の本を借りました | トップページ | ステンシルとトールペイント作品がお嫁入り »

栗入りアンぱん

① 朝8時35分: 生地の準備

   お菓子パン(ソフト)の材料で自動ベーカリーでこねと、一次発酵までおまかせしておきます。

 記憶では、強力粉230g・薄力粉70g・砂糖30g・コンデンスミルク10g・塩ふたつまみ・卵一個プラス牛乳で200cc・ドライイースト6g(小さじ2)。

 2倍程度に膨らむまで放置。(一次発酵)

  (その間に、昼からのスペイン語サークル準備。昨夜は、娘が夜中に急に帰宅して晩御飯を食べさせたので、就寝は1時過ぎ。彼女は、デザートのイチゴまで食べ、「満腹して熟睡できたよ~」と、今朝は9時からの映画を見るために、早朝7時に出発。 お助け便用に購入しておいた食料をさげて行きました。今月も金欠だとか。)

② 10時38分(ベーカリに入れてから2時間程度)ですが、寒いせいかふくらみが少ない。

 時間がないので、小分けにしてから丸めでベンチタイム。20分程度。それからガス抜きをして成型し、アンと栗を入れて二次発酵させる予定。うまく行くことを願って。自力で焼くときは毎回、ドキドキ。

P1170037 P1170038 今回は、15個にしたのですが、おやつとしてはちょうどいい大きさになったかな。花巻の形は結構気に入りました。黒ゴマをかけたておいたのも好評。

 次回作ることがあれば、焼く前に、卵ではなく霧吹きをかけたらどんな焼き上がりになるのか試したい。

|

« やっと大正琴の弾き方の本を借りました | トップページ | ステンシルとトールペイント作品がお嫁入り »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やっと大正琴の弾き方の本を借りました | トップページ | ステンシルとトールペイント作品がお嫁入り »