« 新しいPCは速い | トップページ | ペンちゃん、退院 »

簡単キムチの作り方

以前、韓国の方から教えてもらった甘いキムチの作り方を、市販のキムチの素を使って簡単に再現することに成功しました。そのメモです。(たぶん前にもアップしたと思います。後でチェックしてみます。)

 教えてもらったキムチは、白菜中心で、味付けのために

大根・にんじん・ねぎ・生姜・にんにく・砂糖・唐辛子パウダー・味の素・サーディン缶・しょうゆ

を使いますが、時間があるときには、白菜はよく洗って葉を一枚一枚塩をして半日位重石をかけておき、大根とにんじんも太めの千切りにして塩づけ。味見して好みの按配になったところで、上記のキムチの素・砂糖・ネギ・生姜をまずは、大根とにんじんだけの混ぜて味をなじませます。その後で、白菜を食べやすい大きさに切って、十分に水気を絞ってから、味つけした大根・ニンジンとよく混ぜ、後は冷蔵庫で一日おけばおいしいキムチの出来上がり。寒い季節なので、なじむまで常温でおいて置くという手もありますが、保存は冷蔵庫がお勧め。

今回は、これでこの冬二度目ですが、市販のキムチの素が中心の大根だけのキムチ。 それ以外は砂糖と刻みネギと生姜のみ。

 我が家はカクテキ(大根のキムチ)が好きなので、簡単に作りたい時には、大根の大きめの千切り(カクテキだとサイコロ状ですが)を塩漬けにしたものに、調味料をまぶすだけ。キムチの市販品は発酵が進んで、酸っぱいものが多いので苦手。

 キムチの素を使うと、イワシ缶や唐辛子パウダーを購入する手間が省けます。少量づつ作りたい我が家には重宝しています。大量に作るときには、自分で全部味付けするほうが安上がりかも。

 私は、スーパーで大根やかぶらが安いとつい買って、即席漬けやキムチが作りたくなります。この癖はどうやら娘にもうつったらしく、野菜の油漬けやら酢漬けを作るのが得意。忙しいでしょうが、少しでも時間を見つけてまた作るといいよ。物を作るというのは、特に発明やら芸術でなくても調理でも、精神を集中させるので身体に良いみたい。

|

« 新しいPCは速い | トップページ | ペンちゃん、退院 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しいPCは速い | トップページ | ペンちゃん、退院 »