« 梅干容器のフタにトールペイント | トップページ | エコバッグにフェニックス »

爪きり入れにペイント

ゴールデンウィーク中も我が家は仕事に追われ、まったく遠出予定なし。私は、趣味の合間に仕事をするという優雅なペースですが。 つまり、ペイントを乾燥させる間に、入力。
 うっかりトロトロと塗り物をしていると、どこかから「爪きりはどこ?」と声が。 は~い、私が塗ろうと預かってます。 でも、あまり気に入ったので、それはよけといて、別のを急ぎ仕上げて、はいど~ぞ。仕上げニスなしで使い始めました。洗わないものだからいいのです。
Monoire お気に入りのバルーチャさんの素敵なデザインを、いい加減に仕上げてごめんなさい。でも、全く筆が滑らない曲線・生地・下塗りの三重苦。 思うようにはできません。やっと分かってきたのですが、板とプラスティックと布、三種に描いてみて、ペイントののりが全く違う。布は、キャンパス地にしか挑戦していないので、目が粗くしみこみ難い。
 さあ、今日も頑張って教材入力致しましょう。あ、休み明けには本返却時期。 トールペインティングの本は全てスキャン完了ですが、『スペイン語で伝える日本』、3度目なので今度こそはちゃんとしなくちゃ。気になるスペイン語部分のほとんどは入力。 もう一息。こんなことをしているので、慢性肩凝り。

|

« 梅干容器のフタにトールペイント | トップページ | エコバッグにフェニックス »

トールペイント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅干容器のフタにトールペイント | トップページ | エコバッグにフェニックス »