« 自動翻訳は世界を広げる | トップページ | 採点終了で豪華朝食 »

胚芽入りのセサミブラン

090727_160101娘のパン修行です。卵もバターも入らないプレーンな生地で、小麦胚芽がポイントだそうです。「香ばしくてんまいよ」と写メール。確かに、ベーグル?と思うような形と食感。成型は、真ん中を太くし、端を細くした棒状に伸ばした生地の両端をくっつける。その上にタップリのゴマ。これで焼いて完成となるそうです。

ベーグルは、棒状に伸ばした生地を丸く閉じ、それを一度お湯に通してから焼くので一手間余分。その分、モチモチとして美味しい。こちらのゴマがいっぱいトッピングされたパンもグー。
 名前が、セサミブラン? この意味は、『ゴマのかかったふすま入りパン』かと想像します。ブラン=小麦の皮=ふすま

 でも、先生からの材料では胚芽だったので、これからイオンの火曜市に行くついでに、カルディーでコリアンダーと共に購入。我が家の香辛料はいったい幾つになる? 

 インターネットでふすまと胚芽のことを調べてみました。

  栄養的には、「ふすまは食物繊維の塊、胚芽はビタミンなどのミネラルの塊、胚乳(普通に我々が小麦部分)は澱粉とたんぱく質の塊
  「胚芽やふすまには澱粉
質がほとんどないので、それだけではパンや麺類やお菓子などを作ることはできません。」ということです。

|

« 自動翻訳は世界を広げる | トップページ | 採点終了で豪華朝食 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自動翻訳は世界を広げる | トップページ | 採点終了で豪華朝食 »