« インド料理パート2 「バターチキンマサラ」 | トップページ | 胚芽入りのセサミブラン »

自動翻訳は世界を広げる

外国語で書かれているウェブサイトを見るために、簡単に自動翻訳が読めるようにGoogleを入れてくれました。Paparinは仕事で外国の要人名の確認とかいろいろ調べる必要があるらしく、重宝しているらしい。

 私は、泉佐野の自宅でチャットカフェを開いているニュージーランド出身の女性(手作り手提げ袋ネット販売もされています)のブログを見る時に重宝。 今までは、たまに何を書いてあるのか想像すらできない時に、辞書を引くのが面倒なので、そのページだけを選択して翻訳にかけていたのですが、たいていは前後から推測か放置。それが、最初に一度翻訳を選択すると全ページ自動翻訳してくれるので、短時間で内容をだいたい把握できるようになりました。

 ただ、自動翻訳といってもかなりお粗末。 初めて見た人はびっくりがっかりかも。到底、日本文、いえ、意味の通った文にはなっていませんから。それでも、先に原文を読んでおけば、だいたいの内容を推し量ることはできますので、必要な箇所を探し出す時間を短縮できます。
 無料の自動翻訳で、人間様のプロ並に訳せるのなら、翻訳業は成り立ちません。研究され始めてから随分たつのですが・・・

 パソコンばかりか、最近買い換えたCDラジカセのラジオ設定もお願いしました。購入後、ラジオやTVには地域設定が必要なのですよね。でも、説明書を読む気力が湧いてこないのです。拒絶反応。私だけ?それとも女性特有の反応? 方向音痴に機械音痴等々。ある友人から、新聞アレルギーだと聞いたことがあります。写真入の週刊誌以外は、字を見るのが嫌いで頭が痛くなるとか。印刷文字と紙質の両方だと、このコロンビア女性は言ってました。

 とにかく、PCとかCDラジカセとかでは、完全にPaparinと息子に頼りきっている、情けない私です。二人に大感謝。 

 そういえば、今日、友人宅ではインターネット接続が完了するはず。レッスンはもう少し先だそうですから、まだこのブログは見てもらえてないかな?

|

« インド料理パート2 「バターチキンマサラ」 | トップページ | 胚芽入りのセサミブラン »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インド料理パート2 「バターチキンマサラ」 | トップページ | 胚芽入りのセサミブラン »