« 宝石箱?と籐のバッグ | トップページ | 紅茶のパウンドケーキ »

絹のストールに蝶

仕事が忙しくなる前に教材入力をしなくちゃと思いつつ、休憩の方が長くなり、とうとう長いストールをステンシル。型は休憩時間に、ボチボチと切り抜いているので、一つの作品ができあがるには、最低でも3日ほどかかります。その代わり、型抜きも同じ日にいくつもできることがあったり、同じような色なら2つくらい同日に染めたり。 ステンシルは、複雑な作業をしないことにしているので、たったあ~と塗って自己満足。 
 トールペイントの方は、一度塗ったくらいでは色がちゃんと乗らないので、一度塗っては団扇であおぐか、ドライヤーで乾かしつつ何度も塗り重ねてやっとペイントの色がでる感じ。
P5260064b P5260063 同じ物を二枚に折りたたんだり、重ねてみたりして撮影してみました。途中、ストールの先端部分に描いた蝶の縁取りを裏側からしたことに気づき、急遽両面にすることに。布に筆で輪郭を描くのは、かなり難しい。かすれてしまう。絵の具を多くすると、ボテッとなるし。
このストール素材は、生徒さんから頂いた物。二日前に、紫陽花を染めたので、残りは4枚。 楽しみ。キャンバス地とは全く違い、クレパスで描いたように粗くはなりません。でも、薄い素材なので下に絵の具が染み通る。よくよく注意していたのか、随分長い生地なのに汚すことなく無事完成。でも、アイロン嫌いなので、シワがついたまま染めたのは、やはり不都合。いちいち手で伸ばしながら・・・

|

« 宝石箱?と籐のバッグ | トップページ | 紅茶のパウンドケーキ »

ステンシル(型染め)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宝石箱?と籐のバッグ | トップページ | 紅茶のパウンドケーキ »